いよいよ、クラウドファンディングの終了まであと1日!

 

【スリールクラファン応援隊 #24:石山アンジュさん】

 

尊敬する友人からの応援メッセージ第24弾は、「シェアガール」の肩書でシェアリングエコノミーを通じて新しいライフスタイルを提案している、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師/シェアリングエコノミー協会事務局長の石山アンジュさんです。

 

石山さんは、Ciftというコミュニティで血縁関係を超えた「拡張家族」60人と暮らし、シェアライフを実践されています。

弊社代表 堀江とは、彼女がCiftの前に住んでいたシェアハウスで一緒に住んでいた家族のような存在です。「ワークハード、プレイスーパーハード」をテーマに、仕事もプライベートも多くの場面で一緒に活動しています。

 

 

拡張家族の生活を通じて「未婚のうちに子育てに参加する」経験は超貴重だと感じたし誰もが経験できる環境が社会に必要。

働き方や生き方の選択肢が広がる一方で、その内側にある一つとして同じではない結婚、子育てという人間と人間がお互いの弱さや大変さを受け入れ対峙することの複雑さや難しさ、そのものへの社会の許容が広がることを願っています。

 

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師

シェアリングエコノミー協会事務局長

一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事

石山 アンジュ

 

<石山アンジュ プロフィール>

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師/シェアリングエコノミー協会事務局長/総務省地域情報化アドバイザー/厚生労働省「シェアリングエコノミーが雇用・労働に与えるインパクト研究会」構成委員/総務省検討会構成委員/一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事 等

1989年生まれ。国際基督教大学(ICU)卒業後、株式会社リクルート、株式会社クラウドワークスを経て現職。

 

Facebook

https://www.facebook.com/anju.ishiyama

Twitter

https://twitter.com/anjurian

著書「シェアライフ 新しい社会の新しい生き方」

https://amzn.to/2RVGW9W

 

子育て体験をして、ライフも含めたキャリアを考えていくことで、自律的に働き、生きる人を増やしていきたい。

 

だからこそ、教育の中で当たり前にしていきたいのです。

 

本クラウドファンディングは、全国で担い手を育成し、高校大学に「子育て体験」のプログラムを導入する運営資金のために使用させていただきます。

 

皆さまからのあたたかいご支援のおかげで、プロジェクト公開からわずか2週間余りで目標金額の500万円を達成いたしました。ネクストゴールの800万円を目指し、最終日の7月19日まで私たちの挑戦は続きます!

 

ぜひシェアや、少しでもご支援をいただければと思います!!どこにでも参りますので、是非お話しさせていただく機会があれば、お声掛けください。

 

◼︎若者に前向きな人生選択を!「子育て体験」を全国の高校大学へ

https://readyfor.jp/projects/sourire/

 

新着情報一覧へ