プロジェクト概要

 

生活がままならない。でも自宅がいい!
看護師15年間で聞いた声に在宅看護サポートで応えます。


はじめまして、床井由依子です。これまで看護師として15年間、在宅での看護を行うことを目標にあらゆる科や訪問看護で経験を積み、現在は念願の訪問看護師として働いています。健康や体力、一人暮らしなど様々な要因で不安を持っている高齢者の方々へ手助けをしたい!訪問看護師として勤務し始めて、目の当たりにしたものは独居で交通も不便、認知症で生活もままならない方々。病院に行きたくても行けない、買い物したくてもできない現状でした。

 

ただ、現状の保険内サービスでは、まかなえない部分が出てきます。看護師の保険内サービスでは、付き添いで病院受診や買い物といったことはできないのが現状です。しかし、独居でお住まいの高齢者に必要なのは付き添いです。医療知識のある看護師の付き添いにより、ご本人もご家族も安心できると考えています。それを補助する役割として、訪問健康チェックを原点に病院や買い物などへの付き添いサービスを始めようと考えています。

 

*病院や外出の付き添いや薬の管理、入浴のお手伝いなどは医療保険及び介護保険外のサービスです。例えば訪問看護がご利用枠外になると全額自己負担で高額(約8,200~12,000円/時間)になってしまいますが、それよりも安くご提供することができます。

 

看護師付き添いサービスを広めたい!皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

現状の保険内サービスではまかなえない付き添いでの病院受診や買い物をサポートします。

 

 

自宅で過ごしたいが買い物などは困難。
ひとりで病院に行けず孤独死される方もいらっしゃいます。

 

看護師としての15年間。入院されている高齢者の方の”自宅で自由に過ごしたい”という声を聞くたびに在宅での看護をしたいという想いが大きくなりました。入院をすると自宅へ連れていくのもご家族の方は一苦労。その反面、高齢者の方は這ってでも自宅で自由に過ごしたいものなのです。しかし、お買い物や長距離歩くことが難しく、タクシーはお金がかかるという状況です。

 

茨城県、特に県北地区は、「山奥でお住まいの高齢者が多い」、「交通が不便」、「新しい情報を持った最新の設備が整った病院が近隣には少ない」といった医療過疎地です。一人暮らしの高齢者や要支援者・要介護者の方も多数いらっしゃる現状を目の当たりにし、今回、このプロジェクトを立ち上げました。遠方にお住まいの家族が来るのを待って病院にもなかなかかかれず、自宅で孤独死される方もいらっしゃいます。そのような現状を払拭するため、看護師の私が一歩を踏み出そうと決意しました。

 

看護師としての15年間で、「高齢者の方がご自宅で過ごしたい」という強い想いを聞いてきました。

 

 

遠方のご家族が手の届かないところをサポート、報告までいたします。

 

在宅看護では、大きく以下4つのサポートを行います。

 

定期的に自宅へ訪問し必要な生活(食事・整容・清潔など)援助を行う。

自宅療養をされている方は、時間感覚がなく食事がおろそかになったり、のどが渇かなければ水分を摂らなくなります。また、吸収するからという理由でおむつを取り替えなかったり、お風呂にも年単位で入る方もいらっしゃいます。在宅看護では、日常の生活を整えるお手伝いをいたします。


病院受診の送迎と付き添いをし、医師からの説明や薬の管理などを行う。

高齢者は、自宅から病院までの移動が大変です。タクシーを使うとお金がかかります。病院へ行くことができたとしても、ひとりで病院の先生のお話しを理解することが難しく、正しく薬を飲めていない場合があります。そこで、看護師が病院受診に同行することで、後で先生の説明を分かりやすく伝え、薬が正しく飲めているかの管理まですることができます。


■訪問日以外でも定期的な電話をして、安否確認を行う。

遠方のご家族はお仕事もありますし、どこか「大丈夫だろう」と考えがちで定期的に電話をすることは難しい現状があります。そのため、訪問日以外にも、電話でお体の状態などを確認いたします。

 

■上記の状況を遠方にお住まいのご家族へ連絡を行う。

定期的にお体の状況などを遠方のご家族が把握することは困難です。上記の通り、定期的にお体の状態を把握しておりますので、その記録を遠方のご家族へとお伝えいたします。

 

安心して過ごせる自宅へ看護師がサポートに向かいます。

 

 

ご家族、高齢者の生活を共に楽にしたい。

 

ご家族が高齢となった親との生活の場が離れると、状況が見えにくくなります。また、介護の負担をひとりで抱え込み、自分を責めてしまうという悪循環も起きています。私は、この在宅看護のサービスを広めることで、ご家族、高齢者の生活を共に楽にしたいと思っています。

 

看護師の付き添いでの病院受診や買い物といったサポートは、介護を必要としているご本人や、そのご家族の生活行動面の不安を解消に近づけられるものです。遠方または仕事で時間を取ることができないご家族の負担も軽減することができ、ご本人もご家族への負担が減ることで遠慮しなくて済みます。今回の一歩を踏み出し、必要とされる方が多ければ、エリアの拡大を視野に入れており必要拠点を増やしていきたいと思っています。

 

在宅看護を広めて、ご家族・高齢者の負担軽減へ!皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

医療知識のある看護師が、病院受診へも付き添い、ご家族へ報告いたします。

 

会社概要

アルズ 生活支援そよかぜ

http://www.urs-wind.com/p/2/

 

<訪問可能地区>
・ひたちなか市
・東海村
・那珂市
・常陸太田市
※訪問のための交通費は無料。(他、送迎などにかかる交通費は別途ご負担していただきます。)

 

資金使途について

 ・広告及び通信費 
・靴
・健康管理物品
・ディスポ物品
・PCデスク
・法人化費用(一部)
・その他諸経費 など

 


最新の新着情報