プロジェクト概要

劇団ショウダウン初のクラウドファンディングを開始して、22日間,残り23日を残し、無事に目標金額の120万円を達成することができました。ご支援して下さった方はもちろん、応援して下さった方、情報拡散して下さった方に深く深く感謝申しあげます。

 

クラウドファンディングを開始したとき、これほどの高い設定額をクリアすることができるのだろうか、どれだけの人が応援してくれるのだろうかと劇団員一同、不安でいっぱいでした。もし、達成できなかったら2018年10月以降の公演予定を白紙にしなければとの覚悟をした時期もありました。

 

有り難いことに劇団ショウダウンでは、毎回の公演ごとに多くのお客様から温かい声や叱咤激励を頂いて参りました。そうしたお客様からの支えがあったからこそ劇団ショウダウンはここまで公演を続けてくることができました。今回のクラウドファンディングを通じて改めて多くの方から劇団ショウダウンを応援して頂いていること、支えて頂いていることを実感いたしました。本当に本当にありがとうございます。

 

これまでに頂戴したご支援は、マナナン・マクリルの羅針盤を多くの方へ届けるために、劇団ショウダウンの公演を続けていくために大切に使用させて頂きます。もちろん、皆さまに最高の作品をお届けできるようこれからも準備や鍛錬を重ねて参りたいと思います。これで120万円のご支援は確定しました。ただし残り23日間まだご支援を頂ける時間が残っています。

 

劇団ショウダウンの願いはもっと多くの方に「マナナン・マクリルの羅針盤」を届けることです。そこで,大阪・東京の2公演だけでなく、劇団初の福岡公演に向けて制作費用をまかなうために、そして他の都市でも劇団ショウダウンの公演を見て頂けるように80万円を追加し、200万円のネクストゴールに再挑戦したいと思います!

 

ここからは集まった金額は、たとえネクストゴールの200万円を達成しなくても全て劇団ショウダウンに支払われますが、1円でも多く集まれば劇団ショウダウンの公演をもっともっと充実させることができますので、ぜひネクストゴールも達成させてください。どうぞよろしくお願いします。

 

【追加の80万円で出来ること】

1)福岡公演実現のための制作費用
福岡での公演会場確保、および制作のためのスタッフ費用、劇団員キャストの旅費・滞在費として使用します。

2)劇団ショウダウンの他都市公演の調査費用
大阪、東京、福岡以外の場所で「マナナン・マクリルの羅針盤」をはじめとする劇団ショウダウンの公演を実現できるよう、場所の調査および現地での打ち合わせ費用として使用します。

3)劇団ショウダウン6月大阪公演「蒼のトーテム」、9月東京公演「キメラの聖櫃」制作費用
6月に予定されている竹内敦子一人芝居「蒼のトーテム」、9月東京公演「キメラの聖櫃」制作費用として使用します(9月公演は池袋演劇祭に参加し,劇団2度目の池袋演劇祭大賞を狙いたいと考えています!)。

 

残り23日となりましたが、引き続きご支援のほどどうぞよろしくお願いしますっ!

 

2018年4月3日追記 林遊眠(劇団ショウダウン)


 

元ニットキャップシアターのナツメクニオを中心に、2001年5月に旗揚げした劇団ショウダウン。既成の劇団という枠にとらわれず、いろいろな物を貪欲に吸収しながら、「頭のいらないエンターティメント」をテーマに大衆娯楽の王道を追及しています。

 

作品内容は笑いを中心に、魅せるところは魅せる!笑わせるところはトコトン笑わせる!完結性の高い脚本内容!と文字通り「頭のいらないエンターティメント」を追及。近年は林遊眠(りんゆうみん)の一人芝居が池袋演劇祭で大賞を受賞し、その後精力的に東京でも公演を行っています。

 

予想は裏切るけど期待は裏切らない、そんな劇団ショウダウンが、多くの人に上演を楽しんでもらうために、クラウドファンディングに挑戦いたします。

 

 

 

 

 

ンデを持った人でも、外国人の方にも。

多くの方が楽しめる劇団ショウダウンの一人芝居を上演したい。


はじめまして。劇団ショウダウンで役者をしております林遊眠(りんゆうみん)と申します。現在、私たちの劇団では2014年の第26回池袋演劇祭で最優秀賞を受賞した林遊眠一人芝居『マナナン・マクリルの羅針盤』を再々演しようと企画しています。

