追加支援する学生たちの面談を行いました

4月1日からの41日間。


70名を超える、多くの皆さまのお気持ちにより、90万 7千円(達成率 151%)

ものご寄付が集まりました。改めまして、心より御礼申し上げます。

 

先日、追加で支援をしたいと考えていた学生たちに、意思確認を兼ねた面談

を行いました。

 

「経済的に厳しくて応募したけど、誰にも助けてもらえない・・・」

あきらめていた学生たち。

 

突然の「支援決定」に、初めは戸惑った様子でした。

 

しかし今回の、READY FOR プロジェクトのこと、また皆さまからの心温まる

応援メッセージを伝えると、「顔は見えないけど、自分を応援してくれる人が、

たくさんいるんだ」 と、本当に嬉しそうでした。

 

 

◇◆ 制度の「狭間」に置かれがちな学生たち ◆

 

奨学金に応募したくても、「日本人」「留学生」ばかりで、応募もできない。
私はどうすればいいの・・・

 

さぽうと21には、今もこうした相談が寄せられます。

 

日本人や留学生と比べ、私たちが支援している「日本育ち」の「外国にルーツ

をもつ」学生は、確かに人数としては多くなく、目立たない存在です。

 

しかし、さぽうと21の支援を希望する学生の数は、74名(2013年度)、87名(2014年度)、そして本年度は 101名 と、年々増加の傾向を見せており、今後も

大半の学生を支援できない状況になる可能性があります。

 

ひとりでも多くの学生を支援できるよう、これからも新しい試みをしていきたい

と思います。

 

今回のプロジェクトを通じて、多くの方にご支援いただきました。

 

外国につながりのある学生について、初めて知った方、既にボランティアとして

活動に参加してくださっている方、そして後輩の育成のためにと協力してくれた

OB/OG。

 

私たちの発信力はわずかなものですが、ご関心をおもちいただいた皆さまにも、

今後も、私たちの活動を見守っていただけますと、大変有り難く存じます。

 

 

* ・ * ・ * ・ * ・ * ご支援くださった皆さま * ・ * ・ * ・ * ・ *

 

6月中に、追加で支援することになった「学生の報告」と、「会計報告」を、

 

お礼のお品物と一緒にご送付させていただきたく思います。

 

この度は、誠にありがとうございました。
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています