照恩寺テクノ法要勤修のご報告

皆様のご支援のお陰で、5月3日に照恩寺テクノ法要を無事勤めることが出来ました。

製作にかかる費用は基より、温かいメッセージをいただいたり、この法要にお参りいただいた方もいらしゃるなど、多方面からのご支援に支えられた結果、大成功を収める結果となりました。

【結果報告】

法要当日、照恩寺には約250名の参拝者が訪れ、これまで経験したことが無いような賑わいでした。年齢層も幅広く、80歳を過ぎた高齢者から、小さなお子様を連れたご家族連れも多く、とても温かい雰囲気を感じることが出来ました。昨年もお参りいただいた参拝者からは、「前回からのバージョンアップ度が想像をはるかに超えている」という評価をいただいております。

また、このプロジェクトに挑戦中、ニコニコ生放送様からコラボレーションのオファーがあり、法要当日は、ネットでの生放送が実現し、19000人を超えるネットユーザーにご参加いただき、視聴満足度は90%を超える高い評価をいただいています。

この結果は、皆様から支援金で購入したプロジェクタ等の機材やソフトウエアを使用することで得られたものです。

報道関係では、NHKやAbema TV・ネット動画サイトや雑誌・新聞等各種メディアから今後もテクノ法要の様子が紹介される予定で、更にAP通信社から世界発信も予定されています。また、本願寺からの視察もいただき、宗派内でも、広くこの取り組みをご紹介いただく運びとなったことも大きな成果です。

 

私の目的はテクノ法要をご縁として仏の教えを身近に感じていただくことです。

この目的が、様々なメディアを通して広く伝わり、これまで仏教に関心が薄かった方々にも知っていただけていることを、SNS等を通じて実感しています。


画面上部の欄間部分へのプロジェクションマッピングは、今回のご支援で購入させていただいたプロジェクタ2台と、マッピング用のソフトウエアを使用して実現しました。
なお、経典の文字が映し出された4本のスクリーン(越前和紙)へ投影するのためのプロジェクタ・PCなどは、ニコニコ生放送様とのコラボレーションによる技術協力により提供していただいたものです。私のアイディアを具現化していただく、ありがたい協力でした。これは、あまりにも素晴らしい効果があり、今後このシステムを導入することを考えています。

 

この眩い照明もパーツを購入し自作しました。16個の電球をDMXという照明システムですべて個別にコントロールしています。阿弥陀様から私たちを照らす光を表現するために導入しました。

 

想定外だったのは、音楽を作成する上で、それまで使用していたDTMソフト(作曲ソフト)の限界を超えたため、より高機能なバージョンへのアップグレードが必要となったことです。この資金についても、目標を超えたご支援のお陰で対応することが出来ました。


反響の大きさから、法要を2回(午前10時と午後2時2回)勤めさせていただきました。

 

福井新聞

 

福井経済新聞


【収支報告】

皆さまからご支援頂いた資金は、以下のとおり有効に活用させていただきました。

収入
クラウドファンディング資金 398,000
自己負担 16,512
合計 414,512

 

支出

項目 品目 個数 金額
手数料 Readyfor 17% 67,660
プロジェクタ プロジェクタ 2台 136,472
thunderbolt・HDMI変換アダプタ 2個 2,200
HDMIケーブル 2本 7,960
プロジェクタ吊り下げベース 2個 10,630
プロジェクタ吊り下げ金具 2個 3,440
プロジェクタバック 2個 6,638
ソフトウェア マッピングソフト 1本 37,935
DTMソフト(アップグレード) 1本 35,640
照明器具 スポット電球 16個 25,280
電源ケーブル 16本 3,439
電球ソケット 16個 7,344
調光ユニット 4個 37,064
LED ParLight 4個 29,376
MIDI コントローラ 1個 3,434
合計 414,512


【リターンの発送状況について】

現在、4月中に発送予定だったリターン(お礼状・念珠)の準備が遅れていますが、この報告と共に発送準備を進めていますので、申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。(想定外の取材対応等に追われ、スケジュールが大幅に変動したためです。)

なお、5月中に発送予定のリターン(CD・DVD)については予定通り作成中です。


【今後について】

テクノ法要は、毎年5月3日・10月25日に勤めさせていただきます。(次回は2017年10月25日7(水)19:30からの予定です。)

この企画が、固定化・形骸化しないよう、「お浄土のイメージを表現したい」という気持ちを毎回新たにしながら、変化を続けてまいりますので、今後とも応援・ご支援をお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています