プロジェクト概要

戦国リアルロールプレイングゲームを全国で展開したい!

 

はじめまして。TIME WALKの松尾交子と申します。
私は日ごろ、静岡県浜松市で舞台の脚本・演出をしています。

特に最近は、徳川家康公や、地元の偉人伝を舞台化しています。

 

 

 

昨年、演劇とITをコラボして、まちおこし事業を行う『TIME WALK』(NPO法人準備中)を発足し、その理事長もしています。

TIME WALKは、名の通り、「時間を歩く」というコンセプトで、昨年度の事業として、浜松市南区の『名所旧跡探訪記』を企画し、現地に行くと音声や動画で名所旧跡の案内をするアプリケーションを製作しました。

 

 

上記の史跡案内の動画は、こちらから

 

今回、歴史の舞台演劇を長くやらせていただいている関係から、徳川家康をはじめとする有名な戦国武将のリアルなロールプレイングゲームをスマートフォンアプリで展開したいと考えています。

 

しかし、これを実現するには、

シナリオ作成や現地の取材、宿泊、交通費やウェブサイト制作、アプリ開発費などで資金が必要です。皆様どうかご支援頂けないでしょうか。

 

 

現地に訪れて楽しむロールプレイングゲームで、戦国ロマンを肌で感じてもらいたい!


戦国をテーマとしたロールプレイングゲームは、「戦国BASARA」や「戦国IXA」などがあり、歴史ファンを始め、子ども・若者から根強い人気です。


そこで私どもTIME WALKは、より史実に基づいた戦国時代を伝えるべく、7人の戦国武将を登場させ、彼らが生き抜いた戦国時代を疑似体験できるスマートフォンアプリを開発・展開し、多くの戦国ファンに向けて、肌で感じられる歴史を伝えることを目的としています。

 

ゲームの内容は、まず7人の戦国武将「徳川家康」「豊臣秀吉」「織田信長」「上杉謙信」「武田信玄」「伊達政宗」「真田幸村」のいずれかを選び、彼らが辿った実際の土地(ポイントなど)に行くと、アプリが起動して指令やクイズが動画で出題されます。(役者が当時の人物に扮して登場します)

指令やクイズに回答しながら次の土地へ移動していくことで、いつの間にか、その戦国武将の生涯をリアルに疑似体験することができます。

 


 

舞台芸術とITの融合で、貢献できること


今回、この企画を思いついたのは、昨年度行った名所旧跡を紹介するスマートフォンアプリを開発したことから、このノウハウを全国に広げたゲームとして展開できないかと考えたのがきっかけです。

 

 

 

 

ITは瞬時に知りたい情報を得ることができたり、家にいながら買い物ができたりと、大変便利なツールになりました。しかしその一方、対人コミュニケーションが希薄になり、外出する機会さえも奪ってしまったように思われます。このスマートフォンアプリが世に広まることで、戦国好きの人たちに喜んでもらえることはもちろん、インドアの歴史好きの方にも、実際に外に出て現地を訪ね、歴史を感じてもらうことができます。

また、今まで歴史に興味のなかった方にも、このアプリで遊ぶことで、少しでも戦国ロマンに興味を持ってもらえればと思います。

 

 

引換券について

 

★ ウェブサイトにアプリ開発の協力者としてお名前を掲載

 

★ 浜松市福市長:出世大名家康くんのボールペン

 

 

★ 浜松市福市長:出世大名家康くんのタオル

 

 

 

★ 浜松市福市長:出世大名家康くんグッズ詰め合わせ
 (ボールペン、タオル、Tシャツもしくはバッグ)

 

 

★ 公益財団法人徳川黎明会(徳川美術館)認定商品しかみーTシャツ(徳川家康のしかみ像をモチーフにしたイラストTシャツ)

 

★ アプリに登場する武将の出演権(衣装貸与)
 ※ 武将や姫の選択はできません。
 ※ 撮影場所は静岡県浜松市になります。(交通費自己負担)