プロジェクト概要

子供を招待して、おじいちゃんやあばあちゃんとの

会話を増やす為のコンサートを開催したい!

 

はじめまして!紫乃路えりと申します。現在歌手として活動しています。こどもたちへ生の音楽の楽しさを知って貰いたいと思い、交通遺児を招待したコンサートを開催してきました。そして今回は、繋がりの途切れがちとなったご年配の方々と子供たちを繋ぐことが出来るコンサートを子供達を無料で招待して、開催したいと考えております。

 

しかし、コンサートを開催し、子どもたちを招待するための費用の一部が足りておりません。皆様のご協力を何とぞ宜しくお願い致します。

 

コンサートは人と人を結びつけます。

 

 

生の音に触れる機会が減っている子ども達へ、

生の音を届けたいと思ったことが始まりでした!


もともとは、子供達にインターネットではなく生の音で昔の曲なども聞いて貰いたいと思いと考えていた事と、地元、名古屋で自身が交通事故に遭ったことがきっかけで、交通遺児を招待してコンサートをおこなったことが、このプロジェクトの始まりでした。

 

この時は、雨に唄えば・アルディラ(映画音楽)や、ケ・サラやマイ・ウェイなど平和な国にしたいとか、自分の思いをしっかりと持って生きていこう!!、Think  of  meなどクラシック的な歌を聞いてもらい、また地元のコーラスの皆様にも歌って頂き、生の音の良さを感じて貰いました。この時の参加人数は約30人くらいでした。

 

知らない曲が多く、最初はザワザワしていた子供達も、曲が進む中で最後は静かに聴いてくれていて、ピアノ・サックス・ギターの音やコーラスの素晴らしさを感じてもらうことが出来ました!そしてその後先生から、生徒たちが色々と曲に関して質問してくれたという嬉しい報告も頂きました。

 

スピーカーではない、生の音の感動は世代に関係ないと思います。

 

 

最近意識した、子供とお年寄りとの関係の希薄さ。

歌で距離を結ぶことが出来たら。

 

近年高齢者の孤独が問題になっています。この現状は良くお世話になっている方々で、私の周りでも実際にあります。それは、私が大学に入る前に習っていた声楽の先生が、42歳の若さで亡くなられそのお母様と関わり実感いたしております。

 

先生のお母様は長い月日、お一人で暮らしていらっしゃり、2週間に1回位は私も一緒にお買い物に行かせて頂いておりますが、基本はおひとりになってしまいます。もちろん、お墓まいりにも行かれていらっしゃいますし、それ以外は、ミサに行かれたり同じ様に家族が亡くなられた方と一緒にいらっしゃることがありますが、おおくの時間ではありません。

 

 

子供とお年寄りが一緒に遊べたら素晴らしと思い、

イベントを企画しました。

 

そんな現状を何とか出来ないかと考えている中で、子どもたちへ向けて実施していたイベントと、私が歌っている歌を愛してくれている周りのお年を召された方をお呼びして、音楽で結び、近所の子供達と一緒に、お話をしたり音楽を聴ける様になれば嬉しいなと思いました。そこで、3月29日にラドンナ原宿にて私を中心に、この企画へ賛同して下さった皆様と一緒にコンサートをすることに致しました。

 

音楽を通して知り合った人たちにも協力して頂きます。

 

当日は子供たちは10組程度お呼びする予定で、合計来場者は90人程度を予定しております。お知り合いのご老人の方を中心に、歌仲間の知り合いの方や私の知り合いの介護の会社をやっていらっしゃる方をお呼びしていく予定となっております。またお呼びする予定の子どもたちは、私の知り合いの子供や、知り合いの大学生などを予定しています。

 

コンサート会場は、アクセスのよい原宿のラドンナ原宿(http://www.la-donna.jp/)を予定しており、多くの方がいらっしゃることが出来るようにしております。またコンサートは以下の方々のご協力を得て実施していきます。

 

金子好子様、佐藤くら子様、沢たか子様、紫乃路えり様、鈴木啓太様、西久保アコ様、MOKO様、森とし子様、吉田喜美子様、吉田弘様、山村和江様

 

 

イベントのチラシはもう完成し、あとは資金が集まれば問題なく開催ができます。

 

 

 

子供とお年寄りの架け橋となり、

会話を増やしていくためのコンサートを開催するために。

 

子供達は昔の映画で使用された音楽やシャンソンを知りませんので、ぜひ今回のイベントを通じて、お年寄りと共通の話題に出来る音楽を聴いて貰い、おじいちゃんやおばあちゃんとの会話を広げてもらいたいとおもっております。しかし現状、会場費で10万円が足りておりません。皆様のご協力をお願い致します。

 

 

★★★リターン★★★

ご支援頂きました金額に応じて、以下のリターンをお送りさせて頂きます。

 

●感謝のお気持ちを記したサンクスレターをお送り致します。

●老人ホームのおばあさま達が制作したフクロウのバッチ

●障がい者の方が作った封筒・葉書