プロジェクト概要

初めまして!学生国際協力団体SIVIOです!

初めまして!

私たちは学生国際協力団体SIVIOです!
我々の団体は、2007年に創設された、関東・関西・東海から成る全国規模のラオスへ教育支援をしている学生団体です。

私たちSIVIOの活動は主に4つ

・春と夏、年に2回のスタディーツアーでの現地調査と、子供たちとのPJ
・年に数回のチャリティーイベント
・月に2、3回の募金活動
・週に一回のミーティング

以上のような活動を通して、これまで10年間ラオスに教育支援を無事し続けてきました!

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

 

「何かしなければならない」

 

 

 

6000人以上の家が流され
未だ120人以上の行方不明者。
約30人の死者。

ラオスのダム決壊による被害を知り、
10年以上ラオスと関わりを持ち続けてきた私たちはそう強く思いました。

しかし募金サイトも探しても、未だ見つかりません。
ならば、自分たちで作り上げればいい!そう思って今回このプロジェクトを立ち上げました。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

 

とにかく少しでも支援金を!

 

 

 

集まったお金は、私たちSIVIOから、ラオス大使館を経由し、ラオス政府へと送られ、必要な物資や復旧費用に充てられます。

 

参考記事:https://www.asahi.com/articles/ASL7Y03ZZL7XUHBI01X.html

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

 

ほんの少しのお気持ちが、大きな力となります!

 

 

 

ラオスのダム決壊をうけてから約4週間が経とうとしています。人命支援には即効性が伴われるため今からでは遅いじゃないかと思う方もいるかもしれません。

確かにその通りです。

しかし、ラオスの人々の未来はこれからの支援によって決まります。
ラオスの子供達はキラキラした夢を抱いて一生懸命勉強をしています。
私たちは子供たちの輝く姿をずっと見てきました。そしてそんな子供たちを温かく見守り、応援する家族を見てきました。
それなのにダム決壊によって、なんの罪のないラオスの人々の夢を奪ってしまうなんてことは絶対あってはいけないことです。

これからも夢を見て、勉強してもらいたい、毎日家族みんなで一緒の家で幸せに暮らしてほしい。

「未来」に対する支援は、今だからこそやらなければいけません。

私たち学生に出来ることには限りはありますが、私たちだからこそ出来ることを精一杯実行していきます。

あなたのほんの少しのお気持ちが、大きな力となります。

少しでもご理解いただけましたら、ご協力をよろしくお願いいたします!

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

 

感謝の手紙、ラオスの写真、ラオスの郷土品:ラオパンを用意しています!

 

 

 

手紙と写真は支援して下さった方全員。
ラオパンは五万円以上支援して下さった方に送らせて頂きます。
デザインなどはご希望に添いかねますがご了承ください。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

*2018年11月10日までにラオス大使館を通じて、ラオス政府へ支援金が送られ、災害支援金として使用されます。