こんにちは。『トキノ交差』アニメーションプロデューサーの松尾です。

60秒という短編ですが1つ1つ丁寧に作りあげた作品『トキノ交差』

もっとたくさんの人たちに観てもらいたい!

というわけでメイキングレポートを綴っていこうと思います。

 

 

 

『トキノ交差』は渋谷スクランブル交差点の四面モニターを駆使して上映しているアニメーション+美術+実写の映像作品です。

作中の舞台はまさに渋谷スクランブル交差点。

モニターに映し出されている映像と現実の風景がリンクした作品となっています。

渋谷スクランブル交差点という舞台で観ることが完成形の作品なんです。

 

監督は日本画家にしてアニメーション作家の四宮義俊が担当。http://shinomiya.main.jp/

渋谷という文化、交差点から発想したイメージを超絶画力で描きあげました。

 

↓本編はこちら(youtube公開用に渋谷スクランブル交差点で撮影した絵を入れこんだものです)

https://www.youtube.com/watch?v=UbKqqjDy38E

 

60秒という短い尺に四宮監督が込めた思いや、参加したスタッフのコメントを交えながら数日おきにご紹介していきますので読んで興味を持ったら渋谷スクランブル交差点まで!

Twitter(@tokinokousa)のフォローもぜひお願いします!

新着情報一覧へ