米倉先生は偉大でした。

僕のアホさで空中分解しそうだった

ソマリランド大学院構想に息を吹き込んでくれました。

 

 

僕の突破力が手投げ槍だとしたら、米倉先生はバズーカ級。

 

ソマリランドの教育省事務次官、大学の学長、

校長先生たちを圧倒的博識と迫力で巻き込み、

『墨俣の一夜城』ならぬ『ソマリの一夜大学』一気に形勢を逆転してくれました。

 

 

「篤、おまえ俺がこなかったらどうなってたんだ?ばかもの。もっとよく考えろ!」と厳しいご指導を頂きながら、以下にリニューアルしたJapan-Somaliland Open University のプランを記します。(現地の教育関係者のアドバイスを受けて改名。)

 

 

1.11月下旬にJapan-Somaliland Open University Social Innovation Course をソマリランドADMAS大学と合同で開校。(後援 Ministry of Education Somaliland, Amano Boaring and Day School)

 

トライアルコースとして10名の若手ビジネスマン、大学・大学院生に2ヶ月の集中講座を遠隔授業と現地でのディスカッションを中心に実施する。(ビデオ授業20分、スライド5枚から8枚。スカイプでつないだディスカッション20分。現地でのディスカッション20分。)

 

 

2.カリキュラムを戦略的に再編成

 

Opening Remarks ソマリランド教育省事務次官Ali氏 Admas大学学長Omer氏

第一回Why social innovation needed? 米倉先生
第二回How we can change the world?How to start up social venture 井上先生
第三回How to scale up and business generation? 福山氏
第四回How to moblize the global knowlegde?  飯吉先生
第五回Pilot project field work
第六回Education as Innovation Dr Abdi Amano Borading and Day school
第七回Medical as Innovation 黒川先生
第八回Final Presentation 米倉先生

 

READYFORあと2日ぜひよろしくお願いします!

 

 

 

 

新着情報一覧へ