READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

弱視にも誰の目にも優しい手帳 -Project 白黒反転手帳2016-

㈱アーチャレジー

㈱アーチャレジー

弱視にも誰の目にも優しい手帳 -Project 白黒反転手帳2016-

支援総額

781,000

目標金額 700,000円

支援者
47人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています

プロジェクト本文

弱視などの見えにくさを抱える方が見やすい白黒反転の

2016年版手帳を1000冊作りたい!

 

2015年2月に創業を開始した、視覚障害者や日常生活で不自由に感じている方々を支える総合支援ベンチャー、(株)アーチャレジー代表の安藤です。経営者である私たちが弱視なので当事者目線でのものづくりと、「発展的な支援を実現する」をスローガンに、障害のある方に留まらず広く様々な方にも受け入れられる、そんな製品やサービスの開発を行っています。

 

視力が低かったり、視野が狭かったりといった「見えにくさ」を抱える弱視の方のために、何かこれまでになかったモノはないだろうか?と考えて思いつき制作したのが、黒地の紙に白いペンで書き込む手帳でした。2015年度版を使っていただいた方からは大好評をいただき2016年版TONE REVERSAL DIARYも改良を加えて制作することにしました。

 

黒い紙と白いペンは通常の手帳よりもコストがかかります。継続的に生産するための費用70万円をご支援いただけないでしょうか。

 

 

 

視覚障害のある方の中には弱視という様々な「見えにくさ」を抱える人がいます。

 

町中でスマートフォンの画面や駅の案内板を、とても近づいて見ている人を見かけたことはありませんか?視覚障害者というと目の見えない人というイメージが強いかもしれませんが、視力が低かったり視野が狭かったり、暗い場所や眩しさが苦手など、様々な「見えにくさ」を抱えた弱視と呼ばれる人たちが存在します。

 

そんな弱視者にとって、一般的な手帳やメモ帳では罫線が細かったり文字が小さかったり、紙そのものを眩しく感じてしまったりするため、使用することがとても大変です。だから私たちは「見やすさ」に徹底的にこだわり、紙の眩しさを抑えた黒地の手帳を製作することにしました。
中には黒地が苦手な人もいますが、多くの人にとっては見やすいものとなります。そして弱視者にとって見やすい手帳は、そうでない人にとっても見やすいものでもあるのです。
 

  

(写真左:明るい場所、写真右:通常の明るさの場所で見たとき)

 

 

2015年度版の改善点をふまえ、2016年版を制作します。

 

黒地に白字の手帳。この手帳が生まれたのは、少し遡って2014年の12月のこと。何かこれまでになかったモノはないだろうか?そうして考えたのが白いペンで書き込める手帳だったのです。黒地に白字の文具は、これまでにもありました。しかしどれも白い紙に黒いインクを全面に印刷していたため、ペンのインクをはじいてしまい、ほとんど書き込むことが出来ませんでした。

 

2015年3月。2015年度版の手帳を制作し、実際に弱視の方に使って頂きました。「すごく見やすい!」「こういうものを待っていた!」
そんな喜びの声に背中を押され、現在2015年夏。2016年版を制作することが決定!!2015年度版の手帳を使った方から頂いた改善点をふまえ、2016年版は見やすさや質感を大きく高めた手帳になるよう、現在製作に当たっています。

 

2015年度版の詳細は特設サイトにて

 

(2015年度版の手帳)

 

 

TONE REVERSAL DIARYは世界初の黒い紙に白いペンで書きこむ手帳です

 

この手帳は黒い紙に白いインクで印刷された、世界初の手帳です。予定を書き込むときは、白いペンを使います。その他にも、パステルカラーのペンで色分けしたり、様々なステーショナリーを使うことで自分だけの手帳を作ることが出来ます。

 

TONE REVERSAL DIARYこれは弱視者以外の方でも使える手帳であると私たちは考えています。使い方は様々ですが、例えば、
★可愛くおしゃれを楽しみたい人
★プレゼンなどで会議室が暗いときに、メモを取る人
★老眼などで少し視力が落ちてきた方
★オリジナリティを演出したい方
老若男女、多くの方にいろんな使い方をしていただけるのです!

手帳特設サイトにも紹介があります。

 

 

 

このユニバーサルデザインの手帳は通常のものよりコストがかかります。

 

この手帳は通常の手帳とは異なり、黒い紙と白いインクを使った印刷を用います。この黒い紙と白いインクは特殊なため、通常の手帳よりもコストが多くがかかってしまうのです。まだ大量生産もできないのが現状のため、継続的に生産するための資金が必要です。

 

白黒反転手帳1000冊の制作に70万円が必要です。

皆様のご支援をよろしくお願いします。

 

 

外部リンク

アーチャレジー経営者 安藤将大のFacebook
アーチャレジー経営者 浅野絵菜のFacebook
アーチャレジーのFacebook
TONE REVERSAL DIARY専用Twitter

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 引換券について ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

①特設サイトでお名前記載

②オリジナルポストカード

③完成した手帳+白ペン

④パステルカラーペン5色セット

⑤手帳用透明カバー

もっとみる

プロフィール
㈱アーチャレジー
㈱アーチャレジー
2015年2月創業の、視覚障害者総合支援ベンチャーです。 視覚障害の有無に関係なく使える製品やサービスを、当事者目線で開発しております。

リターン

3,000

a、サンクスレター
b、特設サイトでの名前公開

支援者
16人
在庫数
制限なし

10,000

a+b
c、オリジナルポストカード
d、完成した手帳+白ペン
 ペン先の太さを0.5mm、0.7mm、1.0mmからお選び頂けます。
ご希望の方には手帳をギフト包装します!

支援者
24人
在庫数
制限なし

30,000

a+b+c+d×2
e×2、完成した手帳に書き込めるパステルカラーペン5色セット
f×2、手帳をキズや汚れから守ってくれるビニール製透明カバー

ご希望の方には手帳をギフト包装します!

支援者
8人
在庫数
制限なし
プロフィール
㈱アーチャレジー
㈱アーチャレジー
2015年2月創業の、視覚障害者総合支援ベンチャーです。 視覚障害の有無に関係なく使える製品やサービスを、当事者目線で開発しております。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEW

AI(電子知能)を使って、経理業務を自動化しませんか?

(有)フリーウェイ代表取締役 河村正一(有)フリーウェイ代表取締役 河村正一

#web・アプリ

18%
現在
280,000円
支援者
5人
残り
46日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする