子供たちは、今どうしているのでしょうか。

私はよく分かります。「今頃授業をしている」という、取り残されていく思いと孤独感。

それは、経験した者にしか分からないものなのかもしれません。

でも、できることはあります。実際に、私はもっと道を外れた子たちを見てきました。

彼らははじめ、とても暗い目をしています。無表情な、石のような目。

それを人間の瞳に少しづつ戻していく作業、それが心の傷を癒すということだと

私は思っています。

そのような機会を、彼ら、彼女らに与えてあげてください。

 

私たちのために、ではありません。

子供たちのために、どうかご支援のほど、お願いいたします。

 

新着情報一覧へ