引き続き、みなさんからの温かいご支援が集まっています。

感謝いたします。ありがとうございます!

1/19の田代島の様子を、引き続きご紹介いたします。


 

常に猫が共にあります

 

田代島・二斗田の港で帰りのフェリーを待っていると、ここでも猫が集合して、一緒にフェリーを待ってくれます。

 

港で一緒にフェリー到着を待ってくれる猫

 

田代島では、どこにいても猫が現れて、一緒に時間を過ごしてくれます。
さすが、猫島。

 

1/19の訪島時、海外から来た方がおられました。

(私は3回、田代島に行っていますが、いずれも海外の方と出会いました)

 

下の写真の中でカモメを撮影している女性。ニュージーランドの方で、お友達の結婚式で日本に来た際、ネットで検索して、猫島・田代島を見つけたのだそうです。猫はワールドワイドですね。

 

フェリーの汽笛でカモメたち飛びまくり

 

思わずシャッターを切りますね

 

猫を求めて、各国からも人がやってくる田代島。

これからますます観光産業の重要性が高まる日本の中で、猫をはじめ、すでに豊富な観光の源資源を持ち、認知を得ている田代島は貴重な宝です。

最盛期は1300人とも言われる田代島の住人は、今では43人とうかがっています。
田代島に住む人がいなくなれば、猫たちも今までと同じようにこの島にいる事はできなくなるでしょう。
 

この田代島に、海と生きるライフスタイルで輝く街を取り戻すのが私たちの最終目的です。
 

まだまだ目標達成への道のりは長いですが、
最後まで達成を目指して頑張っていきたいと思います!
もしよろしければ、より多くの方にプロジェクトのことを知っていただくために
FacebookやTwitterでの拡散にご協力いただければ幸いです。

よろしくお願いします!

 

二斗田の港

 

新着情報一覧へ