READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

築120年の古民家を、一棟貸しの宿泊施設として蘇らせたい!

石田恵海

石田恵海

築120年の古民家を、一棟貸しの宿泊施設として蘇らせたい!

支援総額

4,060,000

目標金額 3,000,000円

支援者
420人
募集終了日
2020年2月27日
プロジェクトは成立しました!
25お気に入り登録25人がお気に入りしています

終了報告を読む


25お気に入り登録25人がお気に入りしています
2020年05月21日 08:19

開業延期から7月オープンに向け、今考えていること

 

【7月23日オープンを目指して、現在のところ】

 

わたしどものプロジェクトにご支援くださったみなさま、見守ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。みなさまにご支援いただいたのが、2019年12月27日~2020年2月27日。それから想定もしていなかった新型コロナ感染拡大を防止するための緊急事態になり、社会は大きく変わってしまいました。みなさま、お変わりなく、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

 

ご支援いただいております皆様には、先にお知らせさせていただいておりますが、「旅と裸足」「café yusan」の4月オープンを見送る決断をし、既存のレストラン「Terroir愛と胃袋」も休業しました(レストランは5月15日よりちいさく再開しています)。

 

レストランの3周年であり、旅と裸足のオープン予定日であり、わたしたち夫婦の結婚10周年でもあった4月14日には、旅と裸足とcafé yusanをご案内するFecebook LIVEを行い、そこでもお伝えしたのですが、コロナ禍の状況次第ではありますが、7月23日海の日を目標に旅と裸足とcafé yusanをオープン予定としています。

 

そんな発表をしつつも、コロナ次第というのがわたしの開業準備への気持ちを萎えさせ、「飲食」「旅」というコロナでとらえ方も変わっていくであろう分野で、このまま開業していいのだろうか?と、細かい備品(布団を収納するラックとか)ひとつ買うのも躊躇する日々でした。

 

ましてや、「腹減った」しかおまえは言えないのか!?という感じの、休校でエネルギーを持て余してやたらと騒いでいる男子3人もいると、こどもたちの腹を満たすことと、既存のレストランのことを考えることで一杯一杯。新規事業の準備というエネルギーのいる作業までなかなか追いつかない。

 

でも、それではいかんと、自分をどうにか奮い立たせて気持ちがやっと立ち上がってきて、バリバリ準備を再開しだした。今そんなところにいます。布団を収納するラックも昨日買いました(笑)。

 

 

 

【ご支援いただいた資金で購入したものをご紹介!】

 

オープンを先に伸ばしたことで、まだ発注できていないもの、一部支払いを終えていないものもありますが、できうる限り山梨県と長野県のローカルの宝のような技術と才能を持つみなさんのお力をお借りしています。ご無理を聞いていただいたり、ご配慮いただいていることもありますので、個人の方それぞれの支払い金額の公開は差し控えさせていただきます。

 

前田源商店さんのオーガニックコットンの布地

tel youさんデザインの部屋着とエプロン

みらいファームさんでの部屋着の染め

すずきたもつさんの器やシェード

ツパイ工房さんのシェードやグラス、カトラリー

窯八さんの器、カップ

上野玄起さん製作の五徳とyusanの看板

四井真治さんに修繕してもらったかまど

・四井さんに講師をしていただくワークショップで使うヴェルデン・ウッドさんの瓦チップなど

・工芸社  桂原幸さん製作の表札やキーホルダー

土屋誠さんアートディレクション&デザインのショップカード、看板、Webなど

鈴木啓太さん製作のWebサイト

砺波周平さんによる写真撮影

西清志さん製作の2つの暖簾

SIWAさんの和紙による室内備品

あたぼうステーショナリーさんによるオリジナル原稿用紙

・BambooWorldさんによるバンブー歯ブラシ・綿棒

・五十嵐友美さんによる清掃アドバイス・マニュアル作成

アトリエ ヨクトさんのOKAMOCHIとTORI-bashi

BIO HOTELS JAPANさんのアメニティ

暮らしっく村さんのアメニティ

S PLUS ONE architecture坂野由美子さん設計、丸正渡邊工務所さん施工の工事の一部

・自社ホームページ予約システム、サイトコントローラーシステム導入費10万円

・IKEAでキッチン回りの小物、イス、ちいさなテーブルなど10万円分

・清掃道具、備品倉庫棚など細かな備品20万円分予定
 

 

 

【リターン品の発送、6月よりスタート】

 

8月までにお送りする予定としていたリターン品ですが、6月よりお送りできるよう準備を始めていきますので、しばしお待ちください。

 

中国広州市にある会社に製作をいらしていたオリジナルバンブー歯ブラシも、ロゴ印刷なしで届いたという事件を報告いたしましたが(泣き笑い)、この後、この会社はコロナで1カ月近く工場が閉鎖して心配したのですが、そこから立ち上がり、約束どおり3月にはロゴ入り歯ブラシが届いております。この中国の会社は4月は日本のマスクの品薄を心配してくださったりと、コロナ禍を通じたなかなか泣ける物語もあるのですが、それはまたの機会に。

 

カフェやレストランのお食事券の有効期限は、ルールがあり、2020年10月となっていますが、発送日から6カ月の期限でご利用いただけるよう修正し、お送りいたします。

 

ワークショップやレセプションパーティの開催は、7月のオープン前にと考えてはいるのですが、状況を見ての判断とさせてください。ただ、必ず開催いたしますので、あらためてその時にご連絡をさせてください。

 

 

【これからの旅、わたしたちの旅】

 

わたしたちがしている飲食業も、これからしようとしている旅行業も大打撃を受けている業界ですが、じゃあ、コロナによって根底から覆すような事業の見直しをしなくてはならないのだろうか?と考えました。今でも考えていますが、まだ明確な答えは出ていません。それでも小さな結論は見つけました。

 

わたしたちはこれまでレストランも宿泊施設も「大切な方と楽しんでいただきたい時間」をベースに、しつらいを整え、料理のコースを設計し、サービスを考えてきました。そのベースの考え方は新しい生活様式というものが導入されても、変えないはずだよねということ。「大切な方と楽しんでいただく時間のためにわたしたちができること」、それを考えて提案していくという基本は、やっぱり変わらないと思うのです。

 

もともと一棟貸しの宿というのは、暮らしの延長にあるひとつの旅の過ごし方で、何でもない田舎の集落、棚田を散歩して楽しんでほしいと、このクラウドファンディングの記事でも最初に書きましたが、このコロナ禍の3カ月間、わたしたち家族はこの棚田までの道を何度となく散歩しました。棚田の先の道の駅にある芝生にピクニックシートを敷いてワインを開けてランチを楽しみ、こどもたちはサッカーをしたり、鬼ごっこをしたり……。それは暮らしのようでもあり、ちいさな旅のようでもあり、救いでもありました。

 

 

一昨日、我が家の絵本棚から絵本が溢れ出て、ちょっと絵本の収拾がつかなくなっている状況を見た次男が「あのさー、うちは旅の絵本ばっかりじゃない?」と言いました。「旅の絵本ばかりじゃないけど、本を読むのは旅と似ているからそう思うのかな?」とわたしが答えると、「あー、そうそう、ゲームも本も旅だよね」と言いました。

 

そして今日、本当に偶然なのですが、ひとりのおじさまがお店にやってきて、うれしそうにスケッチブックを開いて見せてくれました。うちの集落を上のほうからスケッチした水彩画で、その絵の中央にはTerroir愛と胃袋の大きな古民家の屋根。その手前には旅と裸足の建物がありました。

 

そのおじさまは一昨日、うちの長澤集落が見渡せる高台で、2時間ほどスケッチを楽しまれたそうで、できあがったその絵を今日見せに来てくださったのでした。スケッチブックの原画が素敵なので、その絵を写真に撮らせていただこうとしたら、「プレゼントです」と原画をご自身で撮影した写真をくださいました。

「いやー、2時間くらいかな。いい時間を過ごさせていただきましたよ。いやー、ホントいい旅でした。ありがとうございました」と帰っていかれました。確かに「旅」とおっしゃったそのおじさまのお住まいは、うちから20分ほどのところでした。

 

何が言いたいかというと、旅って感じるものなんだなぁということです。そして、そこかしこに旅は溢れているものなんだなぁ、とも。

 

旅と裸足はプロのみなさんのお力で、本当に素敵な空間に変身してきたのですが、「こんな場所に人が泊まりに来るのかね?」というのが「えらい人たち」の意見としてあったんですよね。気にしない気にしないと思いつつも、ちょっと気にしていたのですが、このコロナ禍を通して見た、スケッチおじさまや次男の言葉や家族の散歩から、あらためて旅の概念みたいなものに触れ、「こんな場所に泊まりに来るのかね?」という雑音はわたしのなかでミュートされた気がしました。思う存分、旅と裸足をやりたい! そうあらためて、気持ちがルンとした思いでした。

 

 

さぁ、そして予約も開始します。ジャーン!と本当ならやれないといけないのが経営者だと思うのですが……、シュン。すいません。もう少し時間をください。でも7月23日オープンと決めたのですから、早々にはご予約していただけるようにして、ちゃんと告知をいたします。

