READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

「防災☆ママブック」被災地のママが教える、震災から我が子を守る術を紹介!

掃部まゆ(stand for mothers)

掃部まゆ(stand for mothers)

「防災☆ママブック」被災地のママが教える、震災から我が子を守る術を紹介!
支援総額
1,495,000

目標 1,250,000円

支援者
138人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2013年08月12日 13:27

ママの救命講習…!

 

こんにちは、Sfmかもんです!
 


今日からお盆休みという方も多いのではないでしょうか?
楽しいお休みですが、海や山の事故が増えるのもこの季節ですね。
おうちでやるプールでも、よく子どもの水の事故が報告されています。

 

 


先日Sfm@東京では、赤坂消防署の方をお招きして、
救命救急講座を行いました!


 

 

お聞きした話では、東京の救急車の数は230数台しかなく、
年間70万件もの救急要請に対応しているそうです。
5分以上心臓が止まっていた場合の救命は非常に難しくなるので、
救急車が来る前に命を救える人は、周囲に居合わせた人になります。
東京消防庁では、こうした講座を開き、20万人に救命の技術を教えているそうです。
首都圏直下型地震が来たら、まず救急車の出動は難しい、
ということであれば、子どもの命、大切な人の命を守るためには、
自分たちが学び、なんとかしないといけません。






胸骨圧迫の方法やAEDの扱い方、人工呼吸、止血法など、
約3時間にわたって教わりました。
赤ちゃんサイズ、子どもサイズの人形もあって、そのサイズとリアルな感じに
「もしこんなことが現実になったらどうしよう…」と恐ろしくなりました。

 

 

何年か前とは大事にするポイントが変わったらしく、
今は人工呼吸より、胸骨圧迫による心臓マッサージが何より第一だそうです!
恥ずかしながら、AEDが「心臓の誤作動を取り除く=除細動」のためにあるもので、
「心臓の拍動を再開させるものじゃない」なんて、まったく知りませんでした…

 

 


クーラーの室外機から垂れる水を受けてあった洗面器の、
5センチもない水で溺れて、うつぶせで見つかった1才2ヶ月の子どもが、
心臓マッサージの甲斐なく亡くなってしまったとか、
ご自身の救急隊としての経験を交えたお話は本当に胸に詰まるものがありました。

 

 

 

ママとして子どもの命を守りたい、
そんな思いで参加してくれたママたちからは、
たくさんの質問が飛んでいました。
最後は救命技能認定証を頂いて終了。
「ママになったら、全員この講座を受けといた方が自信になるよね」
という声もありました。
 


 

大地震に対しても、日頃から学べること、備えること、
出来ることはたくさんあると思います。
こちらの講習も、各地の行政や消防署に問い合わせれば、
10名以上集まれば出張もしていただけます。
 



ここで学んだことについても、次の「防災★ママブック」に
反映できるといいなと思っています!






 

一覧に戻る

リターン

3,000

・「防災★ママブック」を2部送付させていただきます

支援者
101人
在庫数
制限なし

10,000

・「防災★ママブック」10部
・被災地のママ&Sfm活動ママが作るグッズを送付させていただきます

支援者
27人
在庫数
制限なし

20,000

・「防災★ママブック」10部
・被災地のママ&Sfm活動ママが作るグッズを送付させていただきます
・Sfm公式サイトにお名前をご紹介させていただきます

支援者
10人
在庫数
制限なし

50,000

・「防災★ママブック」10部
・被災地のママ&Sfm活動ママが作るグッズを送付させていただきます
・Sfm公式サイトにお名前をご紹介させていただきます(任意)
・Sfm活動ママによる「防災★ママブック」ワークショップを実施。お好きな場所にSfmファシリテーターママを派遣、その地域・団体に合った企画を実施します(首都圏近郊中心とさせていただきます)。

支援者
5人
在庫数
制限なし

200,000

・「防災★ママブック」10部
・被災地のママ&Sfm活動ママが作るグッズを送付させていただきます
・Sfm公式サイトにお名前をご紹介させていただきます(任意)
・Sfm活動ママによる「防災★ママブック」ワークショップを実施。お好きな場所にSfmファシリテーターママを派遣、その地域・団体に合った企画を実施します(首都圏近郊中心とさせていただきます)。
・石巻をはじめとした被災地のママによる被災体験談を聞く会を実施させていただきます

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする