プロジェクト概要

日本最北のスキー場でスノーボード選手育成のためのパーク整備!地元の子ども達の練習環境を整えます。目指せ!最北の街からオリンピック出場!

 

稚内市で活動する「チームseamoreユース」は木村亘代表率いる日本最北のスノーボードチーム。地元のキッズを中心として、多くのプロライダーも輩出するなど、最果ての地から北海道のスノーボードシーンを牽引しています。

 

みなさまのご支援で最北で活動する子供達に最適な練習環境を用意してあげたいと思います。みなさまのご協力をお願い申し上げます!

 

(チームseamoreユースで活動するキッズ達)

 

 

 

■最北のスキー場「こまどり」にパーク出現!全国クラスの選手も輩出!■

 

チームseamoreユースでは、稚内市にある「こまどりスキー場」にジャンプ台を造成し、チームのみならず地元の子供達の練習環境と魅力あるスキー場作りに協力しています。

私たちは、地元で長年スノーボードによる子供達の育成を手がけてきました。昨年、その実績が認められ、稚内市や指定管理者の稚内振興公社の協力のもとスキー場活性化策の一環として、プロライダーなどの協力をいただき、本格的なスノーパークを制作しました。地方の小さなスキー場で、これほど本格的な環境は異例と言えますが、それに呼応するように子供達の成長も目覚ましく、昨シーズンは全国大会に出場する選手を輩出しました。今シーズンは、昨年度抽出した危険箇所の修理をはじめとした工事が必要となっております。みなさまのご協力をお願いします!


(父兄のボランティアによる工事(2013年)

 

(ディガーが美しくシェイプしたパーク全貌)

 

■ご支援のお願い■

 

ジャンプ台は通常、雪で造成します。ゲレンデ整備の一環で圧雪車を用いてジャンプ台を作れば大きな費用は必要ありません。しかし、稚内は風が強いため豪雪地帯にも関わらずゲレンデに雪が付かないのです。そこで、あらかじめ土盛りをするための土木工事が必要となってきます。昨年は、選手の親らが自ら重機のレンタル、操作し造成しましたが、手直しが必要な今年は重機のレンタル、運搬、オペレーターへの謝金と、シーズン中ディガーが安全管理を行うための最低限の活動資金を集めたいと思います。

 

(安全管理と指導を行う「ディガー」)

 

■地域のウィンタースポーツ振興■

 

チームseamoreユース、キッズスクールには80人近い子供達が所属しており、その父兄もあわせると100人以上ものコミュニティが活動しております。もちろん、チームメンバー以外にも誰もが使えるパークとして、こまどりスキー場からもさらなる期待が寄せられています。昨年度は、新たにパークが完成したことによりスキー場利用者からも多大な賞賛をいただいております。みなさまの寄付で最北で活動する子供達に最適な環境を用意してあげたいと思います。ご協力をお願い申し上げます!


(父兄も頑張ります!!ご協力お願いします!)

 

 

引換券について

 

・seamore所属プロライダーサイン入りポストカード

 

 

・seamoreステッカー

 

・seamoreペーパークリップ

 

・稚内漁師手造り珍味セット

 

・「童夢」温泉入浴券

 

・リフトナイター券、リフト1日券、リフトナイターシーズン券

 

 

 


最新の新着情報