病気と闘うこどもたちに、今年も笑顔を!とりだい病院花火大会開催へ

病気と闘うこどもたちに、今年も笑顔を!とりだい病院花火大会開催へ
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は寄付金を受け取ります(All in 方式)。原則、寄付のキャンセルはできません。寄付募集は7月19日(金)午後11:00までです。

寄付総額

2,055,000

目標金額 1,300,000円

158%
寄付者
192人
残り
34日
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は寄付金を受け取ります(All in 方式)。原則、寄付のキャンセルはできません。寄付募集は7月19日(金)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/tottoridaigaku?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

病気と闘う子どもたちの「大切な夏休み」を守るために

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。鳥取大学医学部附属病院(とりだい病院)です。

 

とりだい病院は、鳥取県唯一の特定機能病院として、山陰の医療における最後の砦の機関としてだけでなく、患者さんに寄り添える医療機関であることを目指しています。

 

一昨年、80万円を目標に実施したクラウドファンディングでは、500名を超える多くの方々から多くのご寄附を募っていただきました。皆さまからご支援いただきましたこの資金で、昨年の夏2度目の花火を病気と闘う子どもたちのために贈ることができました。

 

 

そして、2022年の夏、病気と闘う子どもたちに勇気とエールを送るため、花火を打ち上げました。病院で花火を打ち上げるなんて異例中の異例。それでも、約500名の方々から暖かいご支援を賜り、多くの人の思いが込められた花火が、病院の上空いっぱいに広がりました。

 

夏休みは、海水浴、お祭り、家族旅行、花火…などたくさんの楽しい思い出のある大切な時間です。

 

しかし、鳥取大学医学部附属病院の小児病棟には、そんな夏休みも自由に病棟から出ることもできず、病気と闘う子どもたちが、来年だって、再来年だっている。病気と闘う子どもたちの「大切な夏休み」を守るために、今年も、来年も再来年も打ち上げ花火をかなえ続けたいと思います。

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

小児病棟で過ごす子どもたちは、さまざまな疾患を抱えています。

 

日々の診療や治療に全力で向き合うことはもちろんですが、とりだい病院では病気と闘う子どもたちに、

 

「少しでも、勇気を持ってほしい」

「少しでも、入院生活を楽しんでもらいたい」

 

という思いで、さまざまな取り組みをしてまいりました。

 

病棟内の壁面にホスピタルアートを描いたり、クリスマスには医師がサンタの格好でプレゼントを配ったり。院内の職員みんなでアイディアを出しながら、子どもたちに楽しんでもらう取り組みを行っています。

 

小児病棟のホスピタルアート
JR米子駅さんと子どもたちとのリモート交流
クリスマスにはサンタさんやトナカイさんがプレゼントを配ります

 

前回のクラウドファンディングでのご寄付により、2022年、2023年は花火大会を実施することができました。その花火大会で、多くのこどもの笑顔を見せてもらえ、参加されたお子様のご家族からも、お礼の言葉もいただき、この2年間ですっかり院内花火大会が、鳥取大学医学部附属病院の文化のようになってきています。

 

|寄附をされた方の応援コメント

 

ひなたさん:「数年前に子どもが入院した際は、大変お世話になりました。病気と闘っている子どもたちとご家族が楽しい時間が過ごせますように♪」

 

AHさん:「友人の娘が小児がんになり、見ている私も辛い日々でした。でも、今はとっても元気になり、大学生になりました。先日TVで鳥大のどこでも窓の存在を知り、友人にも花火のクラファンのことを伝えました。私自身もコロナで見られなくなった花火を見たいし、外に出られない子たちにも見せてあげたい。初めて参加したいと思えたクラファンでした。明日を明るい日にしよう」

 

なおみさん:「8年前に亡くなった父は、打ち上げ花火が大好きでした。私が子どもの頃は家族で、私が結婚して子どもを産んでからは3世代で、何度花火大会に行ったことか。そんな父がこのプロジェクトの事を知ったら、絶対力になりたいと思ったはず。だから、父の代わりに私が寄付します。入院中の子ども達に、少しでも笑顔が増えますように。」

