大麻博物館館長の高安です。
今日は、東京で麻糸産み後継者養成講座を開催していました。

 

智頭町での一件が、大きなニュースになっているようです。
行政と共に、農作物としての大麻で町おこしを行い、
繊維を採る伝統的な技法「桶蒸法」に取り組んだりされているとお聞きしていました。

 

詳しい事情はもちろん分かりませんが、
意義のある活動をされていると思っていただけに、今回の件は非常に残念です。

 

農作物としての大麻について、これ以上誤解や偏見が広まりませんように。

新着情報一覧へ