皆さんからたくさんのご支援を頂き、心より感謝を申し上げます!

5月10日からはじまりました映画『銀鏡 SHIROMI』のクラウドファンディングは、支援募集日数は実質わずか49日でしたが、昨夜、無事に目標金額を遥かに上回る達成金額で終了することができました。ご支援をいただいた皆様方には、心より深く御礼申し上げます。

 

クラウドファンディングでは、映画プロジェクトの趣旨に共感していただき、本当に多くの方々からご支援を賜りました。応援とともにいただいたメッセージから、本当に多くの方々が、銀鏡という土地と関わりを持ち、それを誇りに思い、また遠く離れていても心にはいつも銀鏡のことを持ちながら日々過ごされていることを知りました。

また、これまで銀鏡とご縁がなかった方たちも、このクラウドファンディングを通して、新たに銀鏡と繋がったことを喜んでいただいていることを知り、とても嬉しく思っています。私自身、約二十年前に初めて銀鏡を訪れて以来、銀鏡に生きる人々の魅力に取り憑かれ、何度も何度も訪れて時間を重ねて、今日のこの日を迎えています。

 

 

この映画のはじまりは、写真を仕事にする私が、銀鏡神楽をきちんと記録として残すために映像を選んだことでした。三年前から撮影を始め、回数を重ねるうちに、銀鏡の土地の空気感や人々の佇まいを多くの方たちと分かち合いたいという願いが強くなり、昨年末の銀鏡神楽が終わった時に映画にしようと決意しました。現在は、一年を通じた銀鏡の風景や、人々の暮らしを撮影しております。そして、星そのものとつながる人々へとその縁はさらに広がっています。

 

今後は、皆様からご協力いただいた資金をもとに、撮影および映画としての仕上げ作業を進め、来年3月の完成を目指します。古代より連なる星への祈りや宇宙観を表現するために、映像美や音楽にこだわりをもって作りたいと思います。映画の完成をどうぞ楽しみしていてください。

 

映画制作の進捗状況については、Readyforのメッセージ、Facebookページおよび公式ホームページ(準備中)から随時報告させていただきます。 映画の完成後は、国際映画祭への出展を目指し、その後は首都圏を中心に試写会とプロモーション活動を実施し、それを受けて日本各地の劇場での上映となります。どこかの映画館で応援していただいた皆様とお会いできることを心から楽しみにしています。 ご購入いただいたリターンの発送時期と詳細につきましては、近いうちにご連絡をさせていただきます。

 

 

映画「銀鏡 SHIROMI」を通じて、私たちが何を大切に生きているのか、それを支えているものが何か、を皆様と共に分かち合い、それを世界へむけて広げていきたいと思います。これからもご支援・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2018年6月30日 映画「銀鏡 SHIROMI」監督 赤阪友昭

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています