ご支援いただいた皆様へ

Readyfor?のクラウドファンディングを通じてご支援いただきありがとうございます。

実は東京コミュニティスクールは、今年の8月、現在の杉並区から中野区に移転することが正式に決定いたしました。物件の契約の関係で急遽移転が決まったため、これから資金集めも含めて、移転に関して全力投球せざるを得ない状況になってしまいました。
そのため、イベント「A4R(Action for
Resilience)」を、移転に伴う寄付金募集と重なることと、代表久保がその準備に時間を使うことが困難な状況にあるために「中止」を決定する決断をしました。それに伴い、このプロジェクト自体も閉じさせて頂きます。

東京コミュニティスクール(TCS)は、東京都杉並区にある緑と水に恵まれた蚕糸の森公園の脇に佇む小さな3階建て住居ビルの一部を校舎として、僅か3人の児童とともに始まりました。
それから、ひたすら愚直に「探究する学び」を基軸としたカリキュラムの研究開発・実践・改善を続けることで子どもたちの「学び続ける力」を育むとともに、「探究する学び」に関心を持つ学校や教員そして保護者向けに、インターネットやセミナー・ワークショップを通じて情報提供することによって教育や社会に寄与して参りました。
しかし、スクールの評価が高まり入学や見学の希望者が増加する一方で、校舎の物理的狭小さに伴う収容能力不足のために、入学募集人員の制限や貸借部分の段階的拡張によって対応してきたものの、もはや飽和寸前の状況にあり、かねてより移転先物件の調査を進めておりました。
このたび遂にTCSが新たなステージを目指すに相応しい物件と出会い、多面的に検討した末に、創立10周年を迎える2014年夏に移転することを決定した次第です。
新校舎は至便な立地・広々とした空間・周辺には様々な施設がある環境で、今まで以上に子どもたちの学びを促進するものと確信しております。

皆様にせっかくご支援いただいたのですが、TCSにとっては一世一代の大勝負である校舎移転に伴うファイナンシングは必ずや成功させなくてはなりません。
そのため、リソースを集中せざるを得ないと判断致しました。
皆様には、ご理解いただけるとありがたいです。

今後、TCSを充実した学習環境にするために頑張ってまいりますので、応援のほど宜しくお願いいたします

NPO法人東京コミュニティスクール
創立者 久保 一之

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています