プロジェクト概要

 

過去に学び、現在を知り、未来を考える。

 

名古屋で、大人のための教養講座を開講している創企舎ソフィの、フリー受講券のお申し込みをクラウドファンディングを通して受け付けます。

 

 

名古屋で、考えるひとときになるような、大人のための教養講座を開講してきました。

 

創企舎ソフィ代表の松葉です。皆さまは「考えること」「知ること」は好きですか?創企舎ソフィは、名古屋を拠点に、過去に学び、現在を知り、未来を考えるひとときになるような、大人のための教養講座を創出しています。

 

「視(み)る、識(し)る、愉しむ」をキーワードに、心あるみなさんと過去に学び、現在を知り、未来を考えるひとときと、心遊ぶ愉しい時間を創るような講座を開講しています。 

 

講座「心理療法家と作る縄文土偶」で作られた作品

 

 

マイノリティーへの視点を大切に、様々な講座を開講してきました。

 

カルチャーが大切にしなければならないのは、個性と多様性、そしてマイノリティーへの視点だと思っています。グローバルが叫ばれる時代だから、この視点は最も大切だと感じています。様々なジャンルで20以上のテーマで講座を開催してきました。

 

1講座の受講料は、2000円~3000円。講座によって異なりますが平均12名~20名程度の人数で行なっています。地下鉄東山線「千種」から徒歩3分以内、地下鉄東山線「本山」駅から2分の会場で、アクセスのしやすさも大切にしています。

 

受けられなくなってしまった際も、講座の振替受講もご相談させていただいております。

 

「気軽に歌おうみんなで歌おう」レッスン風景


 

おすすめ講座のご紹介


▱浜矩子特別レクチャー 同志社大学大学院教授・浜矩子
政局が混迷を極めています。政治、経済、外交など各分野における現状と問題点、将来の展望を、歯に衣着せぬ講義で、日本の有り様を見つめます。

 

▱心理療法家と作る「縄文土偶・土器・仮面」 亀井敏彦
ユング派の心理療法家とともに、クレイワーク(粘土遊び)の要素も取り入れ、愉しみながら気に入った土偶や土器を作ります。計5回の講座です。

 

▱よく分かる日本美術史 嵯峨美術大学教授・佐々木正子
葛飾北斎、歌川国芳、河鍋暁斉を中心に、江戸庶民の文化としての戯画を社会状況と照らし合わせながら見ていきます。計3回の講座です。

 

【受講者の声】

ご自身が日本画家でもいらっしゃる佐々木先生のご講義は、新しい発見ばかりです。画法を基にした作品解説や時代背景の説明は、他では聞けないお話ばかりで、「目から鱗」も度々あり、毎回楽しみに受講しています。

 

京都嵯峨美術大教授・佐々木正子先生(日本美術史)、名古屋大学大学院教授・福井康雄先生(宇宙研究の最前線)、奈良国立博物館名誉館員・鈴木喜博先生(日本の仏像シリーズ)など、その道の専門家の方を講師としてお呼びしております。

 

講座「よく分かる日本美術史」より  歌川国芳の戯画『源頼光公館土蜘作妖怪図』(ウィキペディアから)

 

 

「考える」人を増やすことで「今」を変えていきたい。

 

「考える」「知る」ことが大切だと考えている方は必ずいるはずです。そのような人に共感していただくことで事業を大きくし、講座の種類や数や開講する拠点を増やしたいと願っています。

 

日本に「考える」人を増やしたい。知性を軸に、年齢を問わず多くの人の心の充実や本当の楽しみを提供する力をもっともっと付けていきたいと思います。

 

そのような未来の実現のために、皆様のご協力をお願いいたします。

 

「現代数学への誘い」講義風景

 

 

リターンについて

 

ほかでは参加できない、魅力ある講座・講演会などへの参加特典をご用意しております。

 

受講パスをお届けします。ご本人以外のご興味がおありの方にお渡しいただいても結構です。また、開講中講座の一覧もお届けします。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)