READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

川端元維

川端元維

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

支援総額

915,000

目標金額 2,000,000円

支援者
99人
残り
終了しました
募集は終了しました
6お気に入り登録6人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年11月22日 23:56

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 -

皆様

 

こんにちは。こんにちは。一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ、設立準備中)代表の田辺(自己紹介はこちらをお願いします)です。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

 

この「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門」の連続投稿を見ていますとおっしゃられる、ある中央官庁にお勤めの方から、「とてもわかりやすいコラムですね」とのお声をいただきました。

 

大変、励みになります。本当にありがとうございます!

 

今回、アメリカはボストンにおける代表的なソーシャルビジネスの一つであり、セオリー・オブ・チェンジを軸に、出所者の社会復帰支援事業を展開する、UTECを取り上げたく思います。

 

まず、日本でも、かつて非行に走って罪を犯し、刑務所に一定の期間を服役し、その後の出所者の社会復帰を、民間としてどう支援するかという社会課題があります。

 

「出所者である」と履歴書に書くと、なかなか企業から採用されにくい事情もあり、生活に困窮して、また罪を犯して再犯者となる、という負のサイクルからどう脱却したらいいのか。

 

そこで、日本では2015年4月に社会起業である「新宿駆け込み餃子」という飲食店が歌舞伎町にてオープンしました。私も過去2回行ってみましたが、大変美味しく餃子をいただけ、事業のストーリーも、店内の装飾や、店員さんのお話から伝わってくるものがありました。詳細は、下記の報道をご覧ください。

 

「新宿駆け込み餃子」 罪を犯した人に、再起のための居場所を(ハフィントンポスト、2016.1.2)

元受刑者が働く「新宿駆け込み餃子」 菅原文太さんも支援(週刊女性PRIME、2016.1.6)

「前科持ちも出所者も、すべてを包み込むから餃子やねん」出所者のセカンドチャンスを応援する居酒屋「新宿駆け込み餃子」(greenz.jp、2016.3.27)

 

一方、アメリカでは非行に走った青少年の社会復帰をセオリー・オブ・チェンジを軸に展開する、UTEC(United Teen Equality Center、ユーテックと発音)という社会起業があります。事業の全体像を紹介する、下記の映像を、大変素晴らしいものとなっていますので、ぜひご覧ください。ソーシャルの深みが半端ありません...

 

UTEC: Breaking Barriers to Youth Success

 

さて、UTECのHPで、セオリー・オブ・チェンジの説明を探してみましょう。

 

なんと、PROGRAMSの一番上に、セオリー・オブ・チェンジを掲載しており、UTECの一押しにしています。

 

英文でセオリー・オブ・チェンジをUTECは説明していますが、和訳してまとめると以下となります。

 

・街頭で非行青少年へのUTECへの勧誘ならびに平和創出活動(street outreach and gang peacemaking)

・移行コーチング(transitional coach)

・就労トレーニング(workforce development) 

・学科教育(education)と市民参加教育(civic engagement)

・再犯予防、社会復帰

 

そして、めざましい成果が生まれています。下記はUTECの2016年のレポート(UTEC Outcomes Snapshot 2016)です。

UTEC Outcomes Snapshot 2016

 

・89%のUTEC参加者が本年度では逮捕されず98%は有罪宣告を受けなかった(成果の比較として、マサチューセッツ州では、18-24歳の受刑者の51%が法廷に召喚され罪状の認否を問われた)

・82%のUTEC卒業生が2年後に企業に採用された(成果の比較として、マサチューセッツ州では、もし罪を犯していなかった場合に比べ、元受刑者は40%の収入に留まる)

・24%のUTECのHiSETクラス受講生は昨年高卒認定を受けた(成果の比較として、全米の18-24歳で服役経験のある男性の20%未満しか高卒資格を得られない)

 

マサチューセッツ州知事もUTECについて施政方針演説で言及するほどです。

 

Gov Charlie Baker's Inaugural Speech UTEC Shout out!

 

実際にUTECに私は「ハーバード社会起業大会スタディプログラム」にて2015年2月に訪問し、上記の映像にあるマットレス工場や、UTECのオフィスを拝見し、プレゼンも伺いました。

 

 

 

(出入り口には「おかえり」とUTEC参加者の若者たちを出迎えています)

 

ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)の視点を持ち、社会からはぐれてしまった若者たちの社会復帰にセオリー・オブ・チェンジを軸に様々の事業を展開するUTEC。

 

街頭での勧誘活動、マットレス工場、カフェ、学科教育、市民参加教育と、あれこれと多様なプログラムを展開していますが、セオリー・オブ・チェンジがあるから、参加者たちも、運営者たちも、筋道だった理解を共有でき、日々の業務に集中でき、すばらしい成果を挙げることが可能になっています。

 

UTECの事業により、再犯予防への税金投入を減少できる効果もあるとされ、財政難にあえぐ日本でも、今後セオリー・オブ・チェンジの意義への理解が広がると思われます。

 

さて、次回ではB LabというBコーポレーションの認証や普及啓発等を展開するアメリカのNPOのセオリー・オブ・チェンジを見てみましょう。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

 

そして、本プロジェクトへのご支援のお願いを切実に申し上げます。

 

まず、先日「米国人ToC専門家の1月来日の費用総額では300万円が必要で、うち200万円を本プロジェクトにおいて、ご支援をお願いしています」と申しました。

 

そして、3つの貴重なご質問をいただきました。

 

Q1. 300万円の費用の内訳と使途を教えてください。

A1. 以下を予定しています。なお、ReadyFor?キュレーターにお願いし、11/22夕方にプロジェクト本文にて、今回本プロジェクトで募集分の200万円の内訳と使途のアップをいただきました。

 

以下の費用は、1月来日(7日間を予定)に関与する全メンバー(東京、名古屋、大阪の3都市で5人〜10人を予定)の費用の合算値になります。つまり、決して米国人ToC専門家1人だけの費用ではございませんことのご留意を何卒お願い申し上げます。なお、賃率は非公開となりますことのご了承をお願い申し上げます。

 

経費項目名    見積金額
旅費交通費(日米往復の航空券代、国内3都市の交通機関代)    402,000円
宿泊費(国内3都市)    450,000円
会場費(国内3都市)    300,000円
資料・教材の翻訳費    500,000円
管理費(引換券対応費、ReadyFor?手数料、振込手数料)    348,000円
必要金額合計:    2,000,000円

 

しかし、上記の200万円では、人件費が入っていません。とはいえ、専門性がきわめて高く、これだけ大きなプロジェクトを、日米双方の関係者が無報酬で行うのは、日米間の信頼関係を大きく毀損し、持続性がとても困難になってしまいます。

 

よって、法人協賛ならびに入場料収入も加えた資金調達の目標総額を300万円とし、差額の1,348,000円(= 3,000,000円 - (2,000,000円 - 管理費348,000円)) を、本件に関与する運営メンバーと会場メンバーの人件費の総額とすることを目指しています。

 

Q2. 来日する必然性を教えてください。映像中継ではだめでしょうか?

A2. まず、セオリー・オブ・チェンジ(ToC)の世界的専門家が来日する機会は、2000年代後半に日本のごく一部のNPOでToCの導入が始まったと申しましても、約10年間まったく存在してきませんでした。私が2014年にNYにてToCの専門研究機関のCToCを訪問し、以来関係づくりを続け、ようやく今回来日に向けて日米双方で準備を進められることになりました。

ToCの理解とくに作成は、専門家の水谷さんもこちらにて指摘されるように、第三者の存在として優れたファシリテーターの存在が不可欠であり、ToC米国人専門家の招聘が日本社会にとって必要との判断をいたしました。映像で中継でつなぐことは、日本側には良くても、時差で深夜になるアメリカ側に大きな負担を強いてしまいます。

例えばSROIでは英国人専門家の来日セミナーが定例化(次回は2017年2月です)しており、よってSROIの海外の最新知見が日本に入るパイプラインが生まれています。ToCでも海外の最新知見が日本に入るパイプラインを創るには、受け身で待っていてはだめで、日本から自主的に動かねばならないのです。欧米の研究機関や中間支援組織で最新知見が開発されても、経済大国の日本をスルーして、アジア・アフリカの最貧国へ向かっています。

「先進国である日本には、当然のことながら欧米の国際NGOや財団はそれほど興味を示さない」(李妍焱駒澤大学教授、『中国の市民社会』P180、岩波新書

このことは、日本にいると私たちはつい知らずに、気づかないままですが、世界の中の島国として、私たちは世界と積極的に知見のパイプラインの構築をし、日本で山積し深刻化し続ける社会課題の解決を目指したく思います。

アメリカ側との信頼関係づくりがまだ始まったばかりの状況で、映像で日米で中継しても、成果は乏しいですと申さざるを得ません。むしろ「世界の最新知見の学びのために、フェアに専門家に支払う」という文化の醸造をご一緒にできたらと願っております。

 

Q3. 今回クラウドファンディングを立ち上げた理由を教えてください。

A3. まず、恐らく他の海外専門家の来日プロジェクトは皆同様と思いますが、招聘でエコノミークラス利用とはいきません(以前ロンドン市長がエコノミークラスで訪日したとの報道がありましたが、民間人の世界的専門家の来日でエコノミークラスはまずないと考えます)。

ただ、その場合、もし招聘を行えても、セミナーやワークショップの参加費収入だけに転嫁すると、いささか高額な参加費にならざるをえません。そこで、薄く広く支援を仰げるクラウドファンディングを通じ、全国各地の方々にToCを知っていただけたり、つながっていただける契機にし、ToCファンの方々が海外最新知見を得られるようにしたいと考えております。

 

下記は、本日(11/22)時点のご支援額の累計の推移です。もし趣旨にご賛同をくださいましたら、何卒ご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

では、まだまだ本プロジェクトは知られておらず、お一人でも多くのシェアを、心からお願い申し上げます。そして、ご質問やご意見も、大変ありがたく、ぜひともよろしくお願い申し上げます。

 

切実に非営利事業のキャパシティビルディングを模索されている方、ぜひご一緒に状況を変えましょう!!

一覧に戻る

リターン

3,000

【日本にToCコミュニティを創ろう!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

10,000

【ToCの独習をガッツリ始めたい方に!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Changeが作成したセオリー・オブ・チェンジの解説資料「Theory of Change : A participatory Approach to Planning and Evaluation(セオリー・オブ・チェンジ:戦略策定と評価への参加型アプローチ)」の和訳版+日本語訳に向けたメッセージ
■米国研究機関Center for Theory of Change公認で、2016年10月22日に実施したセオリー・オブ・チェンジについての講座「ゲームチェンジャー・スクール第4回:セオリー・オブ・チェンジ(ToC)とは何か?どう作成し、どう事業を組織化するか?」の様子をまとめた映像並びに関連教材
■米国人専門家訪日レポート
(E-mailにてデータでお届けします。)
■春以降のToCJイベント優先ご招待
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)

支援者
61人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待 & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい!】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待n & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい! 】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

50,000

【ToC研究会(通年)に参加したい!】

<3,000円、10,000円、ならびに30,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■セオリー・オブ・チェンジ研究会(国内外の先進ToC事例を日本語で研究します。ぜひ実践と研究の両面にお役立てください。年4回で都内にて開催予定)のご参加権(オンライン参加も可能です)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
・セオリー・オブ・チェンジ作成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
・コレクティブ・インパクト組成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【個人として来日協賛をしたい!】

■個人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意します。
・十口: 一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端が御礼にお住いのまちへ伺います。(交通費を含む)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【法人として来日協賛をしたい!】

■法人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
・十口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏との対談の場(都内、通訳あり)をご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

150,000

【ToCJから講師を2人半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:理論・ToC作成体験編」(半日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

200,000

【ToCJから講師を2人1日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:実践編」(1日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

1,500,000

【ToCJのコンサルティングを得て、自分たちの団体のToCを作成し、実行支援を受けたい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺 かつ 理事 川端によるセオリー・オブ・コンサルティングの作成及び実行支援のコンサルティングと、その前提となるキックオフ合宿を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。
(備考)
1. 2017年2月から2017年12月までの期間となります。
2. キックオフ合宿については、1泊2日を想定し、ToCの基礎理解促進・チームビルディング・ToCの試作版作成を目的とします。
3. 訪問またはウェブ会議の頻度は月1回が目安となります。
4. 専用のチャットグループにてオンライン相談をお受けします。
5. 会場については、ご手配をお願い致します。
6. 交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
7. 上記は本プロジェクト限定の特別料金になります。

■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

プロジェクトの相談をする