プロジェクト概要

台湾の高雄ガス爆発に対する義援金を集めて、

弊社の売上げを加え、高雄市政府局に寄付したい!

 

はじめまして。SnowSmile株式会社で代表をしています清水ケンジと申します。ネイルアートのスマホ試着アプリやネイルシールのEコマースサービスを作っています。今回、台湾の高雄ガス爆発に対する義援金を送りたいと考え、プロジェクトを立ち上げました。個人で高雄市政府局に義援金を送るには、海外送金に慣れていないと少々難しいです。それを今回のプロジェクトを行う事で代行し、弊社の売上げを加えた資金を送信します。お礼として台湾生産の弊社ネイルシールをお渡しします。

 

今回、50万円のご支援を募ります。皆様ご協力をお願い致します。

 

(台湾生産の弊社ネイルシール)

 

 

高雄のガス爆発事故

 

8月1日深夜に、高雄のガス爆発事故が起こりました。高雄市政府局に対する義援金送付方法では個人で行うには慣れていないと難しいかもしれません。高雄市政府局への送付以外には姉妹都市である八王子市などで募金を行っております。

 

 

Tokyo Crazy Kawaii

 

今年9月に台北花博公園で行われる、Tokyo Crazy Kawaiiというイベントに弊社が出展致します。日本が国として台湾に東日本大震災のお礼を言えてなかったので、民間でお礼をする『Thanks Taiwan』というテーマの元のイベントです。Tokyo Crazy Kawaiiでの弊社の売上げの一部を加え、9月と12月頃の二度に渡って高雄市政府局に義援金をお渡しします。高雄市政局にはコンタクト済みで直接お渡しできるそうです。併せて高雄市の現状をお知らせしたいと考えています。

 

 

 

震災の経験から

 

そもそも会社を設立したきっかけというか僕の行動の原点が東日本大震災での体験にあります。僕は青森県八戸市出身でして、2011年に帰省していた際に被災しました。八戸市は死傷者と言う意味では被害は少なかったですが、(普段津波のときは沖に船を逃がし、被害を最小化するのですが)休漁期であったこともあり港の被害が大きかったです。

 

友人のおばあちゃんがやっている海の家が波にさらわれ、昔からお世話になってる知人や友人たちの自宅や職場も被害を受けました。避難所で一晩明け津波の被害にあった実家に戻りましたが電気が通わず暫くシャワーすら浴びれない生活をしておりました。電気が復旧しシャワーを浴び着替えて服を着替えて日常に戻れたことが嬉しかったです。

 

普段馬鹿やっているニュージランド人の友人が東北のために呑み仲間から義援金を集めたり、日本に遊びにきていたフィンランド人の友人が仙台にボランティアスタッフとして参加していました。台湾やアメリカ、パキスタン、タイなど世界中の国からのご支援でまだまだ課題は多いですが東北は立ち直ろうとしています。あの時にお世話になった国々にすべて回ってお礼をするのが人生の目標です。

 

(東日本大震災 八戸市の記録より)

 

 

皆様ご協力頂ければ幸いです。

 

弊社は、正直なところ男性には関心を持たれにくいサービスでしてぎりぎりのところで資金をまわしております。しかし、弊社のネイルシールは台湾の印刷会社で作成しており弊社のネイルシールを刷って販売していくこと自体が台湾へのお礼や応援になるかと思います。私の考え方は一般的ではないので批判があるのは承知のことです。NPOのようなだけでなく事業で成功し利益を還元したほうが多くの方にお礼ができるのではないかと考えています。

 

今回のプロジェクトが、高雄の被災者の助けになればと思います。また台湾生産のネイルシールで少しでも台湾経済の役に立てれればと思います。台灣加油!

 

 

 

 

引換券について

 

 

 


最新の新着情報