プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

=====================================
全国の皆様のあたたかいご支援のお陰で、開始から24日で目標の46万円に到達することができました!本当にありがとうございます。(2016年10月12日追記)

 

残りの期間で、次なる目標にチャレンジさせていただくことにしました!次なる目標は、ひとりでも多くの知的障がいのある人が無料でスポーツできるように、トータル40名分のスポーツ無料参加枠を設ける費用として92万円を設定します。

 

引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします!

=====================================

 

障がいがあっても、スポーツを通して、
仲間を作り、協調性などを獲得し、
社会の一員として健康で笑顔のあふれる毎日を。

 

こんにちは。SON青森・ボランティア委員の竹洞(たけほら)です。私たちが活動している青森県は、日照時間の短さや、大雪などにより、十分に屋外でスポーツができません。そんな地理的な理由もありスポーツをする機会が限られています。

 

スポーツ参加率が全国最低  子どもの肥満率が全国一位
平均寿命が全国最低     
ガンを原因とする死亡率が全国一位

 

いまでは「短命県」と言われています。そんな環境であっても、「知的障がいのある人の可能性をのばすためには、スポーツの効果が大きい!」という考え方のもと、積極的にスポーツの場を提供しています。

 

私たちの活動は12年目になりますが若干120名の会員規模にも関わらず、短命県ゆえに、毎年、知的障がいのある人の親が亡くなるケースが立て続けに発生しています。加えて、漁業や農業で忙しいこと、ひとり親世帯であること、生活保護受給世帯であることなどの家庭の事情も影響して、経済的な理由で障がいのある本人がスポーツの場を奪われる事態が発生しています。

 

どんなときも、知的障がいのある人が、スポーツの場、仲間、社会参加の場を奪われないように、無料で参加できる枠を設けたいと考えています。どうか皆さん、ご協力お願いいたします。

 

バスケットボール指導の様子

 

知的障がいのある人には、

スポーツの効果が非常に大きいことを知っていますか。

 

継続的なスポーツをすることで、自信や勇気を育み、基礎体力や運動能力を高め、仲間を作り、協調性や集団行動に必要なコミュニケーション技能などを獲得し、社会の一員として健康で笑顔のあふれる毎日を送れるようになります。

 

知的障がいは、知的能力の発達の遅れがあり、 ものごとの理解や判断、認知がうまくいかないために社会生活への適応のしにくさがあります。言葉がない、2~3語文しか話せない、漢字の読み書き、計算が出来ないなどの特徴が見られる場合がありますが、工夫しながら、時間をかけて、繰り返し行うことで、一定の技能や知恵を身に付けることが出来ます。

 

水泳プログラムに参加しているあきらくん(25)は、ほとんど言葉を使いません。3年前に水泳を始めたましたが、当初プールの中では緊張して、右足でのキックが出来なく、25メートルを完泳出来ませんでした。しかし、水に入らない時でも、自分で右足を意識するように一生懸命動かし、コーチも、お母さんも、一生懸命に応援した結果、全国大会に出場し、ビート板25メートルで銀メダルをとりました。スポーツが言葉を必要としない一例です。それ以来、あきらくんは、毎週、水泳を楽しんでいます。

 

水泳指導の様子

 

どんなときも、スポーツに無料で参加できるように。

 

私たちは、短命県で若くして亡くなる人が、とても多いことを実感として知っています。たとえ、親が亡くなっても、長期入院しても、就労不能になっても、それをきっかけに、スポーツの場、仲間、社会参加の場まで奪われないように、無料で参加できるようにする必要があります。私たちSON青森の10名の仲間は、そう考えました。

 

今回のプロジェクトでは、20名の知的障がいのある方へ、スポーツ無料参加枠(以下参照)を設けます。

 

・水泳:6名
・ショートトラックスピードスケート:11名
・バスケットボール:1名
・アルペンスキー:2名

 

活動は、主に日曜日に、地域のスポーツ施設で行います。教えるのは、知的障がいへの理解を深める年次講習を受講し、スポーツ指導経験がある、認定コーチです。通常、認定コーチ1人で、最大4人までのグループを担当しますが、必要に応じて1対1の個別で担当もします。

 

スケート指導の様子

 

知的障がいのある人は、特別な人ではありません。スポーツを通して、社会生活で必要な技能を繰り返し練習できる場があれば、社会生活への適応しにくさを減らし、障がいがあっても生きやすい社会に近づけることができます。

 

『障がいがあっても、生きやすい社会へ』

皆さんご協力をお願い致します!

 

スポーツを続けて30年、ついに全国大会へ出場しました!

 

 

◇◆◇支援金の使用用途◇◆◇

ご支援いただいた金額は、知的障がいを持った方が20名の方の『スポーツに参加費』および『競技会参加費』などに充てさせていただきます。

 

◇◆◇リターンのご紹介◇◆◇

▶手作り「ロゴ入りマグネット」

知的障がいのある人が携わり、1個1個心をこめて手作りで製作したスペシャルオリンピックス日本・青森のロゴ入り木製マグネット!

 

▶青森県産 バラにんにく(300g)

七戸町で大切に育てられ、品質が自慢。料理に使いやすいバラ!

 

▶青森県産 りんご(3kg) ※中玉10~11個入り

収穫したばかりの南部地方のりんごを産地直送でお届け!

 

▶スペシャルオリンピックス日本・青森 オリジナルTシャツ

国産 久米繊維工業 綿100%。希望のサイズをお選びいただけます!

 

▶知的障がいのある方からの直筆メッセージ/イラスト/写真集

スポーツに参加している知的障がいのある方からの直筆メッセージやイラスト、お写真をまとめてお届け!

 

 

▶水泳競技会の表彰式プレゼンターの権利

期間内に行われる水泳競技会において、表彰式で成績優秀者へのプレゼンターをしていただく権利です!


最新の新着情報