READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

めざせリアル井戸端会議、古井戸再生プロジェクト始動!

めざせリアル井戸端会議、古井戸再生プロジェクト始動!

支援総額

441,000

目標金額 390,000円

支援者
49人
募集終了日
2020年9月17日
49人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

終了報告を読む


2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

SHARE WELL Hirontaの菊池ゆかりです。
今回プロジェクトには、友人や仕事関係の方などもともと私のことを知っている方のほかに市内の方々や、違う自治体で同じような企画を考えている方など私が存じ上げない方々からのご支援もいただき、最初のゴールを達成しました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます!!
 

さて、ネクストゴールでは井戸水をろ過するために携行用浄水器(45,000円)を購入します。
最終挑戦額は435,000円です。
 

レスキューアクア 
これは、身近にある風呂水、雨水、井戸水、河川水等の様々な水を原水に使用し、電気やガソリンを使用せず薬剤の投与なしに安全な飲料水を作る携行用浄水器です。

使用するフィルターは、逆浸透膜浄水システムというナノテクノロジーを採用し、細菌や大腸菌・ウイルスや体に有害な化学物質や放射性物質を除去します。
1日に300人分に相当する約600ℓの浄水能力を有し、1つのフィルターで約4,000ℓ1週間分の飲料水を供給できるそうです。
しかし、フィルターは適正な使用量や有効期限がある消耗品なので、使っているもののほかに予備のフィルターを用意しておく必要があります。
 

引き続きのご協力をよろしくお願いします。

 

 

はじめましての方も多いと思いますが、菊池ゆかり(通称 ひろんた)と申します。


生まれも育ちも保谷、体育大を出てしばらくスポーツ・レクリエーション関係の仕事をしていました。市のスポーツ教室で教えたり、女子高の体育の先生もやりましたが、結婚後ご縁があって高齢者福祉業界に足を踏み入れて四半世紀、今ではすっかりお年寄りとお話しするのがうまくなりました。


職・住とも西東京市内を転々としていましたが夫が先に逝ってしまい、実家に戻って父の亡き後1人になっていた母と暮らすことにしました。


約30年ぶりの実家暮らしは快適でしたが、1年たっても、私はご近所とのおつきあいはほとんどないままでした。仕事では「地域づくり」だの、「近所とのつながりが大切です」と言っておきながら、このままでは母と私が”やばい”と感じるように。


少しずつ地域に発信しようと思い、家の前に掲示板を作るなどしながらあらためて見回すと、築60年の実家には宝物がいっぱいあったのです。この手元にあるものを皆さんとシェアしながら楽しいことが出来ないか、と考えたらウチの裏の古井戸を思い出しました。調べてもらったらなんと!再生できそうだとわかったのです。震災用に備えるのはもちろんですが、草木染や芋煮会など美味しい・楽しい使い方を皆さんとリアル※井戸端会議をしたいと思うようになりました。

※井戸端会議:共同井戸の付近で主婦が水くみや洗濯などをしながらする世間話

 『新明解国語辞典』(出版年:2000年 出版社:三省堂 編著:金田一京助ほか  P87)より

 英語ではhousewives  gossip

 

WELLという単語は”良く”とか”元気そうな”という意味で使われることが多いですが、実は名詞だと

”井戸”という意味もあります。

【SHARE WELL】には、ウチの井戸を地域でシェアをして、みんなで元気に暮らしたい!という気持ちを込めました。

 

また、井戸だけでなく、我が家に関係するヒトや様々なモノをシェアしようという意味で、旧姓をもじった私のニックネームである、ひろんた【Hironta】を付けました。

 

井戸のある我が家をみなさんと活用していこう、アイディアを持ち寄って井戸端会議をしよう!という古井戸再生プロジェクトは【SHARE WELL Hironta】の試みのうちのひとつなのです。

 

 

東京都多摩地域の東側、2001年に田無(たなし)市と保谷(ほうや)市が合併した人口20万の西東京市東町にあります。
近くには文理台公園があります。もと東京文理大のグラウンドがあったので、トラック部分を利用した自由広場という広いスペースがあります。母世代の方々と、小学生のいる家族が混在していて、公園に行き来する人が通るくらいのとてものどかな住宅地域です。

 

引用:Googlemap

 

 

 

新しい日常を楽しく暮らす

 

再生した井戸は震災用井戸として西東京市に登録します。


でも、


震災用井戸だけじゃもったいない


被災時以外の使い方をあーだこーだと井戸端会議


楽しい、美味しいモノ、コトをみんなでシェアしたい

 

あるものをシェアする新しいつながりづくり


もともとあるものを大切にしつつ新しい暮らしをつくっていく

 

そう考えて今回のプロジェクトを考えました

 

 

 

井戸水を使った美味しい、面白いコト

 

*井戸水で淹れた珈琲はきっと美味しい
保谷駅近くの「珈琲豆屋 ぺると」さんの淡味ブレンドをお出しする予定。

 

庭の柿の木で草木染
柿渋染はタンニンが含まれるので防虫効果があるそうです。枝と井戸水で染め上げた柿色はどんな色?

ご参考:柿渋染について 京都大原みつる工芸さんのサイト

 

*井戸のおべんきょうとか
そもそも井戸ってナニ?ポンプ手押し体験。実はオトナもやって欲しい!

 

共に災害に備える


顔が見える関係なら災害のときも協力しやすい。日頃から井戸水をシェアして地域のみんなで大変な時に備えるための井戸端会議もしてみたい。

 

 

再生の方法と費用は?

 

古井戸の再生工事はプロ(瀧島商事株式会社)にお願いします。飲める井戸水にするために地域の皆さんとシェアするために、1日600リットル(300人分)を浄水できる浄水器も用意します。

費用は以下を見込んでいます。
◎古井戸再生工事:20万2,400円
◎浄水器:16万5,000円

 

 

 

 

母と私、このままでいいのか問題

 

夫に先立たれて出戻った実家の周りは私の知らないご近所さんばかりになっていました。母が暮らす築60年の実家に戻ったのは3年前。新しい住宅が並び、子どもたちの声もするけれどなかなかお近づきになる機会はありませんでした。
健康、お金、おつきあい…このままで大丈夫?80母と50シングル娘の将来は?
持病の悪化、退職後の収入減、母が徘徊したらどうする等々、社会福祉士として仕事をしているくせに自分の老後対策はザルそのもの。地域の役に立ちたい気持ちもありつつ、何をどうすればよいのか踏み出せずに暮らしていました。

 

プチご近所デビューでこんなことをやってみた

 

*「0円均一」 不用品を並べてみた
子どもとお散歩中の保育士さんたちがもらってくれました。

 

 

*「フタを開けてご自由にお持ちください」
ワンコ用ジャーキーや、包丁砥ぎのチラシ等おススメちらしが1枚、2枚となくなるのです。見ている人がいるのだなと実感。

 

*自家製ゆずはちみつ販売
庭で採れたゆずで作ったものを無人販売したら12個完売!夜までお金が入った貯金箱がちゃんと置いてあって…あらためていい地域だなと思いました。

 

 

*廣田さんちの金曜パンは売り切れ続出!
くらしにツナガルHatWork」の友人が焼いた パンを月一回、出張販売したところ、素材にこだわったパンが大好評!母もレジ係で大活躍!「はじめてのおつかい」状態のちいさなお客様に感激したり、ご近所さんやワンコのお散歩コースにしている方ともお話ができました。新聞屋の所長さんからも大口注文が入り、ウチに来るお仕事の人がお客さんになってくれたりして、張り紙とちらしの効果にびっくりでした。 

 

 

古井戸再生、それから…


プチご近所デビューをして、自分たちの周りにあるものをシェアすると、日常生活が美味しくなったりちょっと楽しくなったりすることがわかってきました。


井戸しかない時代では、井戸端は主婦の世間話や情報交換をする場でした。ウチの井戸もそのような場にしたい、シェアすることでコミュニティを再生したいと考えています。リアル井戸端会議のゆるく楽しいつながりが、みんなの健やかな毎日の暮らしを創ると思うのです。
 

 

 

 

折しも出張パン屋を始めたのはコロナ禍の真っ最中でした。想定外の災害といっていいほどの状況で私たちの暮らしは一変してしまいました。でも、私たちは住み慣れたここで暮らし続けたい。

 

そのために自分の周りにあるものをシェアして日常のなかに少しずつ新しいつながりをつくっていくこと。実はこれ、かなり面倒くさいことかもしれません。ですが、パンを買いに来た子どもたちも、最近腰が痛い母も、日中仕事の私たちもみんながここで暮らしています。昔のような濃いおつきあいでなくても、困ったときは手を貸したり借りたり出来るコミュニティならみんなが安心です。

 

実家に出戻って3年、あるものをみんなで使えばもっと楽しいことが出来ると気がつきました。現代の井戸端会議を通じて、新しい日常をつくるためのつながりを再生したい。古井戸の再生が新しいコミュニティをつくり、私たちの楽しい安心した暮らしにつながるのです。

 

美味しい井戸水コーヒーを飲みにいらしてください、

ご支援よろしくお願いいたします!

