プロジェクト概要



スノーフレークでの繋がりを、これからもずっと。
カフェ「あすてる」のオープンを皆で後押しプロジェクト!

 

はじめまして、合同会社スノーフレークの田中順子です。2014年から大阪府高槻市で、障がい児通所事業である放課後等デイサービスの「りとるまーち」と「わんすてっぷ」を始めました。お子さまの笑顔と成長を大切にしたいという想いのもと約20名の職員と共に事業を行っています。

 

この施設では主に支援学校に通う小学校1年生~高校3年生までのお子さまをお預かりし、人とのふれあいを感じていただいたり、自立に向けてスキルを身に付けられるように日々支援を行っています。

 

 

児童と関わるようになって5年が経ちますが、毎年卒業の時期になるとこれまでの関係が終わることに寂しさがあります。保護者様も同様に卒業と同時にお付き合いが途切れてしまうことに対して「寂しい」とは口にされます。

 

そこで今回、「卒業後も皆さまと関われる場所をつくりたい!」「働ける場所もつくりたい!」という思いから、気軽に立ち寄れるカフェであり就労継続B型施設でもある「あすてる」を高槻市にオープンすることを決めました。

 

「あすてる」オープンにあたって、新たに借りた物件を利用者の皆さまが快適に通所し、使えるよう、リフォームいたします。工事費用は合計約450万円がかかります。

 

DIYを行い、自己資金を捻出することで約400万円分はなんとか捻出できそうですが、今後の運営を考えるとこれ以上は苦しいのが正直なところです。そこで今回、クラウドファンディングを利用させていただき、皆さまから最低限必要な外装工事費用50万円を募らせていただきます。どうか私たちの新たな取り組みの後押しをお願いいたします!

 

 


きっかけは保護者様たちの声からでした。
「施設卒業後も気軽に相談できる場所がほしい…」

 

施設に通われている方は、高校を卒業することで、環境が一転してしまいます。今まで相談できていた、学校・施設が一度に変わってしまうという不安を抱えたまま卒業していきます。長い方は小学校から高校まで、同じ支援学校で入所から卒業を迎えるので、1度に相談口がなくなってしまいます。

 

子どもだけでなく、保護者様もまた、不安な状況で人間関係を1から始めなければならないため、「寂しい」、「卒業後も関われる場所がほしい」との声を耳にします。卒業目前の保護者様は、できるだけたくさん相談の予約をされ、残りの時間でなんとかご不安を解消しようと施設に通われます。

 

このような状況をなんとかしたい、卒業しても気軽に寄っていただける場所を作りたいとと思った私は、昨年から職員と相談を重ね、カフェ「あすてる」のオープンを決意しました。

 

この話を知った保護者様は「えっ??すごい!嬉しい!!絶対娘と行きます!!場所は何処ですか??みんなきっと喜びますよ!!」と、私の想像を超えた好反応を見せてくださり、さらにこの活動への決意が固まりました。

 



卒業後も繋がれる場を。
気軽に来られる、
カフェ「あすてる」オープン!

 

「あすてる」の2つの役割

 

1つ目は「就労継続支援B型施設」としての役割です。施設を卒業しても、全く知らない場所ではなく、私たちが運営するカフェでお仕事をしていただけます。お仕事はカフェで提供する飲み物や軽食の提供、接客があります。

 

また、放課後等デイサービスで提供する毎日のおやつを準備し、デイまで届けることを担います。製作と製作物の販売もあり、店頭販売とネット販売の2種類を考えています。それらを通じて利用者様には社会に出る力を備えられるよう支援いたします。現在放課後等デイサービスを利用している児童の実習場所として提供したいと考えています。

 

2つ目は「コミュニティ」の役割です。放課後等デイサービスの利用中の保護者様、卒業後の保護者様に足を運んでもらい、悩みや愚痴を話してすっきりしてもらったり、他事業所や地域情報を得られる場として活用をしてもらえるようにしていきたいと考えています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

▶︎カフェ「あすてる」概要◀︎

<場所>

大阪府高槻市栄町4丁目22番21号

<オープン予定日>

2019年秋頃予定

 

<資金使途>

階段工事:728,899円
左官工事:103,500円
内装装飾工事:201,250円
必要金額合計:1,033,649円

 

※皆さまからいただいたご支援は「あすてる」の階段と玄関の改修の一部として使用させていただきます。

※工事完了は2019年8月までを予定しています。

 


子ども達が、光を放ち社会を輝かせる存在となるように。
「あすてる」はその小さな一歩です。

 

私たちは支援をする立場ではありますが、人としての大切なことを、児童と、そして保護者の皆さまから日々いただいています。スノーフレークの花言葉そのものである純真な児童と関わることに感謝し、そのお返しがしたいと考え、ずっと繋がっていける場所作りをしようと思いました。

 

障がいをもつ子ども達が光を放ち社会を輝かせる存在でありますように「明日照る」の意味を込めてカフェ「あすてる」は動き出しました。その思いに賛同し、一緒に歩んでいこうと思ってくれる職員と共に小さな一歩を喜びつつ、これからも進んでいきたいです。

 

皆さま、どうか応援、ご支援のほどよろしくお願いします!

 

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)