プロジェクト概要

▼2017年12月18日、フランスでのコンサート▼

 

 

ピアニスト・鈴木隆太郎、

初の東京リサイタルを成功させたい。

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。ピアニストの鈴木隆太郎です。

 

高校まで日本でピアノを学んでいた僕は、高校卒業後、より高いレベルでの指導を求め、フランスのパリ国立高等音楽院に進学しました。

 

パリ国立高等音楽院に、第三過程まで7年在籍し卒業。その後は現在まで、パリを拠点にピアニストとしての活動を拡大させ、世界各地で僕のピアノを聴いていただいており、現在までに演奏したコンサートは50回を超えています。

 

日本でも、出身地である鎌倉を中心に、演奏活動を広げつつありますが、まだまだ日本での知名度は高くないのが現状です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

そのため今回、日本全国に僕のピアノ演奏を広める第一歩として、音楽界においても日本の中枢である東京で頂いた初めてのリサイタルの機会を成功に導くべく、このプロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトを通じて、僕のこと、リサイタルのことを知っていただき、演奏を楽しんでいただきたいと考えています!

 

ぜひ、皆さまの暖かいご支援を、よろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

ピアノに魅了されて26年。

 

僕が音楽に初めて触れたのは、3歳の時でした。

 

たまたまテレビで放送されていたオーケストラの演奏を見て聴いて、その新鮮な格好良さに魅了され、親にお願いをしてピアノのレッスンに通い始めました。毎週その番組を興奮しながら見ていたのを覚えています。

 

そこからすっかりピアノに没頭しました。毎日どんどんピアノの魅力や奥深さに取り憑かれていき、自然にピアニストを目指していました。

 

 

転機は学生時代のあるコンクールでした。

 

そのコンクールで入賞したのですが、審査員のパリ音楽院の先生に最高点を付けていただき、興味を持ってその先生のマスタークラスなどに通うようになりました。そして、何度かお会いするうちにパリ音楽院の魅力をお話いただき、自分もパリに行って本格的にピアノを学ぼうと決意しました。

 

それから7年間、パリ音楽院でピアノを学び続けてきましたが、音楽のみならず芸術全般に皆が敏感かつ多くの刺激があるパリの音楽文化がとても気に入り、音楽院卒業後もパリに残り、地道ながらも演奏活動を広げています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ピアニストは、作曲者や自分の感情を演奏に乗せ、聴いている方に届ける、素敵な仕事です。

 

常にピアノの腕を磨くことはもちろん、どのような伝え方があるのか、どのような感じ取り方があるのかということも、学んでいかなければなりません。

 

「コンサートでお客さまのために演奏する」ということは、皆さまの生の反応を受け取ることができます。

 

また、いろんな土地のお客さまの前で演奏することで、さまざまな価値観や感情に触れることができます。

 

東京でのコンサートは、今回が初めてになります。このコンサートを成功させ、日本での活動を広げていく第一歩にしたいと思っております。

 

そして将来は、ヨーロッパと日本の両方を行き来し、幅広い活動をすることで、フレッシュな音楽感覚を常に身に付け、一生の精進のための刺激にしていきたいと考えています。

 

そのため、今回のコンサートを必ず成功させなければならないのです。どうか、皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。

 

 

 

リサイタルは「気持ちを共有する場」。

楽しむ気持ちが一番大事。

 

今回のコンサートでは、プログラムの音楽的なバランスと自己発信をテーマに置いています。自分の魅力を多角度から見ていただく、名刺代わりの演奏プログラムになっています。

 

今回のコンサートにご参加いただくことで、純粋に音楽を楽しんでいただくのはもちろん、ピアノで表現した僕のさまざまな感情を、皆さまに感じていただき、共有できれば幸せです。

 

 

また、クラシックの演奏会に参加したことのない方にも、ぜひ参加していただきたいと思っています。

 

クラシックの演奏会というと、少し敷居が高かったり難しそうだったりというイメージがあるかもしれません。しかしまず大切なのは、純粋に音楽を聴いて楽しむということです。

 

楽しむ方法はいろいろあります。メロディーがきれいだ、この部分は感動した、悲しい部分からわくわくする部分などなど、自然に音楽を聴く、共感するというのが一つの理想的な聴き方なんだと思います。

 

そして、僕の演奏で、クラシック音楽の魅力や素晴らしさに気づいてくださる方がいれば、とても嬉しいです。

 

〜リサイタル概要〜

『鈴木隆太郎 ピアノリサイタル』
日時:2019年8月29日(木)19時開演
場所:東京文化会館 小ホール

   JR上野駅 公園口改札から徒歩約1分

   東京メトロ上野駅7番出口から徒歩約5分

   京成上野駅、正面口改札から徒歩約7分

《リサイタル演奏曲目》
ドビュッシー 前奏曲集 第一巻より
ショパン マズルカ イ短調 作品17-1
ショパン ソナタ第3番
シューマン トッカータ ハ長調
ベートーヴェン ソナタ第7番
リスト ドン・ジョヴァンニの回想

 

 

僕のピアノ演奏で、

音楽の素晴らしさを届けるために。

 

僕の夢は、自分のピアノ演奏でたくさんの皆さまの感情を刺激して豊かにし、皆さまを幸せにすることです。

 

そのためには、常にピアノの腕を上げていく必要がありますし、より多くの方に演奏を聴いていただくために、知名度を上げていく必要もあります。

 

そして何より、皆さまの前で演奏する機会をいただく、ということが最も大事です。今回は日本での活動を広げていくために、必ず達成しなければならないプロジェクトなのです。

 

プロジェクト達成後は、この成功とたくさんの方々の応援を支えに、さらに世界に演奏活動の範囲を広げて行きます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

小さい頃からピアノが好きで、ここまでたくさんの方々に見守られ、ご支援いただき、育てていただいて、このように日本の中心、東京でリサイタルができるまでになりました。ありがとうございます。心より感謝いたしております。

 

これからもさらに、たくさんの方に喜んでいただけるような演奏ができるよう、頑張っていきたいと思います。

 

どうぞ末永いご支援を、よろしくお願いいたします。