READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

世界メンタルヘルスデー東京タワーシルバーライトアップイベント

NPO法人シルバーリボンジャパン

NPO法人シルバーリボンジャパン

世界メンタルヘルスデー東京タワーシルバーライトアップイベント
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月10日(月)午後11:00までです。

支援総額

147,000

目標金額 1,000,000円

14%
支援者
16人
残り
14日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月10日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 はじめまして、私は特定非営利活動法人シルバーリボンジャパンの関と申します。

 精神疾患(障害)の理解促進や偏見をなくす目的で、シルバーリボン運動という普及啓発活動に取り組んでいます。 

 精神疾患は誰が罹患しても不思議ではありません。時間はかかれど回復することができます。そして何より苦しかったその経験は、後に大きな財産となりました。

 多くの人にこの事を知ってもらおうと、自身の当事者経験を生かして15年以上活動を継続してきています。

 これからもシルバーリボン運動を通じて、精神疾患(障害)の当事者やその家族が前向きに生活できる社会の実現を目指していきたいと思います。
 それにつなげるための当プロジェクト、皆さまのご協力を心よりお願い申し上げます。


写真左:理事 / 稲沢 公一(東洋大学ライフデザイン学部教授)
写真右:代表 / 関 茂樹

東京タワーシルバーライトアップイベント(当プロジェクト)特設サイトはこちら


【お願い】

 

【ご協賛をお願いするイベントの内容】

 2022年10月10日の世界メンタルヘルスデーに合わせて、10月7日~10月10日の4日間、東京タワー内の会場でメンタルヘルスの普及啓発イベントを行います。


 そして10月10日当日は、メンタルヘルスの理解促進と精神疾患に起因することから厳しい状況にある人へ希望の灯を届けたく、東京タワーのシルバーライトアップを行います。

 このイベントを開催するにあたり、相応の開催費用が必要となります。そこで、当プロジェクトに皆さまからご賛同いただき、皆さまと共に作り上げるイベントにしたいと思います。

 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



<世界メンタルヘルスデー>とは

 1992年に世界精神保健連盟が、メンタルヘルスの問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。
 その後、世界保健機関(WHO)も協賛し、正式な国際デー(国際記念日)とされています。

世界メンタルヘルスデー2022(厚生労働省)


<シルバーリボン運動>とは

 シルバーリボンは脳や心に起因する疾患(障害)およびメンタルヘルスへの理解促進を目的とした運動のシンボルです。統合失調症への理解を求める取り組みとして、1993年に米国カリフォルニア州からはじまりました。

 どんよりとした雲の隙間からこぼれる太陽の光が、銀色に輝き、それが希望の光のようだったことから、シンボルカラーがシルバーとなりました。

 その取り組みは年月と共に発展し、現在では脳や心に起因する疾患(障害)・メンタルヘルスへの理解を促進する運動として、脳や心に起因する疾患(障害)に対する誤解や偏見を和らげ、それらを抱えるご本人やそのご家族が前向きに生活することができる社会の実現を目指して、世界規模で展開されています。

 日本では2002年に福島県の浜通り地方(楢葉町)からはじまり、現在はNPO法人シルバーリボンジャパンが、脳や心に起因する疾患(障害)やメンタルヘルスに関する事柄に対し、多くの方々に目を向けてもらえるよう、毎年10月10日の世界メンタルヘルスデーに合わせて普及啓発イベントを行っています。

シルバーリボンジャパン公式サイト

 

【プロジェクトを立ち上げた理由】

 私たちは2011年から10月10日の世界メンタルヘルスデーに合わせて、メンタルヘルスへの関心を高める目的で普及啓発イベントを行ってきました。 

 2020年からは厚生労働省や東京タワーのご協力のもと、多くの人にメンタルヘルスにまつわる事柄に興味・関心を持っていただきたく東京タワーのシルバーライトアップイベントを行い、情報発信をしてきました。 

 そして2022年の世界メンタルヘルスデーは、より多くの人に取り組みを知っていただき、よりスケールアップした形でシルバーライトアップイベントを開催したいと考え、当プロジェクトを立ち上げさせていただきました。 

 日本の首都東京、そして東京のシンボルでもある東京タワーでシルバーライトアップを行い、今まさに困難な状況にある人に夢と希望を帯びた銀色の灯が届くことを願っています。ご協賛のほど、よろしくお願いいたします。

厚生労働省とのイベント開催(2020年~2021年)
2020年度世界メンタルヘルスデー
2021年度世界メンタルヘルスデー

⇩今年も同イベントが開催されます⇩

世界メンタルヘルスデーJAPAN2022特設サイト 



精神疾患に関する社会の動向


【これからの世界メンタルヘルスデー】

 上述したとおり、私たちシルバーリボンジャパンが10月10日に世界メンタルヘルスデーの普及啓発イベントを開始したのが2011年。

 その頃はまだ日本国内の世界メンタルヘルスデーに対する認知度はかなり低いものでした。しかし11年経過した現在は、メンタルヘルスの社会的関心も高まり、それに伴うかのように世界メンタルヘルスデーの認知度も向上しています。

 これからはメンタルヘルスの社会的関心を高めるだけでなく、メンタルヘルスを正しく理解する。他人事ではなく、主体的にメンタルヘルス分野の課題解決を目指す。私たち一人一人にこのようなことが求められていくように思います。

 そのような流れを作り出すために、これからの世界メンタルヘルスデーは、「皆が主体的に参画する。皆で築き上げる。」を重要なテーマに据えて、普及啓発イベントを行っていく必要があるように思います。

活動参考写真


写真左:ThoughtfulGift理事 中島 写真中央:ThoughtfulGift代表 菊池
写真右:シルバーリボンジャパン代表 関


2022年6月の横浜開港祭でThoughtfulGiftと共同出展したブースは、
10月10日に東京タワーでも出展します。


イベントで精神科病院に入院中の方へ向けたメッセージカードを集めて、
寄付品と共にお送りしています。


イベントでは、ブースにお立ち寄りいただいた方に、
ご協賛いただいたメイベリンNYさんのコスメ用品をプレゼントしました。


当プロジェクトの達成に向けて、ご協力のほど、よろしくお願いいたします!!

プロジェクト実行責任者:
関 茂樹 シルバーリボンジャパン
プロジェクト実施完了日:
2022年10月10日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

今年の世界メンタルヘルスデーは東京タワーを拠点として、従来よりパワーアップした形で開催したいと思います。また、当イベントは、私たちシルバーリボンだけで開催するのではなく、企業、団体、個人の枠組みを超えて、皆さんに主体的に関わっていただき、皆さんと共にメンタルヘルスの社会的関心を高めていくことを実現させたいとの思いから、この度のプロジェクトを立ち上げさせていただきました。プロジェクトで集めた資金につきましては、メンタルヘルスデー2022のイベント開催費用(会場代、設備費、人件費など)に充当させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
実際に必要となるイベント費用と目標(当プロジェクト達成)金額との差額は、企業・団体からの協賛金や自己資金から補填いたします。万が一プロジェクトが成立しなかった場合も、自己資金からイベント費用を捻出し、イベントを実施いたします。

プロフィール

NPO法人シルバーリボンジャパン

NPO法人シルバーリボンジャパン

特定非営利活動法人シルバーリボンジャパンは、精神疾患への理解を促進することを目的とした「シルバーリボン運動」を14年に渡り続け、2020年からは毎年10月10日の「世界メンタルヘルスデー」に合わせたイベントを厚生労働省と行うなど、精神疾患への理解促進を担う団体として活動しています。

リターン

3,000+システム利用料


シルバーリボン公式ピンバッジ+お礼メッセージ

シルバーリボン公式ピンバッジ+お礼メッセージ

シルバーリボン運動のシンボルとなる公式ピンバッジです。こちらのピンバッジには、「脳や心に起因する疾患(障害)に理解ある社会の実現を目指して」とのメッセージが込められております。ピンバッジを身の回りのものに装着していただき、脳や心に起因する疾患(障がい)に対する無知・偏見などを是正し、理解ある社会を創出する目的にご協力ください。

商品情報
サイズ:縦約3.3cm、横約1.5cm

支援者
9人
在庫数
481
発送完了予定月
2022年12月

5,000+システム利用料


シルバーリボン公式マグネット(円形)+お礼メッセージ

シルバーリボン公式マグネット(円形)+お礼メッセージ

シルバーリボン運動のシンボルとなる公式マグネットです。こちらのマグネットには、「脳や心に起因する疾患(障害)に理解ある社会の実現を目指して」とのメッセージが込められております。マグネットをお車などに装着していただき、脳や心に起因する疾患(障がい)に対する無知・偏見などを是正し、理解ある社会を創出する目的にご協力ください。

商品情報
サイズ:直径約12cm

支援者
4人
在庫数
496
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


精神障害を抱える当事者アーティストデザインTシャツ

精神障害を抱える当事者アーティストデザインTシャツ

精神障害を抱える当事者アーティストデザインTシャツ1着とお礼メッセージをお送りいたします。
Tシャツは、白地の前面に黒縁のアート作品のデザインが使用されます。
TシャツのサイズはXS、S、M、L、LL、3Lからお選びいただけます

支援者
3人
在庫数
93
発送完了予定月
2022年12月

100,000+システム利用料


alt

【企業・団体向け】世界メンタルヘルスデー特設サイト広告バナー(サポーティングパートナー枠)

寄付完了後に事務局からメールでご連絡しますので、ロゴデータをご提供ください。もしもロゴを所有していない場合は、社名や団体名を掲載することも可能です。
・掲載WEBサイトのURL:https://mentalhealthday.jp/
・掲載期間:寄付後 ~ 2023年8月末まで(予定)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

250,000+システム利用料


alt

【企業・団体向け】世界メンタルヘルスデー特設サイト広告バナー(スペシャルパートナー枠)

寄付完了後に事務局からメールでご連絡しますので、ロゴデータをご提供ください。もしもロゴを所有していない場合は、社名や団体名を掲載することも可能です。
・掲載WEBサイトのURL:https://mentalhealthday.jp/
・掲載期間:寄付後 ~ 2023年8月末まで(予定)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

プロフィール

特定非営利活動法人シルバーリボンジャパンは、精神疾患への理解を促進することを目的とした「シルバーリボン運動」を14年に渡り続け、2020年からは毎年10月10日の「世界メンタルヘルスデー」に合わせたイベントを厚生労働省と行うなど、精神疾患への理解促進を担う団体として活動しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
56人

注目のプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
もりねこ|保護ねこレスキューシェルター&不妊手術病院を開設します! のトップ画像

もりねこ|保護ねこレスキューシェルター&不妊手術病院を開設します!

認定NPO法人もりねこ 工藤幸枝認定NPO法人もりねこ 工藤幸枝

#子ども・教育

131%
現在
15,773,000円
支援者
783人
残り
8時間

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする