READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

お城ファンが寄り合える場「城小屋マルコ」の完成にあと押しを!

お城ファンが寄り合える場「城小屋マルコ」の完成にあと押しを!

支援総額

1,726,000

目標金額 1,000,000円

支援者
105人
募集終了日
2020年2月21日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています

プロジェクト本文

【達成のお礼とネクストゴールについて】

 

この度、皆様からたくさんのご支援をいただき、目標額を達成することができました。
心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございます。


お陰様で、お城ファンの方々が、「城小屋マルコに行ってみたい!」と思っていただけるような書籍や資料を購入することができます。

 

今回初めてのクラウドファンディングへのチャレンジでしたが、改めてまだお会いしたことのない方や、日頃お世話になっている方、そして仲間からの応援の気持ちに、とても嬉しく感じました。

 

城小屋マルコの構想からこれまで、不安に思うこともありましたが、ご支援いただいた皆様の想いに応えるためにも、オープンに向けて集中して準備していきたいと思います。

 

そしてこの度、ネクストゴールとして150万円を設定させていただき、クラウドファンディング終了日まで引き続きチャレンジさせていただきたいと思います。

 

ご支援いただきました資金の使い道は、これまで同様、書籍や資料の購入に充てさせていただき、城小屋マルコのさらなるコンテンツ強化に努めてさせていただきたいと思います。


残り2週間ほど、引き続き、ご支援賜りますようどうかお願い申し上げます。

 

2020年2月7日追記
一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会 副理事長
松江輝雄

 

 

お城ファン同士がつながり、お城ファンと住民がつながる場を丸岡城下につくりたい!

 

はじめまして。「一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会」副理事長・城小屋マルコ管理人の松江輝雄です。

 

福井県坂井市丸岡町生まれ丸岡育ちで、これまで地元丸岡で長年電気工事業を営んできました。同時に、「丸岡城の魅力を多くの方に知っていただきたい!こどもや孫、後世に丸岡城を残していきたい!」という思いで、これまで「城のまちまちづくり協議会」での活動や、「一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会」の活動をしてきました。

 

右が私です。

 

丸岡城は天守しかなく、内堀はすべて埋め立てられて、芝生広場や公園、小学校、体育館、住宅が立ち並び、お城があるなら誰もが想像してしまう、お堀やいわゆる城郭が残されていません。

 

そうなると、お越しいただいた方々には、天守に登って周りをぐるりと回り、野面積み(石垣)を楽しんだ後、町の歴史を感じ取ったり楽しんでいただけるような場所がないのです。


現在は、年間15万人ほどの方が丸岡城に登城してくださっていて、さらにその何割かは、全国のお城巡りを楽しまれるようなお城ファンが来てくださっているのではないかと思っています。

 

 

そのような方々が、天守の他にも立ち寄れる、お城ファンが寄り合える聖地となるような場をつくりたいと思っています。

 

コーヒーを飲みながらお城談議できたり、お城について詳しく調べたいことが調べられたり、そして私たち住民と交流もできる、そんなお城ファンのための拠点をつくっていこうと、「城小屋マルコ」と命名しました。

 

福井県坂井市の丸岡城天守ふもとのお天守前公園南側に、来春オープンを目指して、木造2階建ての空き家をリノベーションするなど、整備を進めています。

 

改修前
改修中

 

現在この建物の中で提供するコンテンツを検討していますが、お城に興味を持ってくださっている皆さまに、より楽しんでただくために、お城に関連する資料が閲覧できるミニ資料館のようなスペースもつくりたいと思っています。

 

ここまで、建物の改修など、まずは空き家の掃除からボランティアの皆さんと始め、柱だけ残して本格的なリフォームを行いました。改修や必要な備品の一部は、市・県の補助金をいただき、できる範囲で行ってきたため、建物内部のコンテンツを整えるため、頼れる資金がないのが現状です。

 

その中のコンテンツは諦めることもできますが、せっかく準備した施設での満足度をあげて、また来たいと思ってほしいという思いと、そんな場所を地域の皆様と一緒につくっていきたいという思いから、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。

 

外観
内観

 

 

丸岡城と私たちのこれまでの歩み

 

まず、丸岡城と私たちのこれまでについて、お話させてください。

 

現在日本には12天守が残されています。その中でも、北陸エリアにあるのは丸岡城のみです。様式は、独立式望楼型二層三階の平山城となり、1576年に織田信長の家臣、柴田勝家の甥、勝豊が築城しました。

 

 

私たちは現在の天守が日本最古の現存天守だと思ってきたわけですが、2019年3月に発表された「丸岡城天守学術調査報告書」により、現在のものは慶長年間(江戸時代)に建てられたたもので、最古ではなかったことが新たに分かりました。(これには一瞬残念な思いがしてしまったのも事実ですが、ここまでしっかりとした科学調査を行った天守は初めてです。今はそのことに誇りを持っていますし、丸岡城への想い、国宝への想いに変わりはありません)。


この天守は、とても小さくて、素朴で、天守階段が剥き出しになっていたり、屋根が石瓦だったり、天守内の階段がものすごーく急だったりと、面白い特徴がたくさんある天守です。戦国時代の様相を伝えていると、なんども足を運んでくださるお城ファンの皆さんも多くおられます。

 

しかし、明治6年の廃城令、昭和23年の丸岡町が震源地となった福井地震などで城郭や街並みが失われてしまった歴史があり、現在は天守のみが残されています。

 

重要文化財に指定されていますが、なんとかして文化財のトップである国宝にできないか、と丸岡城天守を国宝にする市民の会を2016年に発足し、設立総会には450人もの市民が詰めかけました。そして2年前、それに加えて、丸岡城天守を中心として内堀内と周辺に賑わいをつくろうと、一般社団法人化して活動を続けています。

 

 

 

お城に関する古書や資料を購入し、城小屋マルコをお城ファンの聖地へ。

 

今回のプロジェクトでは、皆様からご支援をいただいて、2020年4月30日までに、城小屋マルコで最も重要なコンテンツとなる書籍、資料(絵図、映像、データ、論文)、約150〜200冊の購入を考えています。

 

・丸岡城及び丸岡藩に関するもの3割
・百名城(城郭)に関するもの2割
・現存天守に関するもの4割
・福井県内及び北陸の城・城址に関するもの1割

 

これらの収集書籍・資料は、古書を中心とし、本屋さんで通常手にしづらいもの、かつ、これらのテーマについて深掘りして調べたい時に役立つ、重厚な書籍・資料で、城小屋マルコにお越しいただいたら誰もが閲覧できるようにします。

 

ぜひ皆様のお力で、オープンに向けて、城小屋マルコに命を吹き込んでいただけますと幸いです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
画像はイメージです。

 

 

丸岡城下を天守とともに、「訪れたいまち」に。

 

城小屋マルコのスタッフは私たち住民です。私たちは、例えばスナックのマスターやママのように、お城ファンの皆さんの話を聞き、お城ファン同士をつなげて仲良くなるような場を実際につくりたいと考えています。

 

そして、この城小屋マルコのオープンを第一歩として、丸岡城周辺の将来像にむけて、住民、お城ファンの方々と、丸岡城周辺の整備と賑わいづくりを進めていきたいと思います。

 

お城ファンの交流の場として、カフェ、お城に関連する資料が閲覧できるミニ資料館、お城専門書店、鎧の製作工房、それらの鎧や戦国時代衣装のレンタルショップ、お城にまつわる小物や古道具の販売、お城ファンに寄り添うコンシェルジュなど、小さなお城複合施設に育てていきたいと思います。どうかそのために背中を押していただけますと幸いです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

リターンのご紹介

 

■城小屋マルコ券

城小屋マルコでお使いいただける商品券です。飲食、グッズ、ツアーや工作体験など全てのサービスでお使いいただけます。地元の方、城小屋マルコに行ってみたい!という方にオススメです。

 

■城小屋マルコのろしコーヒー

城小屋マルコのコーヒー豆です。城小屋マルコから遠方にお住まいの方、遠くで応援するよ!という方にオススメです。

 

■城小屋マルコステッカー

城小屋マルコの石垣ロゴマーク、丸岡城、柴田・本多・有馬家の家紋の5枚1セットのオリジナルステッカーを予定しています。お城ファン、戦国時代ファンにオススメです。

 

■蕎麦袋を使ったバック

丸岡は蕎麦の産地としても有名です。蕎麦袋にはもちろん丸岡城のイラストが描かれています。その蕎麦袋をエコバッグとしてリユースした城小屋マルコグッズの一つを、30,000円以上ご支援いただいた方にお送りいたします。

 

 

 

プロジェクトメンバーのご紹介

 

■松本富男(一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会 会長)

木造現存天守は現在国内に12天守しか残されておりません。天守のみならず城、城郭というのは、日本の大切な歴史文化遺産だと思っています。私たちはこの丸岡城天守がより美しく残されていくまちづくりを進め、次世代につないでいきたいと取り組んでいます。

 

そのためにも全国から訪れて来てくださるお城ファンの方々、観光客の方々に、天守と私たちのまちを好きになっていただけるような活動の第一歩として、城小屋マルコのオープンを、皆様からのご支援で実現していきたいと考えております。初めてのクラウドファンディングへの挑戦ですが、皆様からのご支援を切にお願い申し上げます。

 

■大濃孝尚(一般社団法人丸岡城天守を国宝にする市民の会 理事長)

この度、私たち「丸岡城天守を国宝にする市民の会」ではクラウドファンディングを開始します。この目的は、お城ファンが集う憩いの場として準備しております「城小屋マルコ」の資料の充実です。丸岡城に関するものは、本来この地元丸岡の地になければならないのですが、昭和23年の福井震災と震災後の火事でほとんど無くなりました。

 

そのため、丸岡の地から離れたところの分散した資料も集めていきたいと考えております。どうか皆様のご支援(クラウドファンデング)で良い資料を集められるように何卒ご協力をお願い申し上げます。

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる

プロフィール

丸岡城天守を国宝にする市民の会(福井県坂井市)副理事長、そして城小屋マルコ管理人の松江輝雄です。私たちは、日本に残されている現存12天守のうちの1つである、丸岡城を国宝にしよう!、そしてこの思いをまちづくりにつなげよう!と2016年に法人格を取得しました。現在は、丸岡城国宝化にむけて皆様へ応援のお願い、こども達への取り組み、城見の宴の開催など丸岡城周辺のにぎわいづくりに主に取り組んでいます。2017年にはこの思いを形にしようとビジョンをつくりました。そして今、ビジョンに描いた将来を実現していくための第一歩として、お城ファンの方々の寄り合いの場、お城ファンと住民との交流の場として城小屋マルコづくりに取り組んでいます。 https://www.facebook.com/maruokajou.kokuhouka/ https://www.facebook.com/shirokoyamaruco/

リターン

3,000

alt

お気持ちコース

■城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

マルコ石垣コースA(マルコ券)

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコ券(1,000円券)
③城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

マルコ石垣コースB(のろしコーヒー豆)

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコのろしコーヒー豆(1,000円相当)
③城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

マルコ石垣コースC(ステッカー)

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコステッカー(5種類1枚ずつのセット)
③城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

10,000

alt

城小屋マルコオープン応援コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

30,000

alt

【限定30名】マルコ天守台コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②下記のいずれかからお好きなものお一つ
・城小屋マルコ券(3,000円券)
・城小屋マルコステッカー(5種類1枚ずつのセット)と城小屋マルコのろしコーヒー豆(2,000円相当)
③城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)
④蕎麦袋を使ったバッグ1点

支援者
4人
在庫数
26
発送予定
2020年4月

30,000

alt

城小屋マルコオープン全力応援コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

50,000

alt

【限定20名】マルコ天守階段コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②下記のいずれかからお好きなものお一つ
・城小屋マルコ券(5,000円券)
・城小屋マルコステッカー(5種類1枚ずつのセット)と城小屋マルコのろしコーヒー豆(4,000円相当)
③城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)
④蕎麦袋を使ったバッグ1点

支援者
6人
在庫数
14
発送予定
2020年4月

50,000

alt

城小屋マルコオープン全力応援コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

100,000

alt

【限定10名】マルコお天守コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②下記のいずれかからお好きなものお一つ
・城小屋マルコ券(10,000円券)
・城小屋マルコステッカー(5種類1枚ずつのセット)と城小屋マルコのろしコーヒー豆(9,000円相当)
③城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)
④蕎麦袋を使ったバッグ1点

支援者
1人
在庫数
9
発送予定
2020年4月

100,000

alt

城小屋マルコオープン全力応援コース

①城小屋マルコから感謝のメッセージと書籍の目録
②城小屋マルコにお名前やニックネームを掲載(希望する方のみ、店内掲示とウェブサイト掲載)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月

プロフィール

丸岡城天守を国宝にする市民の会(福井県坂井市)副理事長、そして城小屋マルコ管理人の松江輝雄です。私たちは、日本に残されている現存12天守のうちの1つである、丸岡城を国宝にしよう!、そしてこの思いをまちづくりにつなげよう!と2016年に法人格を取得しました。現在は、丸岡城国宝化にむけて皆様へ応援のお願い、こども達への取り組み、城見の宴の開催など丸岡城周辺のにぎわいづくりに主に取り組んでいます。2017年にはこの思いを形にしようとビジョンをつくりました。そして今、ビジョンに描いた将来を実現していくための第一歩として、お城ファンの方々の寄り合いの場、お城ファンと住民との交流の場として城小屋マルコづくりに取り組んでいます。 https://www.facebook.com/maruokajou.kokuhouka/ https://www.facebook.com/shirokoyamaruco/

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

シェアする「次世代型」里山!みんなで楽しめる拠点を南房総に!

南房総のシェア里山「ヤマナハウス」(代表 永森昌志)南房総のシェア里山「ヤマナハウス」(代表 永...

#地域文化

109%
現在
1,645,000円
支援者
101人
残り
14日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする