プロジェクト概要

10/20~10/28まで劇団しまぁ〜ん共和国がお届けする、ハートフルサスペンスコメディ『ドメスティック初期微動』

 

私は、劇団しまぁ〜ん共和国の主宰の島根さだよしと申します。私は数々のコメディー芝居を見てきてどこにも負けないコメディー演劇と、見に来たお客様のチケット料金以上の笑いや感動、その人の明日の活力となるパフォーマンス団体を作りたくしまぁ〜ん共和国を2013年に3人で

旗揚げしました。

 

今回の10月20日(火)から28日(水)まで、下北沢の「劇」小劇場と言う所で、しまぁ〜ん共和国 第5回公演『ドメスティック初期微動』と言うハートフルサスペンスコメディ作品の公演を行います。

 

しかし現在、劇場費や設備費などが不足しています。

皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか!

 

(旗揚げ公演「ブスな魔法使いと決め神様」楽屋風景左から大山・

阿久津・菅原)

 

 

『お前はやっぱり芸人だ!』と言われ、笑いに拘る芝居を作り始める

 

主宰の島根さだよしは、93年吉本興業でお笑いコンビツインカムで芸人としてデビューしました、コントには定評があり、賞レースには必ず上位に入賞するも2001年にコンビ解散、その後芝居に興味をもち舞台役者となるが、まわりの人に『お前はやっぱり芸人だ!』と言われ、笑いに拘る芝居を作り始めました。


2011年から舞台の脚本・演出をするようになり、2012年には9本の作品を手掛け、この2012年の舞台を手掛けるうちに自分のやりたい方向が決まり、どうにか自分の描く舞台を形にしたく、2013年10月、しまぁ~ん共和国を旗揚げする事となる。主な作品『ブスの魔法使いと決め神様』『新鮮な新撰組』『テネシーワルツ』他多数。2013年の10月23日~30日の旗揚げ公演はサンモールスタジオで行われ、旗揚げにして 動員人数が1000人を越えた。公演期間後半には立見が出るほどの公演となりました。

 

(第4回公演「オタクたちの低空非行」の衣装合わせ後にみんなでパシャり)

 

 

数ある舞台の中でもこれだけ笑いに拘り、尚且つメッセージを伝える舞台はありません

 

今回の公演は、昨今テレビがつまらないと言われているなかで、インターネットや携帯、娯楽施設も充実して見て楽しむ芸能が低迷していると思われます。そんな中、生で見て、その世界へ自分も行きたい!若しくはこの世界がまた見たいから明日の仕事や学校、家事や子育てを頑張る!と言ったエンターテインメントを作りたく舞台をやっております。数ある舞台の中でもこれだけ笑いに拘り、尚且つメッセージを伝える舞台はありません、そう自負しております。なので、沢山の方に見ていただきたく日々精進しておりますので、万人に見ていただきたいと思います。昔、家族全員で同じテレビを見ていたかのように。

 

(オムニバス作品「teamしまぁ〜ん」抜き稽古風景)

 

 

毎日がつまらないと思っている人にまだまだ面白い生身の人間はいます

 

昔のテレビは面白かったな〜と言われる時代となってしまい、インターネット社会で楽しい娯楽や物もすぐに手に入り、毎日がつまらないと思っている人にまだまだ面白い生身の人間はいますよと、そう思って、敢えて舞台に拘ってみようと思いました。

 

この公演をして見に来て頂いたお客様が、色々な意味で本当に面白かったと思い、仕事のストレス、家族への想い、恋人や大切な人との接し方などと何か人を喜ばせる為のお役に立てればと思っております。沢山の人に見て頂き、みんなで共有出来る娯楽として仲間も増え、また明日の活力になっていって欲しいです。

 

(オムニバス作品「teamしまぁ〜ん」終演後キャスト全員写真)

 

公演成功のためにも皆様のご支援よろしくお願いいたします。

 

【引換券について】

■サンクスレター

 

■HPにお名前記載

 

■メンバー生写真1セット(5枚)

 

■今後のライブ優先案内

■公演グッズ