プロジェクト概要

音楽と映像を融合させ、あなたの心に届かせたい!

 

皆さん初めまして。大阪を中心に活動している音楽ユニットSKYzART(すかいあーと)ギターリスト直哉です。SKYzARTはボーカル奈美、ギター直哉の二人からなるユニットです。僕たちは,自分たちが信じる音楽、心を打たれる音楽を多くの方に届けるために活動しています。また活動を通して一人でも多くの方に刺激を与え、そしてその方がより前向きに自分の人生に向き合うきっかけとなれるような活動をしています。

 

そして今回新たな挑戦をします。それは結婚式場でウエディングストーリーを軸にしたワンカット撮り、ミュージカル、ファンタジー、そして今話題のフラッシュモブの要素も兼ね備えた「告白メガネ」というミュージック・ビデオを作成することです。

 

しかし、そのための40人以上のダンサーや出演者の方の衣装代などが足りていません。とにかく見てくれた方の心に響くようなミュージック・ビデオを作りたいです。どうかご支援頂けないでしょうか。

 

 

 

僕たちが特に注目しているのは音楽と映像の融合です。

 

僕たちはこの2つがコラボレーションすることで1+1が2ではなく、3にも4にもなるのではないかと思っています。そのため、楽曲製作はもちろん、ライブだけでなくプロモーションビデオの製作にも力を入れてきました。

 

しかし僕たちは、「とりあえずできた、作って満足」ではなく、「本当にこれで音楽を聴いた人、PVを見た人の心に触れられるのか?」を真剣に、またある時は冷徹に作品を見ます。そして幸せなことにそんな僕たちの考え方、音楽に共感してくださる仲間が増えていき、「楽しいことしようぜ!」「SKYzARTと組んだらおもしろことができる」「今度は何を計画してるんですか?」など、周りからいってもらえるようになってきました。

 

 

そして、いつしか僕らの活動の合い言葉が

『大人の真剣な遊び』になっていました。

 

僕たちは事務所に属するわけでもなく、既にそこにある人脈などがあるわけではありません。それでもどうしたら自分たちを含め,周りがハッピーになれる活動ができるのか、とにかくどうしたら見てくれた人が少しでも幸せを感じてもらえるかを真剣に考えています。

 

たとえ新しく生まれたアイデアが、挑戦したことのないものでも「これはいける!!」と挑戦する力、そしてそれを支えてくれる素敵な仲間たち。

この全てが僕たちのアイデンティティではないかと思っています。本気で楽しみ,本気でいいものを、本気でやれる限りのこと!そして支えてくださる全ての人への感謝を忘れずにをテーマに活動してきました。

 

(2014年に学校をかりてドラマ仕立てのPVを作成しました)

 

 

 

(またその後上のPV公開を記念してイオンシネマにて「劇場版SKYzART」という試写会イベントを行いました。)

 

 

 

(下の写真は7月のライブ後真ん中2人がSKYzART奈美、直哉、両サイドがスタッフです。)

 

 

今回のミュージック・ビデオの詳細

 

大阪にある結婚式場、ルクロドマリアージュにてSKYzARTの新曲「手と手」のミュージックビデオ(PV)を8月10日に撮影予定です。今回の作品のポイントはワンカット撮り,(つまり一つのカメラではじめから最後まで一気にとってしまう手法)、それでいて舞台が結婚式場ということもあり、フラッシュモブの要素も取り入れつつ、ミュージカルの要素も合わせもった作品にしようとしています。出演者の人数も40人以上と過去最高の規模でやります。

題して「告白めがね」というタイトルで考えています。おもしろくありませんか?

 

僕たちは自分たちで1から作り上げるのが好きで、衣装なども既に完成しているものではなく、いろいろと作り上げて来ました。また、協力してくれるダンサーたちとも細かく練っていき進めています。

 

 

 

実は今回のプロジェクトには素敵なきっかけがありました。

 

すごく奇跡的な話なのでぜひとも皆さんにお話させていただきたいのですが、去年僕たちが作ったPV、Dearの公開記念イベントにたまたま今回共同企画して頂く結婚式場のルクロドマリアージュのシェフが見に来て頂いており、

「ぜひうちでも何か面白いことを企画してください!!」ととってもとってもうれしいお言葉を頂きました。

 

自分たちの活動を通して新たなつながりができ、そこから次のステップが見えた,こんなチャンスめったにないことで、何よりこんなにも感謝できることはないと思っております。そこで僕らが考えた答えが今回のPV「告白めがね」製作です。

 

(実際に撮影予定の現場の一つです。)

 

 

実は僕たちには一つのポリシーがあります。それはお金を何でもかんでもかけたから良い訳ではない、知恵をだして乗り切った結果すばらしいものができる

というものです。

 

しかし、今回は出演者が40人以上、しかもファンタジーの要素も兼ね備えているため、一人当たりの衣装代が小さくとも合わせると大きくふくれあがります。また、撮影現場をどの角度から人の顔をとっても影にならないように新たに2、30個の電球を追加。ウエディングドレスのクリーニング代、花束、部屋の装飾など、、、撮影方法にいくら知恵を出してもそこだけはどうしても避けられないものでした。

 

そこで今回僕たちがやろうとしていることに、あるいは考え方にちょっとでも共感してもらえ、また作品誕生を応援してくださる方を求めて挑戦させて頂きました。どうか皆様ご協力頂けないでしょうか。

 

 

 

感謝の反対は当たり前。当たり前のようで実はとっても幸せな日常に一人でも多くの方が目を向けてもらえるような、そして気付いてもらえるような作品にしたい。

 

今回つくるミュージックビデオはより多くのかたに見てもらえるような内容、曲調に仕上げます。僕たちSKYzARTはどんな形であれ関わった人にハッピーになってもらいたい。皆さんにはすぐ側にかけがえのない人がいると思います。しかし近いがためにその愛おしさを忘れかけているかもしれません。そんなのもったいないことはない!!もしそうならもう一度大切さに気づいてもらえたら,、、そんな思いで製作します。見てくださった方に今、目の前にある幸せを感じて頂けたらこんなに嬉しい事はありません。

 

 

また,今回の活動に限らず僕たちが思っていることがあります。

 

たくさんの数の人がこの世にいて、たくさん数のミュージシャンがいて、ネットを開けばたくさんの数の映像があふれています。そんな中、偶然か必然か僕らに目を向けてくれた方、応援してくださる方々、そんな方々に少しでも幸せな気分になってもらいたい。また音楽や映像を通して少しでも幸せになってもらいたいんです。

 

 

 

『伝わる人には伝わる』そう思って行動しています。

 

超有名なビッグアーティスト、プロデューサーが最高の設備と最高の人脈で最高の作品を作る、それはすばらしいことです。しかし僕たちは名もないアーティストです。

 

それでもそんな僕らが世の中を驚かすものを作ったとき、それは「あいつらができるんやったら俺にもできるんじゃないのか?」「俺も挑戦してみよう!!」そんな流れを呼び起こすきっかけになるやも知れません。

人間とは僕も含め不思議なもので、誰かができると急に周りもできるようになるものです。その一つのパイオニアに僕らがどこまでなれるのか、それは神のみぞ知るとして、今は目の前のPV製作に全力で挑みます。ご愛読、お付き合いありがとうございました。ぜひともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ 引換券について ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記の引換券をお送りします。

 

3,000円

・サンクスメール

15,000円

・サンクスメール

・CD

・DVD

20,000円

・サンクスメール

・CD

・DVD

・pvの映像最後に名前をクレジットする権利

30,000円
・サンクスメール
・CD
・DVD

・pvの映像最後に名前をクレジットする権利
・絵コンテ

50,000円

・サンクスメール
・CD
・DVD

・pvの映像最後に名前をクレジットする権利
・絵コンテ

・衣装

 

☆CDについて☆

SKYzARTの現在発売されている3つのシングルCDです。

 

・DEAR 学校で撮影したミュージックビデオの題材となった音楽で、頑張ろうとしているみじかな人の背中をそっと押すバラード。

 

・Lifeは人生とは何か、生きていくとは何か、という問いに真っ向から向き合った僕らの考えるロックなサウンド。


・beyondは何かを掴むため、夢を追いかける意気込みをデジタルロック。

 

☆DVDについて☆

今回のミュージック・ビデオを収録したDVDをお届けいたします。

 

☆絵コンテについて☆

 

5分ほどの映像の中で40人前後のエキストラがでてきます。
それらの動きをそれぞれの出演者にどう仕切り、どう伝えるのか、それを描かれたものがこの絵コンテです。紙の上でこのように表現されていたものが実際の作品でどうなっていくのか、照らし合わせながら見ていただくとたのしめるかも知れません。

 

☆衣装について☆

登場する女の子のうちメインの女の子が着る衣装。早着替えができるような仕掛けをつける予定です。作品の中でうまく変身できることを是非みなさんも祈って見てあげてください!

(ただし撮影用に作られるモノで,日常用に使うためのものではなく、また縫い目等もカメラに写る見栄えのみを意識したものですのでそこを了承お願いします。また、写真の絵は試作段階で実際には変更等をくわえる可能性があります)


最新の新着情報