 

 

最新情報はFacebookページへ 
 

 

 

プロジェクト終了要項

 

オープン完了予定日    
2020年9月17日

 

建築・改修場所    
菊池ゆかりの自宅

 

建築・改修後の用途    
①地域コミュニティ活性のためのイベントに活用する
 井戸水コーヒーを提供(出張パン販売時)
 井戸水を使った草木染の会を開催する
 井戸についての勉強会を開催するなど地域の住民と
 一緒に企画運営する

②再生した井戸を震災用井戸として西東京市に登録する
 震災用井戸としての使い方も地域で話し合っていく

③自宅の生活用水として井戸水を使用する
 庭木の水やり等 


着手予定日        2020年8月 8日
携帯用浄水器の購入予定日 2020年9月 1日
運営場所         菊池ゆかりの自宅
運営主体         菊池ゆかり
購入物詳細名称 携行用浄水器 レスキューアクア911(型番:PO-911)
https://www.a-and-at.com/
購入後の使用用途 井戸水のろ過

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

菊池ゆかり(SHARE WELL Hironta)

菊池ゆかり(SHARE WELL Hironta)

生まれも育ちも仕事も保谷=西東京市。体育大を卒業後しばらくスポーツ・レクリエーション関係で仕事をしていましたが、お年寄り相手の仕事にシフトチェンジ。 得意技は、キャラバンメイト(認知症サポーター養成講座の講師)と水泳。 【SHARE WELL Hironta】は、古井戸再生プロジェクトのためのクラウドファンディングを始めました。Facebookもやっています。よろしくお願いいたします。

リターン

3,000

お礼のお手紙・メール

お礼のお手紙・メール

【お礼のお手紙・メール】
⇒井戸再生工事の様子、井戸水を使ったイベントの報告を含め、プロジェクト成功に協力いただいた方にお送りします。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

5,000

オリジナルポストカードまたはオリジナルステッカー

オリジナルポストカードまたはオリジナルステッカー

【オリジナルポストカード】or【オリジナルステッカー】
⇒SHARE WELL Hirontaの古井戸再生プロジェクトのイラストで作成します。どちらか1点

【お礼のお手紙・メール】
⇒井戸再生工事の様子、井戸水を使ったイベントの報告を含め、プロジェクト成功に協力いただいた方にお送りします。

支援者
22人
在庫数
28
発送予定
2020年10月

10,000

出張パン販売店の【お買い物券】1000円分

出張パン販売店の【お買い物券】1000円分

【お買物券】1000円分(※1回で使えるのは500円)
⇒ウチのガレージ(西東京市東町)でやっている出張パン販売店で使えます 有効期限:2021年3月まで

【オリジナルポストカード】or【オリジナルステッカー】
⇒SHARE WELL Hirontaの古井戸再生プロジェクトのイラストで作成します。どちらか1点

【お礼のお手紙・メール】
⇒井戸再生工事の様子、井戸水を使ったイベントの報告を含め、プロジェクト成功に協力いただいた方にお送りします。

支援者
14人
在庫数
6
発送予定
2020年10月

20,000

出張パン販売店の【お買い物券】2000円分

出張パン販売店の【お買い物券】2000円分

【お買物券】2000円分(※1回で使えるのは500円)
⇒ウチのガレージ(西東京市東町)でやっている出張パン販売店で使えます 有効期限:2021年3月まで
 
【オリジナルポストカード】or【オリジナルステッカー】
⇒SHARE WELL Hirontaの古井戸再生プロジェクトのイラストで作成します。どちらか1点

【お礼のお手紙・メール】
⇒井戸再生工事の様子、井戸水を使ったイベントの報告を含め、プロジェクト成功に協力いただいた方にお送りします。

支援者
4人
在庫数
6
発送予定
2020年10月

30,000

出張パン販売店の【お買い物券】3000円分

出張パン販売店の【お買い物券】3000円分

【お買物券】3000円分(※1回で使えるのは500円)
⇒ウチのガレージ(西東京市東町)でやっている出張パン販売店で使えます 有効期限:2021年3月まで

【オリジナルポストカード】or【オリジナルステッカー】
⇒SHARE WELL Hirontaの古井戸再生プロジェクトのイラストで作成します。どちらか1点

【お礼のお手紙・メール】
⇒井戸再生工事の様子、井戸水を使ったイベントの報告を含め、プロジェクト成功に協力いただいた方にお送りします。

支援者
2人
在庫数
2
発送予定
2020年10月

プロフィール

生まれも育ちも仕事も保谷=西東京市。体育大を卒業後しばらくスポーツ・レクリエーション関係で仕事をしていましたが、お年寄り相手の仕事にシフトチェンジ。 得意技は、キャラバンメイト(認知症サポーター養成講座の講師)と水泳。 【SHARE WELL Hironta】は、古井戸再生プロジェクトのためのクラウドファンディングを始めました。Facebookもやっています。よろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

食のテーマパーク『八天堂ビレッジ』にパンの家をみんなで作りたい!

株式会社 八天堂株式会社 八天堂

#観光

29%
現在
297,000円
支援者
27人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする