こんにちは!


本プロジェクトの事務局をさせていただいている、岡克彦と申します。

スポンサー募集期間を示す時計の数字が、30時間を切ろうとしています。

 

このプロジェクトは、これまでにスプートニクがご縁を頂いた団体や個人の方が応援してくださっているのは、これまでご紹介した通りですが、
 

今日ご紹介するのは、今年6月のチャリティコンサートPeace Questで、社会貢献バンド、XQ'sのゲストボーカルとして登場頂いた、深澤友梨恵さんです。

 

深澤友梨恵さんは平成元年、兵庫県神戸市生まれ。小学5年生の時、お母様の裕子さんと行った故・越智順子氏のライブで始めて出会ったJazzに衝撃を受けます。

 

2007年から、しげのゆうこ氏に歌唱・音楽理論・ピアノ・作曲などを師事、2009年:に本格的に活動開始すると、各Jazzコンテスト、イベント等で審査員の方から高い評価を受け、多くの賞を受賞。2014年:4月 social jazz session コンペにて優秀者に選出され、グラミー賞受賞ギタリストのリーリトナーやクリスタルケイと、ブルーノート東京での共演も果たされています。

 

現在は月10本以上のペースでライブ活動をされていますが、スプートニクの岡・青木がうかがったのは、今週20日に渋谷のJZ Brat SOUND OF TOKYOで行われた「Lily’s party♡ vol.1」。
 

渋谷セルリアンタワーの2Fあるこのお店の中は、こじんまりしたエントランスからは想像もつかないほど広々。深澤さん初出演のお店なのに、予約で満席です。

 

始まったステージは、息の合った演奏者に加え、曲によっては男性コーラスと二人の女性ダンサーも参加する構成、スタンダード・ジャズからポップスまで、さらにノリノリの洋楽(Monkees!)から郷愁にあふれる日本の童謡までの幅広い選曲。

案内頂いたメールに「jazzの枠にとらわれない自由なステージ、おもちゃ箱のような一夜をぜひお楽しみ下さい」とあった意味、以前頂いた深澤さんの名刺に「JazzVocalistとはいえなんでもやってみたい」と書いてあったのも大納得。

(ほんとにそう書いてあるんです)

  

Liveでお疲れなのに、プロジェクトのPRにも快くご協力下さいました。

 

 

日本のミュージシャンを中心にスタンダードジャズからフュージョン・ソウル・ポップスなど、ジャンルを問わないクオリティーの高い生演奏が楽しめるJZ Brat.

 

驚くほ広々とした店内なのに、客席からすごく近く感じられるステージ。深澤さんの”みんなを楽しませたい”という気持ちが直に伝わって来ます。

この日のチームは、guitar.金澤健太、piano.生田幸子、bass.岸徹至、drums.藤井学
、vocal.藤田俊亮、dancer.渡邊茜、dancer.千葉歩、そしてvocal.深澤友梨恵!

 

1stセットと2ndセットで変えた衣装、どちらも最近短くした髪に似合ってます。

 

2セット、アンコールを入れて全17曲のLiveは、一瞬たりとも飽きさせない、とって楽しい時間でした。深澤友梨恵さん、Teamの皆様、ありがとうございました!

 

SPUTNIK Internationalのチャリティコンサート、Peace Quest2014 Autumn-Winterrに出て頂いた時の写真もご紹介。

 

ゲストボーカルとして登場頂いたステージ。XQ'sのボーカル、南さんと一緒に。

 

エンディングでは、スタッフTシャツも着て、Peace Quest恒例の「We Are The World」を一緒に歌ってくれました。その節はありがとうございました!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

残りわずかとなりましたが、最後まで頑張ります。

応援よろしくおねがいします!

 

秋沢淳子

岡 克彦

SPUTNIK International 一同