本日5/27、東京で行われた

最終処分場技術システム研究協会(LSA)主催の

「環境講演会・研究成果発表会」で、

佐藤貴志さんの「水質浄化装置YOU」の研究成果が発表されました。

学会の研究者2800人から選ばれた2名と

主催した研究機関の研究グループが発表する場でした。

発表者は有名大学の博士と佐藤さん。

しかも、佐藤さんは本職の研究者ではなく、

会社員をしながらプライベートで進めている研究です。

また、レインボーチルドレンの設立理事の一人です。

 

でも、水質浄化装置YOUを使った土地浄化の成果発表は、

世界初となる研究成果でした。

 

そんな佐藤さんの今回発表までの道のりを追っていきます。

(facebookより転載します)

 

 

(2013.10)

 

何人の応募があったかは分からないが、
全国で2人が選ばれる
その中で、僕も選んでいただけた。
僕と同じ環境で働く方々へ、また後世に清浄な土地を残すため、
少しでもお役に立てることを心から願う。
今年度から自腹での研究であったため、

本当に驚いた。

僕の研究は、土地の浄化を行っている。
この研究を進めているのは、
僕の開発した水質浄化装置YOUの2号機。
僕には、本来職務があって時間が足りない。
だから、YOUが僕のアシスタント。
YOUのコントロールユニットは、装置の制御だけでなく、
遠隔制御や実験データの収集をしてくれている。
YOUと僕は、いつもスマホやPCで繋がっている。

学会では、チームを組んで大学と協力しながらという研究が多い。
そんな中、僕は趣味でひとり。
少し心細い気もするが、
選んでいただいた以上、
全力で取り組む。

 

 

日本初を世界へ(2014.4)

 

僕は、社会に広く、
『無償で提供できてコストがかからない技術』を開発して提供したい。
さらにメンテナンスフリーなら、
途上国でも使うことができる。
また、僕の開発コンセプトは、
化学薬品等は、いっさい使用しない。
そして、水道不要。
水質浄化装置YOUは、
自然の浄化する力を
最大限に引き出す装置。
家庭用100V電源さえあれば、
現地の汚水から
浄化水を作り出し、地下を洗浄できる。

論文〆切りまであと8日

写真のグラフは、
16万件分のデータから作った。
(全部で22万件くらいある)

普通に学会で発表するのとは違い、
今回の僕の研究は、
全国で選ばれたため、
注目を受けたり、検証が入ることが
十分考えられる。
 

その一方で、
学会の過去5年間の論文を調べたけど、
僕とYOUの成果がいちばん大きい。

環境基準をクリアするのは確実、
それより半分まで浄化可能だ。
すでにこの1年間は、
実証実験だった。
たぶん、この研究での、
ここまでの成功は、日本初になると思う。

 

 

世界初の成果をスラムへ(2014.5)

 

たった今、
研究成果の論文と発表用のパワーポイントを提出した!!

ほんまに頑張った!!
いろんな事を我慢して、
毎日体力の限界まで打ち込んだ。
支えてくれた友人たちに、
心からありがとう。

今夜から、発表当日まで練習はするけど、
今夜は羽を伸ばすぞー
やりたいこといっぱい

今回の最新の研究成果は、
水質浄化装置YOUの力。
今回、僕が大きな成果を出せたのは、
他の研究者様たちが、
YOUのような強力な武器を持っていないため。
(学会の研究調べたけど、たぶん世界初。)
YOUにも感謝。
また、YOUの次の目標は、
スラムの子どもたちのための水質浄化。

現地の水質は、
おそらく現在のYOUの性能からだと、
水質の的(まと)を修正が必要と思う。
(現在は超強力汚濁水専用機)
まずは、スラム専用機のYOUの設計をして、
4号機を制作する。

同時に、
市に相談して、ボランティアで川の浄化を
させていただくつもり。
スラムに行く前に、実証実験。
まだまだがんばるぞ。
 

(転載おわり)

 

水質浄化装置YOUと共に、この研究に心血を注いできた佐藤さんに心より敬意を表します。

そして、レインボーチルドレンのメンバーとして志を共にし、これから社会のために働いていけることを嬉しく思います。

 

団体設立当初は、彼がプライベートで進めている研究が「スラム」で活用されるとは夢にも思っていませんでした。

これは運命ですね!

 

次回もYOUのレポートを続けます。