プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

皆様の温かいご支援のお陰で、僅か14日で目標の15万円に到達することができました。本当にありがとうございます。(2016年12月13日追記)

 

そこで、もう少し皆さまのお力をお借りしてプロジェクト期間が14日を残している中で、次なる目標にチャレンジさせていただくことにしました。当初の挑戦では、企業の発表成分と厚生労働省のデータのみで研究する水性樹脂の安全性をお伝えしようと思っていましたが、皆さまにより正確な安全性をお伝えするために一般社団法人日本塗料検査協会のものを活用して研究を行いたいと思います。まだまだ必要な研究はあるのですが、とても大きな金額になってしまうため、少しでも最終目標に近づけるように引き続きご支援いただけないかと考えている次第です。

 

いただいたご支援は、

 

・VOC(有機物)含有量分析調査費用 

・ホルムアルデヒド放散量調査費用

 

などに充てさせていただきたいと考えております。

引き続き、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

********************************

身体に影響のない樹脂で大好きな作品を作れるようにしたい

はじめまして。私は現在東京学芸大学の個人研究員であり、八王子の小さなアトリエで美術の研究・制作を行っている岡野茜(おかのあかね)と申します。私は高校時代に美術科を専攻した影響で、油絵やデザインなどの数多くの美術の分野に触れてきました。なかでも、先生に褒めて頂けた「彫刻」は、楽しく夢中になることができた分野で、今でも続けることができています。

 

現在、彫刻を中心とした美術教育などの研究をしながら、自宅で使用しても影響を与えない石膏を使用して立体作品を作っています。しかし、保管期間や強度を考えると建築によく使われる「FRP」と呼ばれる樹脂を使用して作品作りをしたいのですが、有機溶剤を使用しているため、呼気や肌から体内に吸収されると細胞の酸素欠乏などの悪影響があることが問題です。

 

使用方法を守れば問題はありませんが、長時間の使用や対策なしの使用は脳細胞がボロボロになるなどの重大な影響があるとも言われているため、彫刻家が使用するには危険です。特に女性は婦人科系の悪影響があると言われており、胎児の発育に重篤な悪影響がある恐れもあります。

 

FRP (FiberReinforcedPlasticの略)...繊維強化プラスチックのことで、安価・軽量・耐久性・粘度の調整ができるものです。一般的には浴槽や屋上などの防水、浄化槽、椅子、小型船の胴体部分、自動車・鉄道車両の内外装、テーマパークのオブジェなどに使われています。

 

そこで、私のように自宅で作品作りをされる方や子どもがいる方も作業を安心してできるよう、身体に影響のない水性の樹脂の開発・研究を行いたい!と思いました。無事に水性樹脂の開発・研究が終われば、造形作家の方にはサンプルのお渡しと情報提供を行います。作品を通して、美術の素晴らしさを多くの方に伝えていくためにも皆さんのお力をお貸し下さい!よろしくお願いいたします。

立体作品を作っている様子です!

 

イタリアの工房で出会った水性樹脂が希望に...!

造形作家にとって、臭気のある有機溶剤を使用した樹脂で制作されている方はたくさんいます。しかし、その環境を用意することはとても困難であり、子どもがいる家庭や妊娠を考えている女性にはあまりにもリスクが高く、樹脂を使った制作ができない状況にいる友人たちを目の当たりにしてきました。

 

そんな中、3年前に彫刻の勉強をするためにイタリアの工房へ行く機会が...。その際に、初めて水性の樹脂を使って作品を作ったことが印象的で「臭いもなく、防毒マスクなしで安全に使用できる水性樹脂」に可能性を感じました。

 

帰国後、日本でも同じようなものを探しましたが、樹脂を必要とする造形作家の数が少ないためか、残念ながら水性の樹脂は見つかりませんでした。しかし、この可能性を無駄にしたくないと思い、私以外にも困っている造形作家さんのためにもこのプロジェクトを立ち上げました。

 

「FRP」と呼ばれる樹脂を使う際には、このようにマスクをして制作時間も限られています。
 
作品が完成したときの様子です。

 

「使用感・強度・着色・身体への影響」を徹底的に調べる

今回研究する樹脂は各社から出ている素材を使い、セメント系・酢酸ビニル樹脂を混ぜ合わせたものを考えています。既存の材料を使用することで、造形作家が使用できる水性樹脂を作成します。また、限られた場所でも作業が行えるよう、繊維の使い方、また実験方法を工夫する予定でいます。(以下、研究方法)

 

【研究方法】

①材料を調べ購入する

②小さな石膏型に材料を積層していく

③使用感・強度・着色・耐水性などのデータを取る

 何種類かの材料で②③を繰り返す

④しっくりくる材料が見つかれば、6分の1人体程度の作品を作り、実際に使用する

⑤最終的には厚生労働省のデータ、学術論文(あれば)を読み、総合的に判断

 

女性の彫刻家が増加している「今」、このプロジェクトに意味がある

イタリアで感じた水性樹脂への可能性をより多くの造形作家の方に感じていただくため、絶対に水性樹脂の開発を成功させたいです。現在、人体への悪影響を知りながらFRPを始めとする有機溶剤を使用している造形作家の方がいらっしゃる中で、このプロジェクトが成功すれば造形作家の方の選択肢を増やすことに繋がるはずです。近年、女性の彫刻家は増加しているからこそ、胎児や乳幼児にも悪影響のない素材を開発することは意味あることだと考えています。

 

今回のリターンには造形作家の方にサンプルをお渡しできるようにし、出来る限りの情報提供を行います。もちろん、サンプルの必要ない方には作品でお返しいたします。このプロジェクトが実現すれば、将来的には造形作家の方だけではなく、教育現場やワークショップの場でも使用できるようになると見込んでいます。

 

多くの造形作家さんの可能性を広げ、美術の素晴らしさを伝え続けるためにも、どうか皆さまのお力をお貸し下さい。よろしくお願いいたします!

自宅アトリエにて。

 【リターンについて】

 

■3,000円(プロジェクトの応援コース)

・研究の報告とともに心を込めたお礼のお手紙

 

■5,000円(プロジェクトの応援コース)

・研究の報告とともに心を込めたお礼のお手紙

 

■10,000円(プロジェクトの応援コース)

・研究の報告とともに心を込めたお礼のお手紙

 

■10,000円

・研究の報告とともに心を込めたお礼のお手紙

・樹脂サンプル中量(頭像程度を予定)OR 作品

*どちらかお好きな方をお選びください!

 

■30,000円(プロジェクトの応援コース)

・研究の報告とともに心を込めたお礼のお手紙

 

■30,000円

・研究の報告とともに心を込めたお礼のお手紙

・樹脂サンプル大量(半身像程度を予定)

・任意の作品1点(5点ほどからお選びいただけます)

 


最新の新着情報