マリリン・モンローとローレンス・オリビエが共演した映画です。しかし撮影中2人の中は最悪で、マリリンは彼のことを嫌なヤツだと言い、オリビエは彼女の演技を批判しつづけました。

 

わかるような気がします。オリビエの演技は左脳の演技です。緻密に計算し人物像を的確に表現します。しかし反面、説明がくどく、生きた人間に感じられません。

 

反対にマリリンの演技は右脳の演技です。感性の感じるままに感情の赴くままに演技します。しかしマリリンはいつもマリリンで、役を演じるというよりは、画面の中にいるのはいつもマリリンでしかありません。

 

あれから50年。現在のアメリカ俳優たちは、右脳と左脳の両方を使って演技しています。準備段階ではその映画の時代背景や、人物像の資料などを読みあさり、客観的に人間を分析しておきます。そしていざ撮影が始まったら、感性の赴くままに演技するのです。

 

この右脳と左脳を効果的に使う演技、自分たちも会得したいですね。