READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

声も出せない、動けない。それでも思いを伝えられる装置を開発!

声も出せない、動けない。それでも思いを伝えられる装置を開発!

支援総額

615,000

目標金額 600,000円

支援者
37人
募集終了日
2020年7月31日
プロジェクトは成立しました!
4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

障がい者向けの目の開閉による意思伝達装置の開発!

 

はじめまして、合同会社システムGenKi代表の小谷雅彦と申します。私は、ボランティアとも違い、自社利潤追及の営利企業とも違う、事業としての収益性を維持しつつ、自分の得意なITを活用して子育て・商店街活性化・介護にかかわる社会的な課題を解決する「社会的起業家」を目指して活動をしています。

 

2020年春、叔父の闘病生活・他界をきっかけに、何等かの障がいがある方が大切な人たちと自由にコミュニケーションできる意思伝達装置を誰でも気軽に利用できる使いやすさと価格で提供したいと思うようになりました。

 

今回の挑戦では、2020年12月31日までに、障がい者向けの目の開閉による意思伝達装置の開発をします。

 

現在、試作品のようなものはできているのですが、まだまだ使いやすいものではなく、改善が必要です。そこで、開発にかかる資金の一部をご支援いただきながら、今回より多くの方にこの商品を知っていただく機会をつくりたいと思い、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。どうかあたたかいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

試作品(2020年5月時点)
試作品(画面①)
試作品(画面②)

 

 

装置開発のきっかけとなった叔父との経験

 

幼年期に私を育ててくれた里親である叔父が、2年ほど前に脳卒中で全身不随となり、半分寝たきりの生活を強いられてました。闘病中は、叔父の親族や友達など、たくさんの方がお見舞いや応援に来てくださいました。

 

しかしながら、体の自由が効かず会話もままならない状態でしたので、お見舞いに来てくださった皆様とのコミュニケーションも一方通行で叔父の気持ちは皆様にはうまく伝わっていない状態でした。お見舞いに来てくださった皆様は、お絵描きボードなどを使って、何とかコミュニケーションンをとろうと試みましたが、叔父は手も口も思い通りには動かない状態で、うまくコミュニケーションは取れませんでした。そうした状態が続き、お見舞いや応援に来てくださる皆様の足も次第に遠のきました。

 

私は、この状態を何とかしたいと考え、障がい者用の意思伝達装置を探してみましたが、どれも高額でした。正直に申しますと、これまで私が叔父にいただいたご恩を考えれば、買えない価格ではないとも思いましたが、機械に疎い叔母が使いこなせるかということや、叔父もリハビリに励んでいましたので、高額な意思伝達装置を購入しても、もしかしたらすぐ使わなくなってしまうかもしれないとも感じていました。

 

そこで私は、パソコンで簡単な視線入力意思伝達(視線を読み取り、見た文字が音声として発声されるシステム)をつくり、叔父に使ってもらったところ、視線入力意思伝達でのコミュニケーションはうまく行きました。しかし、所詮は一夜漬けでつくった装置で使いやすいものではなく、改善が必要です。

 

私は叔父にもっと使いやすい装置に改善すると約束し、その日は帰宅しました。しかし、叔父は2020年4月、突然、他界してしまいました。

 

仕事をしながら毎日のように病院に通い、看護していた叔母に伝えたいこともたくさんあったでしょう‥。

お見舞いに来てくれた孫に聞きたいこともたくさんあったでしょう‥。

こんなことになるなら、もっと早く視線入力意思伝達装置の改善を進められていたら‥。

きっと、叔父と同じような想いをしている人がたくさんいらっしゃるはず‥。

 

そんな想いから、「声も出せない、動けない方が大切な人たちと自由にコミュニケーションできる意思伝達装置を誰でも気軽に利用できる使いやすさと価格で継続して提供する」ことを目標にこのプロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

誰でも気軽に利用できる使いやすさと価格で継続して提供したい

 

皆様からいただいたご支援金をもとに、2020年12月31日までに、「声も出せない、動けない方が大切な人たちと自由にコミュニケーションできる装置を、誰でも気軽に利用できる使いやすさと価格で継続して提供する」サービスを立ち上げたいと考えています。

 

サービス開始に必要な費用のうち、意思伝達装置の部品(ハードウェア)の初期購入費用を皆様にご支援いただきたいと考えています。

 

■基本機能

 

■商品の特徴

①「目を開く」、「閉じる」という2つの動作だけで操作できます。


②目の開閉だけを判断するセンサーなので、身体的特徴に依存しにくい装置です。(例:片目だけでも操作可能)


③イヤホンで本人に聞こえる音声ガイドがあるので、文字が読めない方でもご利用できます。(発声はスピーカから、音声ガイドはイヤホンから流れます)


④メガネ型なので、横になった状態や装置と顔の向きが一定に保ちにくい方でもご利用いただけます。


⑤本体をコンセントに差し、専用の眼鏡をかけるだけでご利用できます。機械類の設定が苦手な方だけでもご導入いただけます。


※将来的に検討していること

1)部屋の電気やエアコンやテレビの操作も「目を開く」、「閉じる」という2つの動作だけで操作できるようにすることを検討しています。スマートリモコンのような仕組みで、お家に今ある家電のリモコンの赤外線を記憶させるので、家電を買い替えたり、工事なども必要ありません。

2)体がわずかでも動かせる方は、無理のない範囲で体を動かすことがリハビリにつながる場合があります。症状の改善状況に合わせてリハビリも兼ねられるような入力方法の装置に交換できるようなサービスを検討しています。

3)ご家族の方の状態やご利用者の病の進行に合う入出力方法を増やし、必要な入出力方法の装置に交換できるようなサービスを検討しています。

(例1:音声ではなく手話映像で意思を伝える)

(例2:文字ではなくアイコンという「小さな絵」を見ることで、「喜ぶ」「悲しむ」などの簡単な感情だけを発声する)

 

■開発スケジュール

2020年5月:既に試作を開始しています。

7月:試作品完成

8月~10月:介護施設にご協力いただき、障がい者の方にご試用いただきながら改善を行う

11月:レンタル用に装置を複製

12月:レンタルサービス開始

 

■開発後に検討していること

1) 意思伝達装置を10台以上制作し、障がい者の方に月3,000円でレンタルできるサービスを開始する。

 

2) 意思伝達装置のご利用者皆様の声を直接ヒアリングし、ご利用者様一人ひとりに合った調整・機能改善のサービスを行いたい。

 

※調整・機能改善による追加料金は不要(レンタル料金に含む)としたい。

 

3)障害者自立支援法の補装具費支給制度(購入金額の9割補助)が活用できるよう調査・調整し、ご利用者様の金銭負担を1割にしたい。

 

4)目の開閉での操作にこだわらず、わずかな動きで操作できる意思伝達装置を増やしたい。

 

■資金使途

意思伝達装置のソフトウェア開発・機能改善作業    2,000,000円
意思伝達装置のハードウェア部品購入(10セット分)    500,000円
意思伝達装置の使い方マニュアル・ホームページ作成    200,000円


必要金額合計: 2,700,000 円

 

※上記費用の一部をクラウドファンディングにて募らせていただきます。

※差額は自己資金にて補填いたします。

※第一目標を超えていただいた金額も、引き続き上記の費用(ハードウェアのセット数追加)に充当いたします。

 

 

 

一人でも多くの方に意思伝達装置を!

 

突然の脳梗塞で全身麻痺を患った叔父は、奥さん・お子さん・お孫さんに想いを伝えることができないまま亡くなりました。そのときの経験から、同じようなつらい思いをしている方を一人でも救いたいと考えています。

 

既に障がい者向けの意思伝達装置はありますが、文字が読めない方、目が見えない方、身体的な特徴により装置との相性が合わない方、近親者に機械に弱い方しかいらっしゃらない方、金額面で既製品の購入に躊躇している方、ご家族の方が耳が聞こえないなど、さまざまな障壁で意思伝達装置をご利用できない方がいらっしゃいます。

 

今回、皆さまからご支援をいただくことにより、使いやすい装置と一人ひとりに合わせた操作方法や意思表現方法のご提案、この両方を継続的に提供することで、一人でも多くの障がい者とそのご家族の方の生活を豊かにしていきたいと考えております。どうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

プロジェクトに関わってくれているメンバーと

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

小谷雅彦(合同会社システムGenKi 社長)

小谷雅彦(合同会社システムGenKi 社長)

地域活動として頑張ってきた子育てもゴールが見えてきましたので、親世代の介護の地域活動に力を入れはじめています。 2008年~ 合同会社システムGenKi社長、 2009~ 2018年 吉備公民館講座 ちちとコくらぶ講師、 2010年 厚労省初代イクメンの星(https://www.youtube.com/watch?v=TLuiqMG288E&t=5s)、 2015年~ NPO吉備たくみ会理事、 2015~2018年 吉備小学校PTA会長

リターン

3,000


alt

お気持ちコース

○お礼メッセージ
○利用者からの「意思伝達装置で近親者とコニュニケーションをとる様子」を動画・写真・音声でお届け

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

10,000


alt

【個人様向け】意思伝達装置半年無料レンタル(1台)

○お礼メッセージ
○意思伝達装置半年無料レンタル(1台)

※詳細は、クラウドファンディング終了後、メールにて調整させていただきます。

支援者
2人
在庫数
2
発送完了予定月
2020年12月

10,000


alt

【意思伝達装置開発に向けて!】応援コース

○お礼メッセージ
○利用者からの「意思伝達装置で近親者とコニュニケーションをとる様子」を動画・写真・音声でお届け

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

30,000


alt

【施設様向け】意思伝達装置半年無料レンタル(3台セット)

○お礼メッセージ
○意思伝達装置半年無料レンタル(3台セット)

※詳細は、クラウドファンディング終了後、メールにて調整させていただきます。

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2020年12月

30,000


alt

【意思伝達装置開発に向けて!】全力応援コース

○お礼メッセージ
○利用者からの「意思伝達装置で近親者とコニュニケーションをとる様子」を動画・写真・音声でお届け
○完成した製品の説明書にspecialthanksとしてお名前掲載(任意・掲載サイズ:小)

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

50,000


alt

【意思伝達装置開発に向けて!】全力応援コース

○お礼メッセージ
○利用者からの「意思伝達装置で近親者とコニュニケーションをとる様子」を動画・写真・音声でお届け
○完成した製品の説明書にspecialthanksとしてお名前掲載(任意・掲載サイズ:大)

※いただいたご支援は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いてすべて活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

プロフィール

地域活動として頑張ってきた子育てもゴールが見えてきましたので、親世代の介護の地域活動に力を入れはじめています。 2008年~ 合同会社システムGenKi社長、 2009~ 2018年 吉備公民館講座 ちちとコくらぶ講師、 2010年 厚労省初代イクメンの星(https://www.youtube.com/watch?v=TLuiqMG288E&t=5s)、 2015年~ NPO吉備たくみ会理事、 2015~2018年 吉備小学校PTA会長

あなたにおすすめのプロジェクト

子どもたちの未来のために、豊かな学習環境を支援して笑顔にしたい!!

中央大学ローターアクトクラブ中央大学ローターアクトクラブ

#子ども・教育

4%
現在
41,000円
支援者
6人
残り
34日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする