READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

NPO・社会起業家が5000円/月〜利用できる日本橋のオフィス

柚木理雄

柚木理雄

NPO・社会起業家が5000円/月〜利用できる日本橋のオフィス

支援総額

300,000

目標金額 300,000円

支援者
31人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています

プロジェクト本文

社会起業家・NPOが5000円/月~利用できるコワーキングスペース・

シェアオフィス「ソーシャルビジネスラボⅡ」11月1日にオープンします!

 

皆様、初めまして!NPO法人芸術家の村で理事長をしています、柚木理雄と申します。NPO法人芸術家の村は、これまでも、社会起業家・NPOがミーティングやセミナーなど多目的に利用できるスペース「ソーシャルビジネスラボ」の企画・運営や、空き家の再生などを行ってきました。


今回、私たちは社会起業家・NPO向けのコワーキングスペース・シェアオフィス「ソーシャルビジネスラボⅡ」を2015年11月1日にオープンします!場所は、都心の日本橋。最寄駅は水天宮前、茅場町、人形町の3駅で駅から徒歩数分です。打合せ、セミナー、イベント、展示会などに500円/時間~利用できる1号店で「ソーシャルビジネスラボ」の向かいのビルでオープンします。


ソーシャルビジネスラボのようなNPOが時間単位で利用できるスペースは少しずつ増えてきました。

一方で、事務所として「登記」ができる場所、NPO同士のつながりが生まれる場所は、まだまだ少ないのが現状です。
また、家賃などの負担を少なくしようと思うと少し駅から離れたり、都心から離れざるを得ない状況です。


ソーシャルビジネスラボⅡは、5000円/月~利用でき、またNPO等の立ち上げ時に必要となる事務所の「登記」ができるオフィスとして利用できます。
また、1号店と一体的に運営をすることで、NPO同士のネットワークを構築し、新たなソーシャルビジネスを生み出すことを目指します。

 

 

(ソーシャルビジネスラボ全体像)



社会問題の解決に集中できる「場」を創りたい

 

私がNPO法人芸術家の村を立ち上げたのは3年前です。しかし最初の1年間は本当に少しの活動しかできませんでした。その理由の1つが、本来の活動ではなく、打ち合わせ場所探しに大きな時間を使ってしまっていたからでした。

都内のカフェの会議室では、2万円以上の費用がかかったり、打合せ場所を見つけるだけで2時間以上も探しまわったこともあります。


一方で、2年目にソーシャルビジネスラボを立ち上げてからは、どんどんと新しいプロジェクトが生まれカタチになりました。

 

<芸術家の村がソーシャルビジネスラボ立上げ後に始めた事業例>

・ソーシャルボランティアプラットフォーム「CollaVol」
http://collavol.com/


・日本の寄付文化に風穴を開ける「SOIF」
https://www.facebook.com/soiforg


・空き家再生プロジェクト「空村」
https://www.facebook.com/soramura


・三保松原地域活性化プランコンテスト
http://mihomatsubaraproje.wix.com/miho-plancontest

 

どんどんと新しいプロジェクトがカタチになったのは、単純に場所ができた、ということもありますが、

もっとも大きいのはこの場所を通じたあらたな人との出会い・つながりができたことでした。


上記は、すべてソーシャルビジネスラボのつながりから、「協働」でやっているプロジェクトです。

 

もちろん芸術家の村以外の方のプロジェクトもどんどんと生まれています。
新規のNPOの立上げの設立総会もよく開催されています。
また新規のプロジェクトではありませんが、これまでやっていたプロジェクトをより拡大していくような取組みも多く生まれています。


例えば、今SBLの1Fでは、Maiteというエシカルファッションブランドの直営店が開かれています。
アルパカのニットのブランドで、ペルーの女性たちが手作りで作った素敵な商品を展開されているブランドです。
これまではECサイトを中心に展開していたのが、新たにSBL1Fに直営店を持つという新展開をしたところ、もともと素敵な商品だったので、日本橋の方からもすごく好評で非常に順調にいっています。

 

(Maiteショップ)

 

 

地域の中のソーシャルビジネスラボ

 

「ソーシャルビジネス」というと少し難しいもののように感じてしまうかもしれません。私たちが「場」を提供したいのは、「自分の住むマチを少し良くしたい」そんな風に思って活動をする方です。ソーシャルビジネスラボも日本橋、という地域の中にある場所としての顔ももっています。


例えば、日本橋の小学校に通う子供たちが、地域にお風呂を借りに来るといったときの会場になったり、ご近所のマンションの組合の方の打ち合わせの場になったり、サークルの活動の場所になったりしています。

 

「ソーシャルビジネスラボⅡ」で実現したいこと

 

ソーシャルビジネスラボⅡは、最大で20席のオフィスになる予定です。オフィスをたくさんの団体や個人で一緒に利用するコワーキングスペースの最大の魅力は、1社で借りるよりも安く借りれるということ以上に、一緒にプロジェクトをやる仲間ができるということだと思います。ソーシャルビジネスラボⅡは、利用者同士が、まさに一緒にプロジェクトを作って共に発展してけるような「場」を創ることを目指しています。


また、ソーシャルビジネスラボⅡの利用者だけでなく、ソーシャルビジネスラボの200ほどの利用登録団体をはじめとした、たくさんの団体とのネットワークから、できるだけ利用者のためになるようなマッチングを行っていきたいと思っています。

 


ソーシャルビジネスラボⅡの利用者が続々決定!
READYFOR限定で少しだけ紹介します!充実の環境で仕事をしてみませんか?

 

・リンクルージョン株式会社
日本初の「マイクロファイナンス機関向け経営情報システム」を構築し、ミャンマーで事業展開
http://www.linklusion.co.jp/


・株式会社碧嘉(ピッカ)
エシカルファションブランド「Maite」「MUJUS」を展開
Maite:http://maite-jp.com/ MUJUS:http://mujus-jp.com/


・NPO法人 Make it Better
NPOをITの力で支援するプロボノ
http://makeitbetter.jp


・株式会社カルミナ
NPOとソーシャルビジネスをICTで支援
http://carmina.co.jp/

 

ソーシャルビジネスラボを実現したいもう一つの理由「空き家問題」

 

最後に、ソーシャルビジネスラボを実現したいもう一つの理由です。

もともと、私自身は「空き家問題」に、取組みたいと思ってNPO法人芸術家の村を立上げました。ソーシャルビジネスラボも空いているこの場所をどう利用したよいのだろうか、から始まりました。


私の父の実家には、将来自分が相続しないといけないかもしれない大きな物件があります。非常に大きな物件で、もともと鉄工所だったため機械がたくさんあり、屋根は崩れ、今の状態で利用を続けるのは非常に難しい状況です。

 

(鉄工所)
 

 

仮にこれを引き継いだ場合、建物などを撤去するだけでも巨額の費用がかかります。また、私自身が育った神戸ではなく父の実家の岡山にあるため、将来住むことも考えられず、誰かに利用してもらえるのかどうかもわかりません。


子供の数が減っている今、1人の子供が引き継ぐ物件の数も多くなってきます。私の場合にも、これだけ大きな物件を引き継いでどうするのかを想像するとこれは個人の問題とされるにはあまりにも大きな問題でした。


このような漠然とした不安を抱えていたことがきっかけとなり日本の空き家について調べたところ、日本には820万戸の空き家があり、たくさんの方が、引き継いだものの利用ができずに困っている現状があることを知りました。

私のすぐ周りの人にも、この話をすると、今まで考えたことはなかったけど、自分の実家にも確かにそんな家があるという方がたくさんおられました。

 

こうして空き家の数が増え続けているにもかかわらず、新築の物件の数は今でも毎年増え続けています。日本の人口が減り続ける中で、です。


私個人の不安からスタートをした空き家に対する関心だったのですが、同じような状況の方がたくさんおられることを知り、これを個人の問題ではなく、社会全体として取組んでいかないといけないと考えるようになりました。


今、芸術家の村の空き家再生の様子は、空き家再生プロジェクト「空村」に一緒に取組んでいる米澤隆建築設計事務所の動画をご覧いただくのが1番良くわかっていただけるのではないかと思います。

 

(空き家再生プロジェクト「空村(そらむら)」)

 

ますます深刻になる「空き家の問題」ですが、この動画を見ると本当に感動します。このようなプロジェクトを一緒に立ち上げる「場」ソーシャルビジネスラボをぜひ一緒に実現させてください!

 

<SBLⅡ概要>
利用用途:コワーキングスペース・シェアオフィス
住所:〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4 2階
最寄駅:東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 人形町駅 徒歩7分
東京メトロ日比谷線/東西線 茅場町駅 徒歩7分
利用料:5000円/月〜
ホームページ:http://social-business-lab.org/coworking/

 

<SBL概要>
利用用途:多目的スペース
住所:〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-6
最寄駅:東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 人形町駅 徒歩7分
東京メトロ日比谷線/東西線 茅場町駅 徒歩7分
利用料:500円/時間〜
ホームページ:http://social-business-lab.org/

 

◆◇◆◇◆◇◆引換券について ◇◆◇◆◇◆◇
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記引換券をお送りします。

 

3,000円を支援していただいた方対象

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)

 

5,000円を支援していただいた方対象

・御礼のメール
・芸術家の村オリジナルTシャツ

 

10,000円を支援していただいた方対象

・御礼メール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)
・芸術家の村オリジナルTシャツ
・SBL利用券5,000円
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

 

10,000円を支援していただいた方対象

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボ利用券10,000円分
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

 

30,000円を支援していただいた方対象

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)
・ソーシャルビジネスラボ利用券3万円分
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

 

50,000円を支援していただいた方対象

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)
・ソーシャルビジネスラボ利用券6万円分
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

もっとみる

プロフィール
柚木理雄
柚木理雄
あったらいいなを想像して創造する「NPO法人芸術家の村」理事長。 「ソーシャルビジネスラボ」を立上げ、社会起業家・NPOの支援を行う。

リターン

3,000

お手軽支援コース

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年4月

5,000

オリジナルTシャツコース

・御礼のメール
・芸術家の村オリジナルTシャツ

支援者
6人
在庫数
14
発送予定
2016年4月

10,000

オススメ支援コース

・御礼メール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)
・芸術家の村オリジナルTシャツ
・SBL利用券5,000円
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

支援者
7人
在庫数
13
発送予定
2016年4月

10,000

・お礼メール
・SBL利用券1万円
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

支援者
4人
在庫数
6
発送予定
2016年4月

30,000

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)
・ソーシャルビジネスラボ利用券3万円
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年4月

50,000

・御礼のメール
・ソーシャルビジネスラボオープニングイベントご招待(4月予定)
・ソーシャルビジネスラボ利用券6万円
※利用券は、ソーシャルビジネスラボ、ソーシャルビジネスラボⅡの両方で利用いただけます。

支援者
2人
在庫数
8
発送予定
2016年4月
プロフィール
柚木理雄
柚木理雄
あったらいいなを想像して創造する「NPO法人芸術家の村」理事長。 「ソーシャルビジネスラボ」を立上げ、社会起業家・NPOの支援を行う。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW

"みんなが笑える日まで"を目指す保育園を次の世代につなげたい

風の子共同保育園風の子共同保育園

#子ども・教育

2%
現在
55,000円
支援者
2人
残り
87日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする