20時間のフライトを経て、火曜日にセルビアに到着しました。当日はウェルカムパーティー、そして次の日はセルビア国営放送でのリハーサルと打ち合わせ、昨日からはノヴィサドの要塞跡でのパフォーマンスのため隣町のノヴィサドに出向きました。

 

美しい自然と、ドナウ川の眺め、東西文化の分岐点にある古い歴史を感じさせる要塞跡は、想像をはるかに超えた美しい舞台となりました。他のヨーロッパ諸国から訪れた人々も観客に加わり、印象にに残るようなダンスが生まれたような気がします。

 

明日はベオグラードに戻り、セルビア国営放送ギャラリーでの4人のアーティストの展覧会のオープニングを飾ります。


 
出会う人々は、皆率直で、優しく、ユーモアに溢れ、人間性豊かな方ばかり。国営放送のディレクターの方との打ち合わせでは、「きっとこれから一生私たちの心に残るようなパフォーマンスをしてくださることを信じています。」とおっしゃいました。
日本人としてもその想いに応えることができるように、精一杯踊りたいと思います。

 

このような素晴らしい機会にめぐまれたのも、皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!

新着情報一覧へ