プロジェクト概要

 

猫とは無縁の人生だったのですが...

兵庫県丹波篠山市在住、久保山祐二と申します。

2014年全く飼う予定の無かった猫が家にやってきました。

そこからさらに2匹の猫を保護し育てていくうちに殺処分される猫の事を知り

保護猫活動、里親探し活動をやりたいと思うようになりました。

 

 

 

 

関わったからにはほっとけないという気持ちが常に。

うちには3匹の猫がいます。

事情があり飼えなくなった猫や迷い猫を飼っています。

画像の猫は2番目にうちに来た猫です。

猫と一緒に生活して猫の世話をし猫の事をいろいろ考えて5年。

ブームもあり猫の情報がメディアで多く取り上げられるようになりました。

日本では多くの猫が殺処分されている事を知りました。

自宅では飼育数や里親探しに限界もあり新たに保護した猫の飼育場所と

新しい家族との出会いの場を作るために一軒家を借り運営する費用が必要です。

救える猫の数は少ないかもしれないですが何もしないより

一匹でも保護して新しい家族を探す為猫カフェという手段にたどり着きました。

 

 

 

 

 

一軒家を借りて保護猫と出会いの場をつくる。

動物愛護センターから猫を引き取り保護猫の飼育。

保護猫との出会いの場を作り新しく家族になってくれる人を探す。

その為に一軒家を借り1階で簡単な飲食が出来るようにし

2階で保護猫の飼育を行い猫と触れ合ってもらいたいと思っています。

(借家で家賃が5~6万円、敷金や保険代で家賃の10ヶ月分、できるだけ外回りの草刈りや整地、室内の改装は自分で行うので整備費が約80万円程)

何十匹を一度に引き取りしようとは考えていません。

十匹程度になると思いますが、動物愛護センターから引き取りを考えています。

引き取った猫はワクチン接種と感染症の受診は行います。

(1匹当たりのワクチン8000円、エイズ、感染症の検査10000円)

(飼育ゲージやトイレ、猫関連の備品と飲食営業許可取得の為の備品で70万円)

 

譲渡の条件は

完全室内飼い

家族全員の了承

飼育できる住居(ペット可)

避妊、去勢の実施

最期までお世話する。

を守っていただける新しい家族(譲渡先)を探します。

 

 

 

 

継続して保護猫の新しい家族を見つけて行くこと。

たくさんの人に利用していただいてたくさんの人に保護された猫と触れ合っていただいて新しい家族を見つけ続ける事で最終的に殺処分される猫を減らして行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼リターンについて

 

5千円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

 

1万円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

 

1万円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

     丹波篠山産黒豆煮(袋入り100g程度x1)

 

3万円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

 

3万円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

     丹波篠山産黒豆煮(袋入り100g程度x2)

 

5万円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

 

5万円 お礼の手紙、保護した猫のプロフィール写真付き、施設の案内ビラ

     丹波篠山産黒豆煮(袋入り100g程度x3)

 

 

 

プロジェクト終了要項

以下の2つを実行したことをもってプロジェクトを終了とする。 
①2019年9月20日までに引き取った猫10匹のワクチン接種、健康診断(感染症の有無)を完了させる。 
②2019年10月10日までに「GLOW」をオープンさせる。 
治療する病院について 
病院名:降矢動物病院 
病院URL:http://www.furuya-animalhospital.com/

建築改修場所について 
  候補地住所:兵庫県丹波篠山市日置424 
  決定予定日:2019/09/01


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)