 

新着情報でもご報告をしたいと思いますが、Fecebookをされていらっしゃる方は、

Fecebookページ「旅と裸足」 https://www.facebook.com/tabitohadashi/ 

「Terroir愛と胃袋」https://www.facebook.com/aitoibukuro/

をフォローしていただけますと幸いです。こちらのほうが早い情報をお届けできるかと思います。

 

 

「旅と裸足」が426名(直接ご寄付というかたちでご支援くださった方を含めて)もの方々のご支援に支えられて、この夏開業できますことを心より誇りに思います。たくさんの方の人生に、旅と裸足で過ごした時間が記憶として残りますよう、思う存分、がんばります。今後も引き続き見守ってくださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

リターン

3,000

alt

ノーリターン 想いを込めて

想いに共感してくださり、特にリターンは不要という方へ。

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りいたします

支援者
182人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

5,000

alt

使い捨てない! 「旅と裸足」特製バンブー歯ブラシ

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ

支援者
105人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

10,000

alt

何を想い、何を綴る?「旅と裸足」特製原稿用紙+使い捨てないバンブー歯ブラシ

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)

支援者
110人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

30,000

alt

棚田を愛でながらコーヒーを楽しむ豊かな時間+「旅と裸足」特製原稿用紙+使い捨てないバンブー歯ブラシ

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)
■併設されたカフェ「yusan」の棚田コーヒー5回券(有効期限2020年10月14日)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

50,000

alt

「Terroir愛と胃袋」の八ヶ岳ガストロノミーランチ&草木染め体験にご招待!

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)
■「Terroir愛と胃袋」の八ヶ岳ガストロノミーランチ(1名様分/有効期限2020年10月14日)
■「みらいファーム」さんにて草木染め体験(2月に開催。開催日決定は1月20日)

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

100,000

alt

サスティナブルな宿づくりワークショップ+レセプションパーティにご招待!

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)
■レセプションパーティご招待(2020年4月14日「旅と裸足」にて開催予定)
■「みらいファーム」さんにて草木染め体験(2月に開催。開催日決定は1月20日)
■「旅と裸足」にてバイオジオフィルター(3月28日)やミミズコンポストづくり(4月4日)のワークショップご招待

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

500,000

alt

「Terroir愛と胃袋」スペシャルペアディナーご招待!

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)
■レセプションパーティご招待(2020年4月14日「旅と裸足」にて開催予定)
■「みらいファーム」さんにて草木染め体験(2月に開催。開催日決定は1月20日)
■「旅と裸足」にてバイオジオフィルター(3月28日)やミミズコンポストづくり(4月4日)のワークショップご招待
■「Terroir愛と胃袋」スペシャルディナーご招待(2名様/有効期限2020年10月14日)ご招待

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

1,000,000

alt

八ヶ岳ガストロノミーを巡り、スペシャルディナーを楽しむ1泊2日

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)
■レセプションパーティご招待(2020年4月14日「旅と裸足」にて開催予定)
■「みらいファーム」さんにて草木染め体験(2月に開催。開催日決定は1月20日)
■「旅と裸足」にてバイオジオフィルター(3月28日)やミミズコンポストづくり(4月4日)のワークショップご招待
■「八ヶ岳ガストロノミー」をテーマに八ヶ岳の生産者さんなどを女将がご案内し、「Terroir愛と胃袋」スペシャルディナーと「旅と裸足」(4名まで)1泊宿泊(有効期限/2020年10月14日)
※現地集合になります。送迎手配等はいたしません。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

2,000,000

alt

5泊6日でサスティナブル田舎ステイを楽しむ!

■応援していただいた感謝の気持ちを込めたお礼メール
■ショップカード
■「旅と裸足」のロゴ入りバンブー歯ブラシ
■あたぼうステーショナリー協力の「旅と裸足」のロゴ入り原稿用紙(50枚)
■レセプションパーティご招待(2020年4月14日「旅と裸足」にて開催予定)
■「みらいファーム」さんにて草木染め体験(2月に開催。開催日決定は1月20日)
■「旅と裸足」にてバイオジオフィルター(3月28日)やミミズコンポストづくり(4月4日)のワークショップご招待
■「八ヶ岳ガストロノミー」をテーマに八ヶ岳の生産者さんなどを女将がご案内し、「Terroir愛と胃袋」スペシャルディナーと「旅と裸足」(4名まで)5泊宿泊(有効期限/2020年10月14日)
※現地集合になります。送迎手配等はいたしません。

支援者
0人
在庫数
1
発送予定
2020年8月

プロジェクトの相談をする