 

今回私たちは、この作品をひとりでも多くの方にご覧いただくため、健常者の方だけでなく、ハンデを持った方、外国人の方でも、楽しんでご覧いただける作品を作りたいと思います。

 

私自身も生まれつき左腕に海綿状血管腫を持っています。それでも多くのハンデを乗り越えて、『マナナン・マクリルの羅針盤』は賞を受賞することができました。この作品を再度上演することで、私が演じることで同じハンデを持った方を勇気づけたいと思います。そして今回の再々演では、こうした方々にも物語を伝えられるように、会場でのプロジェクターによる字幕上映や、英語台本の提供など様々なサポートをしたいと考えています。

 

しかし、劇団ショウダウン単体の制作費だけでは、これらのサポートを行う予算がまかなえません。そこで、今回120万を目標にクラウドファンディングに挑戦します。どうか皆さま、私たちの新たな挑戦にお力添えを賜れますと幸いです。

 

初演時の予告編PV(YouTube上に掲載)

 

 

ツメクニオ主宰・劇団ショウダウンとは?


劇団ショウダウンは、佛教大学劇団紫に所属していたナツメクニオを主宰として、2001年5月に旗揚げした今年17年目を迎える京都の劇団です。既成の劇団という枠に捉われず、あらゆる物を貪欲に吸収しながら、現在、作演出のナツメクニオと林遊眠、竹内敦子の劇団員3名で大衆娯楽の王道を追及し表現しています。

 

劇団ショウダウン劇団員(右から、ナツメクニオ、林遊眠、竹内敦子)

 


今までに切り裂きジャック、乗組員が忽然と消えたマリーセレスト号の事件など現代も様々な憶測が飛び交う物語を大胆に解釈した歴史エンターテインメントを数多く上演して参りました。2012年より作・演出 ナツメクニオ×俳優 林遊眠による一人芝居シリーズを、大阪船場サザンシアターにて始めました。

 

2014年夏には、劇団初の大阪&東京二都市公演として劇団ショウダウンPresents 林遊眠一人芝居『マナナン・マクリルの羅針盤』を上演し、公演期間中には、CoRich(こりっち)舞台芸術 注目ランキングで1位となりました。『マナナン・マクリルの羅針盤』の東京公演では第26回池袋演劇祭へ参加し、48劇団の頂点となる大賞を受賞することができました。

 

2016年9月にはコナン・ドイルの「ロストワールド」をモチーフにした西部劇『撃鉄の子守唄』2016年版を上演し、第28回池袋演劇祭優秀賞を受賞しました。現在、継続的に東京と大阪の二都市での公演を続けています。

 

劇団ショウダウン「レインメーカー」東京公演写真
劇団ショウダウン「レインメーカー」東京公演写真

 

劇団ショウダウン「撃鉄の子守歌」公演写真
劇団ショウダウン「撃鉄の子守歌」公演写真

 

劇団ショウダウン『ウィンド・ミル・バレー最後の三日間』『黒船』公演フライヤー
劇団ショウダウン『ウィンド・ミル・バレー最後の三日間』『黒船』公演フライヤー

 

 

もちろん、こうした公演は順調に行えてきたわけではありません。特に予算面では苦境に立たされることが多く、劇団員や関係者の持ち出しによって赤字を補填していることも一度や二度ではありません。それでも「次回作が最高傑作」とのキャッチフレーズのもと、劇団員一同で最高の作品がお届けできるよう、作品作りに全力を傾けて参りました。

 

 

回の上演に『マナナン・マクリルの羅針盤』を選んだ理由


今回、大阪と東京で公演する作品として、池袋演劇祭で大賞を受賞した『マナナン・マクリルの羅針盤』を選びました。大阪の船場サザンシアターで2018年7月27日〜7月28日まで、東京のシアター風姿花伝で2018年8月12日〜8月16日まで上演する予定でおります。

 

この作品は再演を含め、通算3度目の上演となりますが、再度観たいとのお声をたくさん頂戴している作品です。登場人物は110分の上演時間で20名を超えるキャラクターが登場しますが、出演する役者は林遊眠ただひとり。キャラクターの輪郭がそれぞれハッキリするような豊富な台詞量に支えられた作品で、過去の上演では「新しい講談である」との感想を頂戴したこともあります。

 

劇団ショウダウンにとって『マナナン・マクリルの羅針盤』は特別な作品です。京都から初めて東京で公演を打つ時に上演したのが『マナナン・マクリルの羅針盤』でした。当時は東京では無名で、お客様が8名の前で演じたこともありました。観劇してくださったお客様の口コミで、最終日に近づくにつれどんどん集客は伸びていきましたが、まだまだ満席にはほど遠い状態で幕を閉じました。

 

初演時の公演写真
『マナナン・マクリルの羅針盤』初演時の舞台写真

 

 

ありがたいことに作品が評価され、池袋演劇祭にて大賞を頂きましたが、私の中で「いつか、このシアター風姿花伝を満席にできる女優になってやる!」という気持ちで東京を後にしました。今回、その夢を叶えるために、全てが始まったシアター風姿花伝にて上演できることを、とても楽しみにしています。

 

『マナナン・マクリルの羅針盤』初演時の舞台写真
『マナナン・マクリルの羅針盤』初演時の舞台写真

 

 

今回の上演にあたり、私たちはひとりでも多くの方にこの作品を観ていただきたいと願っています。その願いは、どの劇団でも共通の願いではありますが、私たちは多少のハンデがあっても、この作品を楽しめる環境を作りたいと考えました。

 

私、林遊眠は生まれつき左腕に海綿状血管腫を持ち、これまで数度の手術を受けました。役者としてはパフォーマンスに支障が出てもおかしくないハンデです。それでも多くの方のサポートを受けて舞台に立つことができています。

 

劇団ショウダウンの女優として、サポートを受けた方へ何かをお返ししたい。そのために私、林遊眠ができることは何か。最高のパフォーマンスをご覧に入れることだと考えています。初めてご覧いただく方のために、物語の詳細を語ることは避けたいのですが、『マナナン・マクリルの羅針盤』を観ていただければきっと元気になってもらえると、私たちは信じています。

 

たとえ役者のセリフが音で伝えられなくても、日本語が分からなくても、楽しめる作品にしたいと私たちは考えます。劇団ショウダウンの作品は、キャラクターの感情そして世界の描写を行うために数多くの台詞が登場します。それでも作品全体のセリフを削ることなく、物語を削ることなく伝えたい、それが私たちの願いです。

 

『マナナン・マクリルの羅針盤』初演時の舞台写真
『マナナン・マクリルの羅針盤』初演時の舞台写真

 

 

ンディキャップを持った人でも、日本語がわからない人でも、楽しめる上演を!


多くの方に観ていただきたい、何ら削ることなく作品を伝えたい、このふたつの願いを解決するために、私たちは何ができるかを話し合いました。

 

そして私たちは今回の上演にあたり、以下の3つを新たな工夫として導入したいと考えました。

  • 音が伝わらなくても楽しめるように劇場の舞台上にプロジェクターで字幕を投影する。
  • 日本語が分からなくても楽しめるように、字幕には日本語以外の外国語字幕も合わせて投影する。
  • 車いすの方でも楽しめるように、車いす席や補助サービスを提供する。

 

しかしながら、これらの工夫を実現するためには、私たち劇団員だけでは字幕作成の経費や、プロジェクターの費用、当日機器を操作するオペレーターや、車いす補助サービススタッフの人件費を捻出できません。

 

また対象となるお客様から別途料金を徴収することは現実的ではなく、当日のチケット料金に反映することも、数多くのお客様に観ていただきたいという願いを実現するためにはできる限り避けたいと考えています。

 

演『マナナン・マクリルの羅針盤』


 

■大阪公演

日時 2018年7月28日(土)、29日(日)

場所 船場サザンシアター http://www1a.biglobe.ne.jp/sembasazan/

 

 

■東京公演

日時 2018年8月11日(土)〜16日(木)

場所 シアター風姿花伝 http://www.fuusikaden.com/

 

 

大阪公演では、車いすでお越しの方のサポートならびに日本語台本の貸出を、東京公演では、大阪公演のサポートに加えて、英語・韓国語・日本語の字幕を映しながら上演することを企画しています(8月12日,15時と19時のステージで英語字幕,8月14日15時と19時のステージで韓国語字幕,8月15日15時と19時のステージで日本語字幕を上映します。)*UPDATE*一部上演ステージで字幕を上映する方法へと変更しています。

 

初演時のフライヤー
初演時のフライヤー(東京公演で池袋演劇祭大賞を受賞)

 

 

場でしか味わえない演劇の魅力をひとりでも多くの方へ届けたい!


私たちは京都の劇団としてもっと演劇の世界を盛り上げていきたい、そして演劇の魅力をもっともっと多くの方へ伝えていきたいと強く願っています。今回上演する林遊眠一人芝居『マナナン・マクリルの羅針盤』は、2014年の第26回池袋演劇祭で大賞を頂いた作品、劇団としては自信を持ってお届けできる作品です。池袋演劇祭で大賞を受賞したこの作品を、ひとりでも多くの方へ届けたいと考えています。

 

もちろん会場で販売しているDVDやBlu-rayを通じて映像で、当日の公演を追体験していただくこともできます。でも映像では味わうことのできない、劇場にいるからこそ味わえる演劇の魅力は必ずあります。どのような作品でもその魅力は味わえると思いますが、劇団ショウダウンの、この自信作でその魅力を味わって欲しいのです。

皆さまから頂いた資金は、今回のプロジェクトの実施のために大切に活用させていただきます。また今回の公演だけでなく、劇団ショウダウンの次回作以降でも、同様の取り組みができるようノウハウの蓄積を行って参りたいと思います。

 

今回だけの取り組みだけでなく、劇団ショウダウンの恒例の取り組みとできるよう一歩を踏み出すために、あなたのご支援を心よりお待ちしております!

 

「マナナン・マクリルの羅針盤」初演公演時写真
『マナナン・マクリルの羅針盤』初演時の舞台写真

 

 

支援の資金使途と内訳


皆様から頂戴したご支援については、以下の3つの用途に使用したいと思います。

  1. 外国語字幕作成費用、上映機材のレンタル、車いす席設置、機材操作や補助のサービスのためのスタッフ人件費
  2. リターン品の制作のため
  3. 公演の制作費、会場費

 

今回の目標金額である120万円の内訳は以下の通りです。

 

日本語・外国語字幕作成費用…20万円

上映機材レンタル…10万円

車いす席設置…5万円

機材操作、補助サービスのスタッフ費用…10万円

リターン品制作費用、発送費…30万円

公演制作費、会場費の一部、Readyfor手数料・決済手数料として…45万円

 

 

ターンについて


劇団ショウダウンクラウドファンディングリターン品一覧
クラウドファンディング リターン品一覧

 

※3月14日追加:全てのリターンに「マナナン・マクリルの羅針盤」公演DVDクレジットにお名前・ペンネームを掲載」が追加されました!既にご支援頂いた方も対象となります。

 

※3月26日追加:15,000円のリターン「「マナナン・マクリルの羅針盤」公演映像+メイキングDVD」を追加しました。

 

※4月11日追加:「林遊眠写真集」、「竹内敦子写真集」、「ナツメクニオ ロングインタビュー「ナツメクニオ脚本を語る(仮)」」、「マナナン・マクリルの羅針盤2018 林遊眠使用台本コピー版」、「竹内敦子一人芝居「蒼のトーテム」終演後舞台撮影」、「マナナン・マクリルの羅針盤2018 林遊眠使用台本原本」のリターンを追加しました。

 

【NEW】・林遊眠写真集
本クラウドファンディングのリターン品限定で林遊眠の写真集を新たに制作いたします。24ページ程度を予定しています。

 

【NEW】・竹内敦子写真集
本クラウドファンディングのリターン品限定で竹内敦子の写真集を新たに制作いたします。24ページ程度を予定しています。

 

【NEW】・ナツメクニオ ロングインタビュー「ナツメクニオ脚本を語る(仮)」
ショウダウンキネマのイベントで大変好評を頂いているナツメクニオならびに,脚本太郎先生の劇団ショウダウン脚本講座。本クラウドファンディングの支援者さま限定で,過去のショウダウン脚本講座のレジュメを元に,ナツメクニオにロングインタビューを行い,その記録を印刷媒体もしくは電子書籍で提供いたします。

 

写真とインタビュー集は公演終了後、制作を行います。
出来上がってからの送付となりますので、2018年12月以降の発送となります。
(発送予定時期は逐一メッセージでお知らせします)。あらかじめご了承下さい。

 

【NEW】・マナナン・マクリルの羅針盤2018 林遊眠使用台本コピー版
今回ご支援頂いている「マナナン・マクリルの羅針盤」2018年度版で林遊眠が実際に使用した台本の原本を、林遊民の演出メモなどもそのままにカラーコピー版をあなたのお手元へ。

 

【NEW】・「蒼のトーテム」終演後舞台撮影
2018年6月公演竹内敦子一人芝居「蒼のトーテム」の終演後のステージ上で購入者の方と、主演の竹内敦子で記念撮影をし、撮影データをお渡しします。こちらの引換券は6月30日(土) および7月1日(日)の大阪公演にお越しになれる方かつ2名さま限定といたします。

 

【NEW】・マナナン・マクリルの羅針盤2018 林遊眠使用台本原本
今回ご支援頂いている「マナナン・マクリルの羅針盤」2018年度版で林遊眠が実際に使用した台本の原本を、林遊民の演出メモなどもそのままにあなたのお手元へ。1冊しか存在しない原本ですので、こちらは1名さま限定です。

 

・サンクスメール
劇団員からご支援いただいた方に電子メールでサンクスメールを送付いたします。

 

・「マナナン・マクリルの羅針盤」公演DVDクレジットにお名前・ペンネームを掲載

公演終了後,制作予定の「マナナン・マクリルの羅針盤」公演DVDのエンドロールクレジットにお名前もしくはペンネームを掲載いたします。プロジェクト成立後,ご希望を別途お伺いいたします。なお個人情報や掲載に相応しくないと思われる場合には差し替えをお願いする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

 

・過去フライヤー写真集
毎公演、ご好評頂いている堀川高志さん(kutowans studio)制作の劇団ショウダウンの過去フライヤーを写真集にしました。物販には並ばない本プロジェクトだけの限定品です。

 

・サンクスムービー
劇団員が支援者の方のために特別に撮影した御礼ムービーです。このプロジェクトに出資していただいた方への限定ムービーとなっております。

 

・「マナナン・マクリルの羅針盤」公演映像+メイキングDVD
マナナン・マクリルの羅針盤2018年版の公演映像と、東京公演で撮影予定のメイキングDVD(30分予定)をセットにしたDVDを差し上げます。公演映像のみのDVDは今後物販で販売予定ですが、メイキングDVDについては本クラウドファンディングのリターン品でしか手に入らない限定品です(メイキングDVD撮影・制作:劇団GAIA_crew EmAkさん)。

 

なお、本リターン品は公演終了後,DVDが出来上がってからの送付となりますので,2018年12月以降の発送となります(発送予定時期は逐一メッセージでお知らせします)。あらかじめご了承下さい。

 

・Tシャツ(オリジナルデザイン)
『マナナン・マクリルの羅針盤』でスタッフが着用するオリジナルTシャツです。物販で販売するものとはカラーが異なります。サイズはS・M・Lよりお選びいただけます。

 

・レインメーカー「けいこばにっし」コピー版
4月大阪公演『レインメーカー』で、劇団員+客演の役者さんとともに手書きの交換日記「けいこばにっし」を作成します。この「けいこばにっし」のカラーコピー版をあなたのお手元へ。

 

・レインメーカーキャストサンクスムービー
2018年4月公演『レインメーカー』に出演するキャストが撮影した支援してくださった皆さまへの御礼ムービーです。こちらもこのプロジェクトに出資して頂いた方への限定ムービーとなっております。

 

・マナナン・マクリル舞台で写真撮影(東京公演のみ3名限定)

『マナナン・マクリルの羅針盤』の終演後のステージ上で購入者の方と記念撮影をします。その際、劇団から劇中に登場するキャラクターの一部衣装をお貸しします。一人芝居では絶対に登場しないキャラクターのコスプレをし、登場人物として林遊眠とともに写真を撮影しませんか。こちらの引換券は東京公演のみかつ3名さま限定といたします。

 

・4月大阪公演「レインメーカー」キャスト「けいこばにっし」オリジナル版(1名限定)

大阪公演『レインメーカー』で、劇団員+客演の役者さんとともに手書きの交換日記「けいこばにっし」を作成します。この「けいこばにっし」をそのままあなたのお手元へ。手書きのオリジナル版ですので、こちらは1名さま限定です。

 

・ナツメクニオ脚本執筆(1名限定)

劇団ショウダウンの主宰であり、作演出のナツメクニオが、あなたのために脚本を執筆します。1回分の上演権も含まれています。なお、著作権は譲渡せず、ナツメクニオ名義のままとなります。再演を行う場合は別途、上演申請を行っていただきます。
 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)