プロジェクト概要

観光ツアーを企画して、宮城県七ヶ浜町の取り組みを応援したい!

 

皆さん、こんにちは。ボランティアサークル@plusに所属している東北大学4年の柴田一生と申します。僕が生まれ育った宮城県は2011年3月11日に東日本大震災に襲われ、特に沿岸部は津波により建物の全壊など知っていた町が消え去るほどの甚大な被害を受け、5年が経つ今でもなお大きな爪痕が残っています。この震災後、仙台には僕たちのような復興支援を行うボランティア団体が数多く設立されました。

 

学生は、瓦礫の撤去やゴミ拾いと言ったボランティアの実施やこれからの未来を担う若者に震災のことを学んでもらうスタディーツアーの企画を行ってきたのです。しかし、復興が進みボランティアのニーズは、瓦礫の撤去などのハード面から心のケアなどのソフト面へと変わりつつあります。ですが、ソフト面の支援について、学生の自分たちには、限界があると感じています。

 

そこで、まだ爪痕が大きく残っている被災地に私たち学生が行えることは何なのか考え、沿岸部で五感で楽しめる「観光ツアー」を企画したのです。

 

〜震災から5年、現地はまだまだ復興途中です〜

 

 

「もう被災地と呼ばれたくない」「観光地へと戻りたい」

ボランティアで訪れた先で、地元の方々はこう口にします

 

近年、被災地でのボランティアなどで地元の方々に「どんな支援の形をしてほしいか」とお聞きすると、「まずは来てほしい。そして友達を連れてきてほしい。」とよく言われます。そして、「もう被災地とは呼ばれたくない。海の恵みを活かした『観光地』へと戻りたい。」「ボランティアに頼ってばかりではなく、今度は自分たちで前へ進まなければならない。」そう思う地元の方々が増えています。復興が進みつつある今、まさに次のステップへと進もうとしているのです。

 

https://static.wixstatic.com/media/f8abb4_4984271a38f048f4a582d94216fef097.jpg/v1/fill/w_654,h_436,al_c,q_90,usm_0.66_1.00_0.01/f8abb4_4984271a38f048f4a582d94216fef097.jpg
~観光地としても賑わっていた市場の様子~

 

 

震災を乗り越え観光地へと大きく前進する七ヶ浜町では市場が再開!

県内初のうみの駅「七のや」がオープンしました!

 

東北最古の海水浴場である菖蒲田浜をかかえていた七ヶ浜町も甚大な被害をうけましたが、そんな七ヶ浜町が今年大きく前進しようとしています。花渕地区での市場が再開し、名産品であるのりを作る「のり工場」、新鮮な魚介類が美味しく食べられる「七ヶ浜海の駅 松島湾海鮮市場 七のや」、浜辺の近くに建ち絶景が見られる「Art Café & Bar SEASAW」が建設され、OPENします。最盛期には人口の約8倍以上にもなる約16万人が訪れていた七ヶ浜町が再び「海」を中心とした「観光地」への復活を目指しているのです。

 

https://static.wixstatic.com/media/f8abb4_40fdb4a9fd704095bb97f0412ace8fba.jpg/v1/fill/w_654,h_436,al_c,q_90,usm_0.66_1.00_0.01/f8abb4_40fdb4a9fd704095bb97f0412ace8fba.jpg
~海の幸を活かした料理を展開~

 

https://static.wixstatic.com/media/f8abb4_9eedb31f6d404992bde18ddba930836e.jpg/v1/fill/w_654,h_436,al_c,q_90,usm_0.66_1.00_0.01/f8abb4_9eedb31f6d404992bde18ddba930836e.jpg
~多くのサーファーが七ヶ浜へと足を運んでいる~

 

 

再び「観光地」へと歩みだそうと奮闘する七ヶ浜をサポートしたい!

そんな想いから生まれたのが今回の宮城県内の学生向け「観光ツアー」です

 

震災以降、復興に向け日々活動を重ねる地元の方々の姿を見て、私たち学生が次にできることは、「地域を盛り上げる」ことだと思います。学生ならではの若さと活力で、観光地へと踏み出そうとしている七ヶ浜町に観光客を誘致し、町を活気付けることで真の観光地・真の復興へと導くことができるのではないかと考えております。そこで今回の観光ツアーでは、七ヶ浜町で海を中心とした五感で楽しめる“アクティブ観光”を企画し、多くの学生をこの海へと呼びたいと思います。

 

しかし現在の学生は、震災を経験した後、沿岸部・海へは「ボランティアをしに行くのなら良いことだけれども、遊びに行くのは失礼に当たる」という考えや意識持ってしまっていると感じています。それでは、復興のために観光地への復活を遂げようと奮闘する地元の応援にはならないのです。そこで、これからは復興に向け、地元を『盛り上げること』、そして盛り上げるためには『沿岸部・海へ行って楽しむこと』」を学生たちの間に浸透させていきたいと考えています。

 

https://static.wixstatic.com/media/f8abb4_5bb2fbdc5b944f879b8650c8e57ae97a.jpg/v1/fill/w_654,h_436,al_c,q_90,usm_0.66_1.00_0.01/f8abb4_5bb2fbdc5b944f879b8650c8e57ae97a.jpg
~学生が観光地へ足を運ぶことでより賑やかで活気づいたものへ~

 

 

今後は、地元の方々と連携しさらなる町の観光地化と活性化を目指します!

そのためにも、まずは地元の学生が足を運び、復興途中の七ヶ浜を盛り上げる!

 

七ヶ浜町は仙台駅から車で1時間程度と、あまり時間をかけずに足を運ぶことができます。しかし車を持っていない方は気軽に行くことはできず、またどこに行けばよいかなども知ることができません。しかしバスツアーを企画することで気軽に行くことができることに加え大人数でも参加でき、より多くの観光客を増やすことへと繋がります。また企画の際に地元の方々と連携をとることによって、さらなる町の観光地化と活性化へと繋がると考えております。

 

今の学生の休みの過ごし方というと県外や国外に旅行へ行ったりということが多いように感じられますが、そうではなくもっと県内の素晴らしさに気付いてほしい、もう宮城の海で遊んでいいんだということを意識してほしい。そしてこの魅力を県外へ国外へと発信してほしいという願いを込めて今回の観光ツアーを企画したいと思っております。

 

みなさま、応援どうぞよろしくお願いします!

 

https://static.wixstatic.com/media/f8abb4_a1803d52167a4e0ca6938c88ea2c0352.jpg/v1/fill/w_654,h_436,al_c,q_90,usm_0.66_1.00_0.01/f8abb4_a1803d52167a4e0ca6938c88ea2c0352.jpg
~いつかは若者が七ヶ浜へ住み、子どもと一緒に過ごしていく地域の活性化を目指して~

 

 

 

 

【観光ツアー実施期間】

2016年2月末〜3月末

 

 

【内訳について】

みなさんからいただいた資金は、観光ツアーにおけるバスをチャーターするための資金に充てさせていただきます。

 

【リターンについて】

「うみの駅七のや」様にもご協力頂き、宮城のおいしいものをご用意しました。

ご支援者の皆様もぜひ一度七ヶ浜に足を運んでみてください。おいしい海鮮ときれいな海、そしてあたたかい町民の方々がお待ちしています。

 

【3,000円】

■サンクスメール

 

【10,000円】

■仙台名物牛タン塩180g×2p
■七ヶ浜うみの駅・松島湾海鮮市場「七のや」お食事券1000円分
■サンクスメール

 

【15,000円】

■宮城県のオススメ地酒720ml 3本
■七ヶ浜うみの駅・松島湾海鮮市場「七のや」お食事券1000円分
■サンクスメール

 

【20,000円】

■仙台名物牛タン塩180g×4p
■七ヶ浜うみの駅・松島湾海鮮市場「七のや」お食事券2000円分
■サンクスメール