プロジェクト概要

非効率なスクールをゼロに!社会人向けプログラミング講座の動画を作りたい。

 

初めまして、白井と申します。私は都内でフリーランスのWebエンジニアとして働きながら、週末に社会人向けの実践的なIT講座を開いています。モットーは「情熱ある方を情熱的に育てる」です。過去にプロの受験講師経験があり、再び教壇に立ちたいという想いから講座を始めました。

 

プログラミングは社会人にとって即戦力となるスキルです。しかし多くの方はスキルを習得する過程で挫折してしまいます。未だに王道の習得方法はなく、苦労される方が大勢います。そこでエンジニアであり、かつてプロ講師だった私にしかできない、社会人向けのスパルタンで実践的な動画教育講座の開発に挑戦します。

 

今回、動画を作成するための費用が不足しています。今後、必要となる社会人向けのプログラミング講座を作るため、ご支援をよろしくお願いいたします。



 

 

「3ヶ月の新卒研修よりも、先生の2日間の講座の方が理解度が高い」

 

講座を始め、想定以上の反響に一番驚いたのは私自身でした。特に印象深かったご意見として、「3ヶ月の新卒研修よりも、先生の2日間の講座の方が理解度が高いです」というものがありました。

 

こうして私は世の中の研修コンテンツの持つ構造的な矛盾に気がつきました。それは、非エンジニアのプロ講師による講義も、エンジニアの非プロ講師による講義も、とても十分とは言えないということです。

 

 

 

忙しい社会人に通勤中のスマホでも見れる動画講座を。
「解説」→「演習」→「フィードバック講座」でスキルを定着させる。

 

講座をしていて強く思うことは、社会人には時間がないということです。業務でプログラミングをやる必要がある方ならいざ知らず、ほとんどの方は定着に必要な時間を取る事ができません。そのうち、講座で学んだ内容を忘れてしまいます。

 

そこで、スキマ時間でも概念を理解しつつ演習の機会もこま目に取れるようにするため、通勤中のスマホでも見れる動画講座を提供したいと思います。動画講座は主に下記の構成で考えております。

 

「解説」で概念を掴んで頂き、「演習」で定着させます。最後に「フィードバック講座」をご用意します。定着をしただけではまだ実践的とは言えません。スキルの向上には実際の作業に対するフィードバックがあることも不可欠です。

 

[解説]

[演習]

 

 

動画講座はいつでもどこでも、フィードバック講座は週末に
オンライン/オフラインでご受講いただけます。

 

フィードバック講座は動画講座の受講状況が前提になりますが、どこまで受講いただけたらフィードバックに進めるかは、人それぞれかと思います。そこで、個人毎に学習スケジュールのカウンセリングを行ない、カリキュラムとして体裁化します。

 

動画講座の長さはトータルで30時間。カリキュラムの期間は3ヶ月を予定します。受講料は、個人のお財布事情を考えて10万円以下に抑えさせていただくことをお約束いたします。

 

 

社会人教育は変わらなければなりません。

 

 

思い返せば私自身、プログラミングを習得するために苦労し、死にものぐるいで努力しました。しかしそれは「何を学べば良いか」「どう学べば良いか」が分からず、遠回りをした結果だと考えています。

 

プログラミングの習得自体は手段でしかなく、実際に仕事で結果を出すにはその先の努力が必要です。だからこそ、プログラミングの習得でつまづいてはいけません。

 

また、今はITエンジニアが不足していると言われています。これからの社会を作る為に必要なITエンジニアが不足しているということは、社会が停滞しているということです。だからこそ、今の社会人教育が変わらなければなりません。今回のプロジェクトが、社会への投資に繋がると私は信じています。

 

 

▼具体的なスケジュール計画

2016年 秋 動画講座の制作

2017年 冬 カリキュラムの提供開始

 

動画講座が完成したときは、完成記念のイベントを行ないたいと考えております。

 

▼資金の使い道

動画制作費用 約100万 の一部費用

・スタジオ レンタル 90時間 x 3000円/時間 = 27万円

・プロによる動画編集費用 40万円

・その他人件費 33万円

 

リターンについて

■ お礼のお手紙​

 

■ 動画講座(30時間)の無料ダウンロード権

 

■ プライベートセミナー(1日)への招待チケット

 

■ オンライン個別レッスン(2時間)への招待チケット

 

■ 受講お申し込み時に受講料から30%オフ