 

他にも多数心温まる応援コメントをいただきました。

 

|昨年度頂いたコメント

 

患者さんから:「今年はクラウドファンディングしてませんが、花火はしないのですか?次回実施するときは教えてください。」

 

地域の方から:「とてもいい企画なので、これからもぜひ、続けてください!」

 

多数励ましの言葉を多数いただきました。

 

「花火でこどもたちに笑顔になってほしい。」そうした思いに支えていただき、今年も花火大会を計画しています。

 

 

 

プロジェクトの内容

 

今回のプロジェクトでは、2022年、2023年に続き、鳥取大学医学部附属病院内花火大会の実施を目指します。ナイヤガラ、最大30m開花する2号玉をはじめ、300発の打ち上げ花火を打ち上げます。

 

■実施概要

日時:7/21(日) 夜8時から

※雨天の場合、8/11(日)に延期

 

場所:鳥取大学医学部附属病院 職員駐車場(湊山公園側)


■資金使途について

7/21(日)夜8時から、とりだい病院 職員駐車場にて、ナイアガラ、最大30m開花する2号玉をはじめ、300発の花火を打ち上げるための費用として、大切に活用させていただきます。

 

・目標金額:130万円


・目標金額の使途および実施する内容

とりだい病院 職員駐車場にてナイアガラ、最大30m開花する2号玉をはじめ、300発の花火を打ち上げるための費用として使用させていただきます。


※本プロジェクトは、資金総額が期日までに目標金額に届かなかった場合でも、目標金額分を自己負担するなどして、必ず上記の実施内容の通り実行いたします。

 

※天候等やむを得ない事情により、予備日でも開催できなかった場合は、来年度に延期いたします。

 

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

令和4年度の実施したクラウドファンディングにて、多くに方にサポートをいただくことができ、令和4.5年度と打ち上げ花火大会を実施できました。そして、多くの子どもたちの笑顔を見ることができました。

 

また、地域住民の方から、運営スタッフボランティアとして、お力添えをいただけるとのお話もいただいております。地域の一員としての病院を目指していきたいと思います。

 

今回も花火大会を実施し、たくさんの子どもたちが笑顔になる時間をつくれるよう、どうか温かいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

税制優遇について

 

鳥取大学へのご寄附については、確定申告を行うことにより、税制上の優遇措置が受けられます。

 

なお、寄附金領収書は、READYFOR株式会社を通じて、寄附金が、鳥取大学に入金された日付で発行いたします。鳥取大学への入金は、募集終了の翌々月になりますので、税制上の優遇措置をお考えの方は、対象となる年にご注意ください。
  

【寄附者が個人の場合】


①所得税の控除
寄附金額から2千円を差し引いた額が所得税法上の寄附金控除の対象となり、当該年の所得から控除されます。


※寄附金の額が総所得金額等の40%を超える場合は、40%を限度とされます。

 

②個人住民税の控除
お住いの都道府県・市区町村が条例で本学を寄附金税額控除の対象として指定している場合は、総所得金額等の30%を上限とする寄附金額について、寄附された年の翌年の個人住民税から控除を受けることができます。 
 
都道府県から指定されている場合【寄附金額-2,000円】×4%
市区町村から指定されている場合【寄附金額-2,000円】×6% 

 

※詳しくは、お住いの都道府県及び市区町村へお問い合わせください。

 

【寄附者が法人の場合】
寄附金の全額が法人税法上の損金に算入されます。

プロジェクト実行責任者:
鳥取大学
プロジェクト実施完了日:
2024年7月21日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

今回のプロジェクトでは、鳥取大学医学部附属病院内花火大会の実施を目指します。いただいたご支援金については、300発の花火を打ち上げるための費用として、大切に活用させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
打上花火の実施許可(鳥取県)(令和6年6月許可予定)

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/tottoridaigaku?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/tottoridaigaku?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る