プロジェクト概要

「おいしいね」と会話しながら食事ができるよろこびをいつまでも。《タン練くん》で、飲み込むチカラを鍛えよう!

 

■高齢化社会に伴い、食べ物が気管などに入ってしまうことによる死亡が、脳血管障害を抜いて3位になりました。

 

自分の口から食べられず、点滴で栄養をとる。

 

30年の歯科医院経営で後半10年間での山間部への老人ホームへの口腔ケアボランティア、老人ホーム開設5年間の中で、食べる力が弱まっている高齢者の方々をたくさん見てきました。食べ物が気管などに入ってしまうと、誤嚥を引き起こし、亡くなる方々も多くいらっしゃいます。

 

食事は、人生の中でも楽しみのひとつ。その幸せな時間を奪われないように、飲み込むために必要な筋肉を日常の中で鍛えられるトレーニングボトルを開発しました。

 

日常の食後のお茶やジュースなどの飲料をトレーニングボトル【タン錬くん】に入れて飲むことで、 必要な筋肉を鍛えるようにいたしました。 舌圧計による舌圧測定の結果、 舌圧が高くなり、効果を期待できることがわかっています。

 

「食べる」チカラを鍛える【タン錬くん】で、今後もずっと、大切な家族やご友人と美味しく食事をする準備をしていただきたいと思っています。

 

*特許、 意匠、 商標を取得済「嚥下機能訓練具及び訓練方法」

*本製品は医療用器具ではありません。

 

 

 

自分の口から、食べることができる幸せ。

 

もうすぐ90歳になられる男性の方です。他の老人の方と比べて歯の数が多く、硬い物でも食事をしています。

 

3度の食事を楽しみにされており、会話も活発な方です。生活の中で、自分でできなくなってくることが増える中、食べれることが嬉しいとお話してくれました。

 

美味しく食事ができることが、会話につながり、希望を満たし、気分を明るくしてくれるのだそうです。

 

 


一方で、誤嚥で自分の口から食事ができずに、他病院で胃婁*の手術をされ、当施設に入っておられる方がいらっしゃいました。

 

*造られたおなかの口を「胃瘻(胃ろう)」と言い、取り付けられた器具を「胃ろうカテーテル」と言います。(カテーテル=管、チューブ)口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れる栄養投与の方法です。 


この方は、とても口から食べたいという意欲が強い方で、医者から止められているのですが、ゼリーやプリン等なら構わないだろうと了解を得て、食べておられます。プリン等を食べた時でも誤嚥して長時間むせ込んで苦しまれていることもあります。

 

チューブを通して、直接胃に栄養を入れると、食べた感じがしないので、できるだけ自分の口から食べたいと思われるご高齢の方も少なくありません。

 

 

 

高齢者を危険にさらす誤嚥。タン練くんで訓練を。

 

誤嚥とは

舌の筋肉(図①)は舌骨(図②)と喉頭蓋(図③)に繋がっており、通常食べ物を飲み込む際、気管に食べ物が 入り込まないように自然にフタ(喉頭蓋)をする仕組みがあります(嚥下反射)。 高齢になり、舌の筋肉が弱って舌圧が下がってくると、連動してフタの機能(喉頭蓋図③)が弱まり、 食べ物を飲み込む際、気管に入る『誤嚥』が発生します。

 

 

 

タン錬くん

日常の食後のお茶や飲料を嚥下力トレーニングボトルに入れて飲むことで、飲み込みに関する筋肉を鍛えるようにしました。

 

 

吸い口に特徴のある老人用哺乳瓶で水分及び液体栄養分を摂取しながら喉頭蓋を動かす筋群、じん帯を鍛える製品は今までになく、この『タン錬くん』(嚥下力トレーニングボトル)は、食べる、飲むということを強化をはかる飲料器具です。

 

歯科医師として嚥下反射の仕組みである舌・咽頭、食べたものが肺に入らないための喉頭蓋の開閉という、 一連の筋肉の働きが正常に動く(嚥下反射)ことがとても重要であると理解しています。

 

 

‖タン練くんの検証

 

3か所の老人ホームや医院、口腔ケア&摂食・嚥下研究会などの先生方に試作品をお渡しして検証しました。

 

70歳以上の高齢者さんが必要な舌圧値は、20Kpaを下回ると誤嚥リスクが高くなると言われていますが、タン錬くんを使ったところ、以下のように舌圧が上昇しました。

 

誤嚥リスクが高まる20Kpaを超える結果に。

 

 

パーツごとに洗うことができます

 

 

タン練くんのおすすめの使い方

 

1. 何も入れずに、吸うトレーニング

2. 初回トレーニング用の小容量タイプ(ブルー)にお茶やジュースなど飲料を入れて飲む

3. 舌圧が高まった方には、大容量タイプ(グリーン)にお茶やジュースなど飲料を入れて飲む

 

 

‖ご使用の際の注意事項

 

*顔を上に向けて飲まないでください。気管に入りやすくなります。顔はまっすぐ前に向けたままで、中身が減ってきた際は、ボトルだけを持ち上げて、鼻につくぐらい立てて飲みきってください。


*いきなりグリーンをお使いいただくと、鍛える前なので誤嚥しやすいため、小容量タイプからお試しいただくことをおすすめします。

 

*終末期やパーキンソン病、IDSL等疾患的に難しい患者さん、また、飲み込みの筋肉にマヒのある方への使用はお止めください。

 

*介護が必要な方が使用する際には、付き添いの方、もしくは介護職の方が監視の元ご使用ください。

 

 

食べるよろこびを奪い取られないように。

 

ご高齢者が、誤嚥による苦しみをあじわうことなく、幸せのままご自分の口で「おいしいね」と会話をしながら食事を楽しんでほしい。

 

その時間こそが、健康を支える基盤になると思います。大切な方に将来の幸せな時間をプレゼントする思いで、ぜひこの「食べる」チカラを鍛えるタン練くんをお贈りいただければと思います。

 

 

リターンについて《先行予約でお得》

 

《まずはお試し》

‖4,300円

●初回トレーニング用の小容量タイプ(ブルー)のタン練くん
●開発者であり歯科医師作成のご使用いただく際のご案内書を併せてお送りします。
お贈りいただく際も安心してお使いいただけます。

 

 

▼《おすすめ》お得な2タイプセット

‖7,000円 

●初回トレーニング用の小容量タイプ(ブルー)のタン練くん 

●舌圧が高まった方用の大容量タイプ(グリーン)のタン練くん

●開発者であり歯科医師作成のご使用いただく際のご案内書を併せてお送りします。
お贈りいただく際も安心してお使いいただけます。

 


《お得にまとめて購入コース》10セット

‖63,000円

タン錬くん2個セットを10セット
●初回トレーニング用の小容量タイプ(ブルー)
●舌圧が高まった方には、大容量タイプ(グリーン)
●開発者であり歯科医師作成のご使用いただく際のご案内書を併せてお送りします。
お贈りいただく際も安心してお使いいただけます。

 

 

《お得にまとめて購入コース》20セット

‖125,000円

タン錬くん2個セットを20セット
●初回トレーニング用の小容量タイプ(ブルー)
●舌圧が高まった方には、大容量タイプ(グリーン)
●開発者であり歯科医師作成のご使用いただく際のご案内書を併せてお送りします。
お贈りいただく際も安心してお使いいただけます。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)