藤沢しぇんろんの存続をかけ、一軒家レストラン移転プロジェクトに挑戦

藤沢しぇんろんの存続をかけ、一軒家レストラン移転プロジェクトに挑戦
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月8日(月)午後11:00までです。

支援総額

4,221,000

目標金額 3,000,000円

140%
支援者
195人
残り
40日

応援コメント
清野 健二郎
清野 健二郎5時間前これからも応援しています!これからも応援しています!
フィードワンフーズ大石
フィードワンフーズ大石21時間前春からもご発注お待ちしております!春からもご発注お待ちしております!
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月8日(月)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/shenlon-restart?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

【目標達成の御礼と今後のしぇんろん】

 

藤沢しぇんろんの再起に向けたプロジェクトへのたくさんのご支援、ありがとうございます。

 

2024年2月9日からスタートしたクラウドファンディングですが、 なんとか2ヶ月で100%達成できれば…との願いを遥かに超え、わずか3日で目標金額を達成することができました。

 

みなさまからの、しぇんろんへの熱い思いをひしひしと感じています。改めて感謝のほど、本当ありがとうございます。みなさまの藤沢しぇんろんはたくさんの応援を携えて、6月中旬(予定)を以て移転オープンをいたします!

 

まずは早速、新しい古民家一軒家への契約に向けた準備に動きはじめました。 早ければ3月中には契約や諸々の手続きを完了させ、4月には移転へ向けて本格的に準備を開始する予定です! 移転に向けた動きは、活動報告やSNSでも投稿していきますので、ぜひ確認してみてください。

 

■これからのしぇんろんについて

古民家からリスタートする未来の藤沢しぇんろんにはまだまだアイデアがあります。

今のしぇんろんと同じように、美味しいお酒や四季折々の料理のご提供はもちろん、  

・お惣菜や調味料の販売の拡大  

・ランチ営業のスタート  

・青空ミートハウスのシャルキュトリーでの新メニュー開発・提案

を計画しています。 

 

さらに、『古民家一軒家』を生かした、食だけにとどまらない文化の発信もできたらと考えています。   

・音楽や噺などのライブ活動の場に。 

・2Fのフロアを個展や展示会の会場に。

等々、「しぇんろんの私達」だけではなく「皆様のしぇんろんで!」楽しんだり発信したりができる場にしたいです。

 

これからのしぇんろんは、私達だけではなくぜひ皆さんも一緒につくりあげていくお店にしたいと思っています。そのために、現店舗では3月末までしっかり営業をしていきますのでぜひ御来店いただき、「こんなアイデアもいいんじゃないか」等々、ぜひ私達にお話ください!

 

また、最終営業日に向けて3月毎週日曜は「酒まつり」を開催するので、奮ってご参加ください!

 

クラウドファンディングは100%達成しましたが、新しい古民家一軒家レストランに向けて、引き続きご支援や応援をいただけると嬉しいです。 そして、ぜひ晴れて6月のオープン後には、新しいしぇんろんに遊びに来てください!

 

 

 2024年2月15日追記

藤沢しぇんろん

 

 

 

わたしたちは、神奈川県藤沢市にある「純米酒に合う旨いもの」をコンセプトにした創業29年の「藤沢しぇんろん」です。

 

コロナ禍の厳しい状況からの経営難により、2024年3月末を最後に閉店を決めました。

 

しかし、常連の方々の

 

 『しぇんろんがなくなっては困る』

 『クラウドファンディングをしたらどうか』

 

という声をいただき、諦めずに新たに再起をかけて、今回クラウドファンディングに挑戦します。

 

プロジェクト成功時は、同じく神奈川県藤沢市の古民家一軒家に移転オープンいたします。

 (2024年6月中旬オープン予定)

 

ただし、プロジェクト未達の場合は、2024年3月末の営業を最後に閉店となります。

 

どうか、皆様からの応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

藤沢しぇんろん

 

 

 

【藤沢しぇんろん】は、神奈川県藤沢市にある創業29年の料理屋です。

 

地産地消、国産の素材、伝統的に作られてきた調味料、天然の鮮魚、藤沢産の豚肉などを中心に、旬の素材を使った四季折々の料理を提供しています。

 

 

主なメニューは、旬の鮮魚の刺身・シャルキュトリー*・油そば…と多種多様です。
(*…フランス語で肉の加工品(ハムやソーセージのこと)

 

 

基本的にすべての料理は、純米酒に合うように研究し手づくりしています。

 

ジャンルにとらわれず、「純米酒に合う、旨いもの」をつくってきた結果、「何屋なのか分からない」と、困惑されることもしばしば

 

 

ドリンクも妥協なしのこだわりばかり。

 

お酒は全国の純米地酒を中心に、クラフトビール・焼酎・泡盛・オリジナルサワーなどを提供。お酒好きも飲めない人も、一緒に楽しめるように、ご用意しています。

 

嬉しいことに、来店されるお客様みんなに、「どれを食べてもどれを飲んでも本当に美味しい!」と言っていただけています。

 

常に、自分たちが“最高に良い”と思えるものを、皆様に飲んで食べてほしい、という思いでやっています。

 

 

▼しぇんろんについて詳しく見る▼

 

 

 

藤沢しぇんろんの現状

 

|コロナ禍での売上減

 

新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に飲食の需要も変わっていきました。

 

そのため、以前までは売り上げの大部分は宴会でしたが、“集まること自体がNG”の社会情勢のため、大幅に売上が減っていきました。

 

|新たな事業で売上を探るが…

 

会社としては、コロナ禍を乗り切るために新たに各種免許を取得し、

など、飲食以外の売上を探っていきました。

 

しかし、開業間もない事業は、長年経営していた飲食業の売上には追い付かず、苦しい日が続きました。

 

また、そんなコロナ禍の中に今後を見据えた改装工事を行いましたが、マスターが一人ですべての工事を行いコストカットを図りました。

 

 

|コロナ収束に向かうが、経営難は変わらず。

 

2023年コロナが終息に向かい、平常を取り戻すかと期待しましたが、売り上げはなかなか伸びず、お店の経営が難しくなっていきました。

 

原材料価格や物流コストの高騰の影響もあり固定費も高く、今の場所で営業するには厳しい状況で「閉店するしかないのか…。」という悩みがでてきました。

 

「お店の評判も良く、新たに来てくださるお客様は増えているので飲食店は残していきたい」という思いもありました。しかし、模索していくも現状を打開できる策はなく、閉店することを決めました。

 

 

藤沢しぇんろんを続けたい‥!

 

|閉店を決めたが、一筋の希望が。

 

現在の場所での藤沢しぇんろんでの閉店を決め、とはいえ「まだ続けたい」という思いから藤沢駅周辺でテナントを探していましたが、コスト的に移転なんて不可能な状態でした。

 

そんな中、古民家を所有している方から『もし、お役に立てるなら一軒家を使いませんか』とお声をかけていただきました。

 

藤沢駅からも徒歩圏内の平坦で静かな住宅地にあるこの古民家は、昭和レトロのとても素敵な物件でした。昭和34年に建てられ、奇しくも私と同じ歳です。

 

 

『この古民家が借りられたら、しぇんろんを続けられる‥!』

 

と一筋の希望が見えました。この古民家に巡り合えたのは、『まだしぇんろんを残してほしい』という皆様のお気持ちと、私たちもその期待に全力でお答えしたいという気持ちが重なりあった奇跡的な出会いだと感じています。

 

大変な挑戦かもしれませんが、皆様から背中を押していただき勇気をもってクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げることにしました。

 

 

このプロジェクトは、「移転すること」が目的ではありません。

「移転し、しぇんろんという“食文化を伝えていく場所”を残すこと」こそが本当の目的です。

 

そのうえで、移転後の計画として、

  • 「料理がおいしいお店」として広めていけるよう、ランチ営業スタート
  • 自社工房「青空ミートハウス」のハム・ソーセージなどを食べられる実店舗として新メニューを提案

などを考えています。

 

古民家で営業することを想像するとアイデアが湧き出てワクワクしてきます。

 

 

「日本の伝統的な食文化を残し、伝えていきたい。」

「しぇんろんに関わる全ての人に笑顔になってもらいたい。」

 

それが、私たちの最大の夢であり、ビジョンです。

 

どんなに困難でも、諦めず、最後まで全力を尽くして【藤沢しぇんろん】を残すためにこのプロジェクトを成功させたいと思っています。

 

たくさんのご支援・応援をよろしくお願いいたします。

 

 

藤沢しぇんろんマスター・スタッフによるメッセージ

 

 

 

 

マスター:羽鳥祐司

しぇんろんを開業して29年。度重なるピンチも多くありましたが、店舗を小さくしたり自分たちの手作業で改装をしたりしてなんとか乗り切ってまいりましたが、閉店を決意し、この度手続きを終えました。

 

その後、ある知人より「自分の所有する住宅を店舗として改装して使ってもらい、しぇんろんを存続させてくれないか」との申し出があり驚きました。

 

純米酒に出会い、食と酒の大切な関係を学び、添加物に頼らない料理を作り、みなさんの「おいしい!」という笑顔をみたいという思いは、まだ諦めきれません。やり残したたくさんの事・アイデアを次の世代につなぐなど、このまま道半ばという思いです。残りの人生をかけて、実現してみたいので、ぜひご支援よろしくお願いいたします。

 

女将:羽鳥真理子

しぇんろんの財産は、今まで来てくれたお客様、長い付き合いの蔵元さん、酒屋さん、その他大勢の取引先の方々の信頼関係、お付き合いです。皆様がいてくださったからこそ29年続けてくることが出来ましたし、これからも続けていけると信じています。

 

しぇんろんの名前の由来はアニメ「ドラゴンボール」から来ています。息子が小さいころに名付けました。「7つのドラゴンボールを集めて願いを叶える。」というストーリーから考えると、もしかしたらこの移転が最後の7つ目のドラゴンボールかもしれません。「しぇんろんに関わる全ての人に笑顔になってもらいたい」私たちの最大の願いです。どうか、皆様からのお力“元気玉”をお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

スタッフ:羽鳥裕貴子

はじめに、29年もの間しぇんろんを応援し、支えてくださったお客様・蔵元の皆様・お取引先の皆様へ、感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

この度、悩みに悩んだ結果、閉店という選択をしました。しかし、オープン前からずっと一緒にやってきたので、しぇんろんをあきらめきれない気持ちがありました。その時、「ここで良ければ移転して続けませんか?」とある物件をご提示していただきました。キセキのようなお話で、何としても移転して、皆様に美味しい料理と飲み物で楽しんでいただきたいと思いました。ただ、資金不足で悩みましたが、クラウドファンディングに挑戦し、皆様に支援していただいてでも、「しぇんろんを続けたい!」と決意しました。

 

身体に優しい料理・飲み物・酒類も全て天然のものを用意し、「しぇんろん」でしか味わえない楽しいひとときを今後も提供し続けていきたいと思っています。家族4人だけの会社ですが、フル回転で頑張ります。

 

私たちの願いが現実となります様に。皆様のご支援、よろしくお願いいたします。

 

青空ミートハウス 製造責任者:羽鳥陽一郎

名付け親として、わかりづらい店名で申し訳ないとは思います(笑)

 

まず、29年も愛していただいているお店として、ただただ感謝しかありません。

 

4年前に自分は、新規事業として青空ミートハウスをたちあげ、製造責任者としてやってきました。今後は引き続き、藤沢産の美味しいオリーブ豚で、ソーセージ・ハム・ベーコンなどを作っていきます。そして、この商品たちを、世の中にどんどん広めていき、しぇんろんを支援してくださった皆様にも美味しいといって食べていただけるよう誠心誠意がんばります。

 

 

皆様からいただいた応援メッセージ

 

 

〇藤田千恵子様(フリーライター・エッセイスト)

 

藤沢で日本酒を飲む。となったら「しぇんろん」へ!

それが、私たち飲みすけ達の長年の合言葉でした。

 

純米酒好き、燗酒好きであれば、なおさらです。

 

種類も豊富な天然の鮮魚。藤沢産のオリーブ豚を加工したパテドカンパーニュやソーセージ。卵焼きや唐揚げ、仕上げの油そば!思い浮かべるだけで酒が飲みたくなる酒肴いろいろ。それに合わせて燗具合ピタリ、で提供される徳利が次々と並ぶ頃には、卓に並ぶ全員がもれなく幸せになるのでした。

 

各地から集う蔵元さんたちと楽しく飲みかわすことができたのもこのお店があるからこそ。その「しぇんろん」さんがこの春、さらなるグレードアップのため、一軒家にお引越しを企画されているとのこと。

 

ならば、みんなで応援せねば~!

おニューな「しぇんろん」さんでの乾杯を楽しみにしています。

 

|応援エールを頂いている蔵元様(順不同 敬称略)

 

清酒「神亀」埼玉県 神亀酒造
清酒「鯉川」山形県 鯉川酒造
清酒「酉与右衛門」岩手県 川村酒造店
清酒「羽前白梅」山形県 羽根田酒造
清酒「綿屋」宮城県 金の井酒造
清酒「蔵太鼓」福島県 喜多の華酒造場
清酒「いづみ橋」神奈川県 泉橋酒造
清酒「丹沢山」神奈川県 川西屋酒造店
清酒「昇龍蓬莱」神奈川県 大矢孝酒造
清酒「杉錦」静岡県 杉井酒造
清酒「竹雀」岐阜県 大塚酒造
清酒「るみ子の酒」三重県 森喜酒造場

清酒「八兵衛」三重県 元坂酒造
清酒「京の春」京都府 向井酒造
清酒「睡龍」奈良県 久保本家酒造
清酒「篠峯」奈良県 千代酒造
清酒「竹泉」兵庫県 田治米合名
清酒「竹鶴」広島県 竹鶴酒造
清酒「諏訪泉」鳥取県 諏訪酒造
清酒「冨玲」鳥取県 梅津酒造
清酒「扶桑鶴」島根県 桑原酒場
清酒「独楽蔵」福岡県 杜の蔵
清酒「旭菊」福岡県 旭菊酒造

 

麦焼酎「常徳屋」大分県 常徳屋酒造場
本格焼酎「竈猫」宮崎県 落合酒造場
芋焼酎「佐藤」鹿児島県 佐藤酒造
黒糖焼酎「朝日」喜界島 朝日酒造
泡盛「久米島」沖縄県 米島酒造

 

 

|応援エールを頂いているお取引先(順不同 敬称略)

 

とちぎや(藤沢市)/勝浦酒店(藤沢市)/酒の旭屋(横浜市)/掛田商店(横須賀市/)ベッカライジーベン(鎌倉市)/ONE KAMAKURA(鎌倉市)/やまゆり生活協同組合(海老名市)/クワントバスタ(町田市)/寺西容器店(横浜市)

 

|応援エールを頂いている方々のメッセージ(順不同 敬称略)

 

●加藤慎吾様(やまゆり生活協同組合専務理事)

 

しぇんろんさんの常連から紹介してもらってからの繋がりです。

 

こだわりの食材の話しで意気投合し、それからは油そばをはじめ、オリーブ豚のハムやソーセージ、りんごの北欧焼きなどを生協で商品化してきました。

 

これからも地元の名店の味を残していくために、地元の食材や食文化を大切にしているしぇんろんさんを応援しています!

 

●中田千賀様(クアントバスタ株式会社社長)

 

藤沢エリアで美味しく食べて飲めるお店と言って真っ先に思い浮かぶのが「しぇんろん」さん。

 

初めて伺ってから5年ほどですがいつも本当に美味しく、仕事関係のお客様も何人もお連れしました。絶対になくしたくない味とこだわりと人が、ここにあります。全力で応援します!

 

●掛田薫 様(神奈川県 横須賀市 掛田商店)

いつも無添加のソーセージ、ハム、ベーコン、油そばを当店にお分けいただいております。

 

美味しくて無添加の加工食品が少ない中、良いお酒を引き立たせて楽しめるお店の存在も貴重です。しぇんろんの存続を願っております。

 

●佐藤倫明 様(20年来の常連のお客様)

 

藤沢で日本酒とそれにピッタリのお料理といえばこの店!の我らが【しぇんろん】が、移転と再出発のための資金をクラウドファンディングで集めるということなら、応援しないわけにはいきません。

 

なんとしてでも目標を達成させて、日本中の蔵元さんとの『純米酒を楽しむ日』や『しぇんろん酒まつり』を、ぜひ新店舗でもやってもらいましょう!

 

●斎藤直美 様(14年の付き合いの常連のお客様)

 

「しぇんろん」との出会いは2010年、私が、地元の低農薬野菜を販売していた時に遡る。しっかりした食材を用いていた「しぇんろん」で、私が販売する野菜も使っていただけることになり、野菜を持って伺うと、毎回余っていた野菜も全部購入して下さり、小さな私の商売を応援して下さっているのをひしひしと感じた。

 

それからほどなくして、今度は私が「しぇんろん」のお客となって伺うようになったのだけれど、初めは「えっ?日本酒って職場の上司から無理やり勧められる酒だよね?」というお粗末な認識だった。それが通い始めて半年もたたないうちに、日本酒(純米酒)の大ファンになった。さまざまな蔵元を巡って仕入れを決めたという純米酒は、どれもマスターの作る肴に良く合い飲み飽きない。店で供される肴は、まっとうな食材から醸し出される暖かな旨味に満ちていて、まさに日本の伝統文化だ。

 

今の店舗がなくなってしまうのは、非常に残念で寂しい。が、移転後の店舗でもさらに素晴らしい肴と酒を供してくれるものと、半端なく期待している。その時は、どんなにお腹が一杯になっても、〆に油そばをいただくと決めている。新しい店で新たな顔ぶれの肴と酒に出会えるのを楽しみに待ちたい。

 

●一龍斎春水様(講談師・声優)※しぇんろんで講談会を定期的に開催していました

 

「しぇんろん」さんの再建を祈念して応援します!

 

お酒にこだわり、素材にこだわり、ほんわかした居場所となっていた「しぇんろん」。 お客様の思いが、このファンディングにつながりました。藤沢の地産地消、体に良い美味しい食の提供、蔵元さんと繋がる本物のお酒。

 

ふるさと納税の返礼品にも選ばれているしぇんろんの味をみんなで守りましょう。ご協力をお願いいたします。

 

|ご来店のお客様からの応援メッセージの寄せ書きをいただきました。

 

温かなメッセージを、たくさんありがとうございます!読むと涙が止まりません。改めてしぇんろんはたくさんの方々に支えていただいてるなと実感しました。

 

この色紙は、新店舗の壁に飾ります。皆様が愛してくれたお店を残すべく、これからも頑張りますので引き続き応援いただけたらと思います!

 

プロジェクト実行責任者:
羽鳥 真理子
プロジェクト実施完了日:
2024年6月15日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

【藤沢しぇんろん】の一軒家レストラン移転の為のプロジェクトです。 ご支援いただいた資金は、移転の為の契約金、改装工事費として使用します。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
現在の店舗での飲食業、そうざい製造業の営業許可は、閉店とともに取り消しになります。 プロジェクトが成功し、移転先の店舗で設備が整いましたら、飲食業とそうざい製造業の営業許可を申請する予定です。 6月初旬頃の取得を目指します。
リターンを実施する上で必要になる資格や許認可について
プロジェクトが成功し、移転先の店舗で設備が整いましたら、飲食業とそうざい製造業の営業許可を申請する予定です。 6月初旬頃の取得を目指します。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/shenlon-restart?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

【藤沢しぇんろん】は1995年の創業から、皆様に ”美味しい” ”楽しい” をお届けしたいという思いで料理屋を営んでいます 地産地消、国産の素材にこだわり、湘南・藤沢産の農薬不使用の野菜、東京湾や相模湾で水揚げされる天然魚介、藤沢産の豚肉などを中心に、旬の素材を使った四季折々の料理を提供しています。 豊富に取り揃えた純米酒と、それに合わせた料理の数々は、多くの日本酒愛好家からも愛されてます。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/shenlon-restart?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

リターン

3,000+システム利用料


ドリンク1杯サービス券

ドリンク1杯サービス券

●ご支援お礼のメッセージ(メール)
●特製オリジナルドリンク1杯サービス

・御来店時にドリンク1杯サービスいたします。
・ドリンクサービスチケットは、お礼メールと併せてメールにてお送りいたします。

▼対象ドリンク(予定)
「純米酒」「ビール」「焼酎」「ワイン」「果実酒」「こだわりのノンアルコールドリンク」等、対象メニュー表からお選びいただけます。

※有効期限:移転オープン日(2024年6月中旬予定)より6ヶ月内

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

5,000+システム利用料


ロゴ入りオリジナル巾着

ロゴ入りオリジナル巾着

●ご支援お礼のメッセージ(メール)
●藤沢しぇんろんロゴ入りのオリジナル巾着ポーチ×1点

小物の収納に便利な、しぇんろんのロゴをプリントした巾着ポーチです。

サイズ:約20x15cm
素材:コットン

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

5,000+システム利用料


ドリンク2杯サービス券

ドリンク2杯サービス券

●ご支援お礼のメッセージ(メール)
●特製オリジナルドリンク2杯サービス

・しぇんろん特製のオリジナルドリンクを御来店時に2杯サービスいたします。
・ドリンクサービスチケットはお礼メールと併せてメールにてお送りいたします。
・お一人で2杯もしくは2人で1杯ずつどちらのご利用も可能です。

▼対象ドリンク(予定)
「純米酒」「ビール」「焼酎」「ワイン」「果実酒」「こだわりのノンアルコールドリンク」等、対象メニュー表からお選びいただけます。

※有効期限:移転オープン日(2024年6月中旬予定)より6ヶ月内

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年4月

10,000+システム利用料


厳選純米酒-3種飲み比べセット

厳選純米酒-3種飲み比べセット

●お礼のメッセージ(メール)
●厳選純米酒3種飲み比べ×1セット
純米酒3種の組み合わせは、普段お店では提供していない支援者向けの特別セットを、御来店時に、ご提供いたします。また、ノンアルコールへの変更も可能となります。

・しぇんろん取り扱いの日本酒より厳選した3種を利き酒セット形式で提供予定です。
・それぞれ各60mlずつの提供予定となります。
・対象日本酒は純米酒・純米吟醸酒・特別純米酒・純米大吟醸酒のいずれかからとなります。

※有効期限:移転オープン日(2024年6月中旬予定)より1年以内

支援者
54人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

10,000+システム利用料


ロゴ入りオリジナル平盃

ロゴ入りオリジナル平盃

●お礼のメッセージ(メール)
●しぇんろんロゴ入りのオリジナル平盃(お猪口)×1点

・ご自宅でお酒を楽しめる、ロゴ入りの平盃を1点お送りいたします。

※画像はイメージです

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

30,000+システム利用料


マル秘 お酒の会ご招待券

マル秘 お酒の会ご招待券

●30,000円にてご支援いただいた方のみ限定の「マル秘 お酒の会」を開催いたします。

ドリンクの種類は、日本酒(純米酒以上)・ビール・焼酎・ワイン・果実酒・こだわりのノンアルコールドリンク等となります。

・支援1口につき1名様ご招待となります(参加費無料)
・招待1名様につき、有料にて同伴者1名追加可能予定です(参加費等の詳細はメールにてお送りいたします。)
・開催タイミングにより、蔵元の方がゲストで来られる場合もございます。

開催予定:2024年夏頃予定

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

50,000+システム利用料


プレオープンパーティーご招待券

プレオープンパーティーご招待券

●プレオープンパーティーご招待

50,000円枠にてご支援いただいた方限定の「プレオープン レセプションパーティー」にご招待いたします。

・支援1口につき1名様ご招待となります(参加費無料)
・招待1名様につき、有料にて同伴者1名追加可能予定です(参加費等の詳細はメールにてお送りいたします。)

▼パーティー概要
・オープン前に一足先に、古民家に移転したしぇんろんで、お食事とお飲み物を味わっていただきます。
・お土産付き

開催予定:移転オープン(6月中旬予定)の約2日前の開催を予定しております。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

100,000+システム利用料


「感謝のおもてなしコース」ペアお食事券

「感謝のおもてなしコース」ペアお食事券

●「感謝のおもてなしコース」ペアお食事券(ドリンク込)

・100,000円枠にてご支援いただいた方限定の「感謝のおもてなしコース」ペアお食事券をお送りします。
・支援1口につき2名様ペアでのご招待となります。
・要事前予約となります。
・有効期限:移転オープン日(2024年6月中旬予定)より6ヶ月内

▼コース概要
・料理はマスターが腕によりをかけた渾身の特別料理をコースにてご提供いたします。
・ドリンクの種類は「純米酒」「ビール」「焼酎」「ワイン」「果実酒」「こだわりのノンアルコールドリンク」等、コース限定の特別メニューよりお好きにお選びください。

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年6月

プロフィール

【藤沢しぇんろん】は1995年の創業から、皆様に ”美味しい” ”楽しい” をお届けしたいという思いで料理屋を営んでいます 地産地消、国産の素材にこだわり、湘南・藤沢産の農薬不使用の野菜、東京湾や相模湾で水揚げされる天然魚介、藤沢産の豚肉などを中心に、旬の素材を使った四季折々の料理を提供しています。 豊富に取り揃えた純米酒と、それに合わせた料理の数々は、多くの日本酒愛好家からも愛されてます。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る