プロジェクト概要

 

▼自己紹介

 

沖縄県で殺処分0に向けて、沖縄県動物愛護管理センターに収容されている犬達をレスキューし、里親まで繋げる活動をしています!

保護団体shelter ohanaと申します。

団体名には、家族・絆という意味が込められています。

沖縄では殺処分がとても多い現状…

殺処分0を目指し、まだまだ少ない人数ですが、日々頑張っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

ボランティア人数が少ない中で犬達をレスキューして参りましたが、これまで多くの医療費やフード代、必要になった場合の訓練費などをメンバーで出し合ってきました。

少ない人数での活動範囲には限りが出てきてしまい、その背景では多くの犬達が処分されてしまっています。

 

皆さまのお力をお借りし、1頭でも多くの子達をレスキューしたく、このプロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

私達メンバーは犬に対する思いが熱く、皆んな仕事はバラバラですが、手を組み、ボランティア団体 shelter ohanaを設立し、

沖縄の殺処分0を目指して協力し合い活動して来ました。

その中には、飼い主によってセンターに持ち込まれた子、怪我をしている子、老犬、人間を怖がって怯えている野犬の子など…

みんな不安で、怖い思いの中必死に助けを求めています。

目の前の子達すべてを助けてあげたい、気持ちは強くありますが、資金面、また少ないメンバーではレスキューの頭数に限りが出てしまっていて、とてもとても苦しい思いです。

 

 

・レスキュー後の流れ

レスキューした犬達は、かかりつけの動物病院にて健康チェック メディカルチェックを受け、メンバーや、預かりボランティアの元で優しくケアを受け、新しい飼い主探しを行なっております。

レスキューされた犬達は、徐々に表情も穏やかになり、みんな笑顔で溢れてきます。

その中で一部の子達を写真で紹介します。

写真 https://m.facebook.com/.ohana.dogs.cats/. より引用

 

レスキュー直後↓↓

現在↓↓眩しい笑顔がチャームポイント、ぼんちゃん。

 

 

レスキュー直後↓↓

現在↓↓いつも尻尾フリフリ、ハッチくん。

 

 

レスキュー直後↓↓

現在↓↓じゃれて甘嚙みしている次郎吉くん。

 

 

レスキュー直後↓↓

現在↓↓はにかんだ笑顔がcuteなみるくちゃん。

 

 

可愛い犬達の情報をネット上にて里親募集を募り、譲渡会なども行なっております。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

これまで募金活動なども行なって参りましたが、まだ立ち上げて一年ほどの小さな団体ということもあり、赤字が多く出てしまい、、

活動資金(医療費・ 訓練代 ・預かり場所が不足している際に使用しているペットホテル代 ・フード代など)

はメンバーで資金を出し、頑張って来ました。が、負担が大きく、とても苦しい状況です。

どうか、皆さまの温かいお力をお借りし、スムーズな活動が出来ればと願っています。

私達はレスキューを諦めたくありません。

引き続き、これからも1頭でも多くの命を助けてあげたい、そう強く思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・お約束事項 
2019年、8月31日までに、保護犬5頭のメディカルチェック(フィラリア治療 ワクチン接種 エコー検査)を行い、 かつ、5頭分のフードの購入、1頭分の里親へ繋げるまでの訓練を行ったことをもってプロジェクトを終了とする。

 

メディカルチェック:5頭分 
フード代:5頭分 
里親へ繋げるまでの距離訓練費:1頭分

 

・資金の使い道

レスキューした保護犬達を里親様へ繋げるまでの費用(フード代) 100,000円

レスキューした保護犬達を里親様へ繋げるまでの費用(医療費)      300,000円

訓練費                            100,000円

 

 

 

▼リターンについて

・感謝のメールを送らせていただきます。

・可愛い保護犬のお写真をメールまたは、郵送させていただきます。

・ホームページにてお名前の記載

・活動報告をメールまたは、ホームページにて報告させて頂きます。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)