各処に設置されるAED機器は、管理状況を見れば 飾りで設置される機器と本当に危機感を以って十分な想定をされる設置が明らかに 分別されています。

機器から発する(オーラー)が物語ります。

この度の事業はこのような 設置者(認識)を、レベルアップされるプログラム開発も検討します。

至誠にして動かざる者は、未だ之にあらざるなり

何が最後に人の心を動かすのか

 

AED開発に託したいと願っています。

支援宜しくお願いいたします。

新着情報一覧へ