支援者の皆様

たくさんの支援ありがとうございます!

 

おかげさまで21%となりました。感謝しています。

あと75日で158万円ですが、全力で頑張っていきます。

 

また、たくさんのコメントを頂きました。大変嬉しく思っています。

 

カメちゃんケンちゃん様、本気の応援コメントありがとうございます!

 

>ぜひ頑張ってください
>私は多発性硬化症を十数年前に患い主に左半身に麻痺が残ってしまいました
>脚のほうが強いしびれがありますが近頃は左手の指の力が入り難くなってきてしまいました
>洗髪の際髪の毛を絞るのが大変です
>何だか相談メールのようになってしまいましたが応援してます
>頑張ってください!
>ps:働いておりませんので自由に遣える金額が少ないので心苦しいですが…上手く行きますように

 

皆様にパワーを頂き、ますます頑張っていく力が湧いてきました!

 

さて、今回は、進捗状況(安全面)のご報告です!

リハビリ機器なので、安全面は考慮されているの?という質問をよくいただきます。

 

そこで、今回のリハビリ機器で安全面について3つの内容を検討しました。

 

 

1.指にとって安全な範囲の力のみ掛けるようにする

 

今回採用するモーターでは、指に掛ける力を細かく制御することができます。

そのため、指にとって安全な範囲の力(熟練セラピストの力は0.3[n・m]と言われています)以上の力が掛からないように制御することで、指を安全に屈曲・伸展させることができます。

 

2.無理に指を曲げ伸ばししない

 

今回採用するモーターでは、意図した通りに指を屈曲・伸展できているかを認識することができます。そのため、指が固くて動かないときに無理に動かすことはせず、動作を停止することができます。

 

3.いつでもすぐに停止できる

 

緊急停止ボタンをつけることで、いかなるときもすぐに停止できます。

万が一動作がおかしくなったときや、急に指が痛くなって停止したいときでもすぐに停止することができます。

 

皆様が安心して使えるよう、さらなる努力を続けていきます。

 

最後に、皆様へお願い

 

ともかくも、プロジェクトが成立しなければ、生産を開始することができません。

是非、周りのみなさんにも声を掛けて頂き、プロジェクトの支援が集まるようにしていただけませんか?

みなさんの支援が集まるかがプロジェクトの成立に大きく掛かっています。

医療関係施設に無償でリハビリ機器を届けるために、より一層のお力添えをお願いします。

 

 

新着情報一覧へ