黒岩春地
こんにちは。昭和49年卒の黒岩春地といいます。今、カリブ海に浮かぶ小さな島国、セントルシアで、ボランティアをしています。世界地図には載っていないかもしれない小さな国。日本から一番遠い国。人口18万人の自然豊かな途上国です。アフリカ系黒人が多く(サトウキビプランテーションの労働力としてアフリカから連れてこられた人たちの子孫)私は定年退職後、ここで視覚障碍者の自立支援のお手伝いをしています。この国の視覚障碍者の方に、働くチャンスはほとんどありません。私はこの国に何とか「視覚障碍者のための指圧研修センター」を立ち上げたいと思っています。彼らの働く夢を現実のものにできたらなあ、と思っています。
鳥栖高時代の自分は、新聞配達をし、時々学校をさぼり、仲間が停学になり、夜、みんなで佐賀市まで歩くイベントを計画したり、ずいぶん好き勝手なことをしていたように思います。今思い出すととても懐かしい。そのころ、自分が将来、見知らぬ途上国で働くなどとは、夢にも思っていませんでした。今、この常夏の国の雑踏を歩きながら、人生って面白いな、と思っています。みんなも、自分らしく、生きれるといいね。がんばれ!
それでは、今日も、鳥栖の風を思い出しながら、マーケットに行ってきます。

ふるさとと なりしカリブの 風やさし  

セントルシア JICAボランティア 黒岩春地 (2018.2.1)
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
堀内芳洋(ブータン柔道協会)
協力隊OBです。協力隊を育てる会初代会長でもある茅誠司氏は私の高校の先輩にあたります。その母校に、ぜひ記念誌を贈りたいと思いました。
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
渥美 洋子
2年もの間、海外の今まで会ったことのない人たちのために、考え、悩み、実行している青年海外協力隊の皆さんは、貴重な存在です。日本人として誇らしい、正に国の宝ですね。その隊員の活動を心より応援すると共に、隊員を支える皆様にもエールをお送りしたいと思います。
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
Kanako Tomioka
他に5個のプロジェクトを支援中!
プロジェクトの成功をお祈りしています!多くの人にこの記念誌が届きますように!また事務所に遊びに行きます。
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
SA 後藤
SA 後藤 さん
他に1個のプロジェクトを支援中!
協力隊員の皆様、育てる会、支援のされた皆様の想いが実ることを祈っております!
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
馬場節子
協力隊参加者が増えますように。多くの方々にこの『持続する情熱」を読んでほしいです。きっと新しい勇気がわいてくると思います。
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
Yoshi HARA
Yoshi HARA さん
JOCVの卒業生です。
高校生、大学生に協力隊について関心を持ってもらえればと考えています。
微力ながら、お手伝いさせてください。
大石 精一(一般社団法人協力隊を育てる会)
返信投稿を削除しますか?