プロジェクト概要

 

一部の悪質な業者の存在で、お客様と美容室・美容師の間で様々なトラブルが発生してます。トラブルに巻き込まれないよう、美容室の目利きができる情報サイトを作成します。

 

そのサイト制作費100万円が足りません。

誰もが平等に美容を受けられる社会にするため、

どうかご支援をよろしくお願いします。

 

 

美容室で嫌な経験・トラブルに遭遇したことはありませんでしょうか。本当は綺麗になる場所、癒される空間のはずなのに。。。

 

 

新規だと、経験の浅いスタイリストに担当されている?

指名を取らんがための、過剰サービスを受けている?

複数担当制で、結局、長時間待たされている?

所定の施術時間に終わらない?

お会計は、予約したときの金額と変わっている?

店頭販売品を押し売りされている?

 

それだけでは、ありません。

美容室の裏側では・・・。

 

シャンプーは、水で薄められている?

クロスは、まったく洗われていない?

カラー剤は、使い回しされている?

 

 

上記は、ほんの一例です。

 

一部の悪質な業者のために、お客様とが美容室・美容師の間で様々なトラブルが発生しています。

 

 

全国35万軒ある理美容室は、生き残りを掛けて、必死。そのシワ寄せがお客様に。。。。信じられないような施術が、実際に起こっているのです。

 

美容業は約1.46兆円、理容業と合わせると2兆円以上の市場規模となり、サービス業の中でも大きな規模がとなっている業界です。地域的な特徴については、東京都は他の大都市に比べて約5倍~10倍といった非常に大きな規模があります。

 

そして、全国35万軒に膨れ上がった理美容室は、1軒当たりの美容師数は平均2人と驚くべき数字であり、圧倒的な人手不足に局面しています。人手不足は売上を低下させる大きな要因であり、美容室経営に直接的な打撃をもたらします。

 

さらには、年々、お客様の美容室の来店間隔は長くなり、利用金額が低くなっています。年間利用回数は5回、平均利用金額は6,547円というデータも出ています。

 

人手不足、顧客離れが進行し、何とか売上を上げるために、各店でキャンペーン合戦を行い、1人のお客様の獲得広告単価が10,000円ともなっています。お客様の平均利用金額6,547円を大きく上回るコストで集客しているような現状です。

 

その結果、冒頭で記載した異常なコスト抑制であったり、お客様をご希望を無視した単価アップを企て、信じられないような施術が、実際に起こっているのです。

 

この写真は、利益至上主義の美容室経営がもたらした結果、お客様に甚大な被害を与えた悪例です。

 

(美容室のトラブル)

 

美容を通じて、笑顔あふれる毎日をお届けしたい

申し遅れました、私、訪問美容 と和 / コミュニティサロン と和、小池由貴子と申します。2011年7月1日から、「訪問美容」を行っています。http://houmonbiyoutowacare.jp/

 

「訪問美容」は、病気や怪我、その他、何らかの理由で美容室に行けない方たちへ、ご自宅へ伺って出張美容サービスを提供しております。

 

私がなぜ、このようなことを行っているかというと、私自身、「骨巨細胞撞」という骨に腫瘍ができる病気に掛かってしまい、大きな手術、そして半年間の車椅子生活を経験したからです。どこへ行くにも、何をするにも、毎日、思うように生活できない事にイラついたり、自分の姿を鏡で見るたびに容姿の変化を感じ、気持ちが落ち込み、自分の殻に閉じこもる生活になっていました。

 

そんなある日、美容師の後輩が遊びに来て髪を切ってくれことで、その時がきっかけとなり気持ちが晴れやかに明るくなることができました。

 

たった、前髪を5センチ切っただけです。

 

しかし、この5センチの変化が、美容のもつチカラであり、何事もマイナスに捉えて「なんで自分がこんな病気にならなくちゃいけないの」「なんで誰も私の気持ちを分かってくれないの」と思っていた私の心に変化が表れ、「リハビリを頑張ろう」「美容師として、また社会復帰したい」と強く感じたのです。

 

この「心の変化」をもたらすことが、「美容のチカラ」であり、美容室に行くことができない人こそ、必要ではないかと感じたのです。そして私のように美容室に行きたくても行けない、いわば「美容難民」の方に上質な美容をお届けするべく、自分の経験、美容のスキルを合わせてご自宅でもお気軽にご利用できる訪問美容を立ち上げました。

 

(訪問美容の様子)

 

(訪問美容の様子)

 

 

美容室に行けるのに断られる「美容難民」の存在
しかし、美容室に行くことができるのに、断られてしまうケースもあります。例えば、車椅子を利用されている方。車椅子があれば、どこだって行くことができます。ただ、美容室はまだまだハードルが高い施設の1つなのです。

 

固定されたカット椅子、段差のあるシャンプーエリア、十分なスペースのない化粧室。。。どれも車椅子を利用されている方には、不便なものです。このように、美容室の知識不足・対応不足・施設不足の理由から、美容室からお客様をが断ってしまうケースがあるのが現状です。


ある重度の右片マヒ・失語症、聴覚認知障がい、体幹不安定を患っている方のエピソードですが、近隣の美容室には断れ続けていたそうです。仕方なしに、ご自身の住んでいるマンションの一階にある、「床屋さん」に電話してみると、同じように受け付けてもらえなかったと言います。思い切って、「上に住んでるんですけど。。。」と伝えると、お店の方には「他のお客様の迷惑に・・・」と言われてしまったとのことです。


このように、美容室に行くことができるのにも関わらず、利用することができない障がいをお持ちの方、小さなお子様と同伴の子育てママなども「美容難民」とも言えるのではないでしょうか。

 


ユニバーサルデザインの美容室、「コミュニティサロン と和」のオープン
訪問美容を始めて5年目。訪問美容で培ったノウハウで、「美容室に行くことができる方」であっても、美容室の知識不足・対応不足・施設不足の理由から、美容室が断ってしまう方々を、積極的に受け入れる美容室を、2014年2月14日にオープンしました。それが、年齢、性別、障がい関係なく誰でもご利用頂けるユニバーサルデザインの美容室「コミュニティサロン と和」です。

 

(サロンの様子)

 

 

それでも「美容難民」は存在する

↓↓↓↓↓

 

ここからが、最も大事な所です!!!!


病気や怪我、その他、何らかの理由で美容室にいけない方たち、→ その対応を、「訪問美容」で解決!


美容室の知識・対応・施設不足の理由で、美容室が断ってしまう方たち、 → その対応を、「ユニバーサルデザインの美容室」で解決!

 

このような対応においても、まだ「美容サービスを受けられない方たち」がいます。それは、「美容室で嫌な経験・トラブルに遭遇した方たち」、そして、「髪と頭皮のお悩みを抱える方たち」です。

 

■美容室で嫌な経験・トラブルに遭遇した方たちの例

「美容室で使われたカラー剤でかぶれて、脱毛した」

「成人式のために伸ばしていた髪を、切られた」

 

■髪と頭皮のお悩みを抱える方たちの例
「20代なのに、抜け毛が多くて悩みで恥ずかしい」
「円形脱毛があり、恥ずかしくて美容室に行けない」

 

そこで、

 

■美容室で嫌な経験・トラブルに遭遇した方たち

 →その対応を、美容室の目利きができる「美容室白書」で解決!


■髪と頭皮のお悩みを抱える方たち

 →その対応を、評判の良い美容師に相談ができる「ヘアコンシェルジュ」で解決!

 

(サイトイメージ)

 

私たちは、訪問美容やユニバーサルデザインの美容室を立ち上げても、まだ「美容サービスを受けられない方たち」がいることに気づきました。

 

それは、繰り返しになりますが、

 

美容室で嫌な経験・トラブルに遭遇した方たち
髪と頭皮のお悩みを抱える方たち

 

です。

 

上記は、美容室に行くことができる方ですが、心理的側面から、「美容室に二度と行きたくない」「美容室に恥ずかしくて行けない」という状態になっており、結果的に美容を提供できていない状況になっています。

 

このような方々のお悩みを解決し、美容室の利用を楽しんで頂くために、情報サイトを立ち上げることにしました。

 

 

「美容室白書・ヘアコンシェルジュ」の情報サイトで何をするのか

美容室の悪しき習慣や、様々なお客様とのトラブルを公開し、ご自身で自分に合った美容室の目利きができるような仕組みを構築します。

 


なお、WEB上ホットラインや、髪のダメージの仕組み・お手入れ・スタイリング方法などを紹介するヘアケア情報など、髪と頭皮を扱うヘアコンシェルジュが悩みを解決していきます。

 

 

 

(サイトイメージ

 

(サイトマップ)

 

 

そのサイト制作費100万円が足りません。

誰もが平等に美容を受けられる社会にするため、

どうかご支援をよろしくお願いします。

 

私たちは、まだまだ前途多難なベンチャー企業です。訪問美容を啓蒙啓発するため、美容師の求人・教育・お客様の開拓、さらにはユニバーサルデザインのサロン経営など、採算を度返しして各方面に資金注入をしています。

 

今回のプロジェクトは、この事業を存続させる上でも、何としても成功させなければなりません。

 

美容室の目利きができる「美容室白書」、WEB上で相談ができる「ヘアコンシェルジュ」、これらを擁する新生メディアとして立ち上げるには、ウェブサイト制作及びそれに付随する資金が必要です。

 

「いつでも美容サービスが受けられて、笑顔あふれる毎日が過ごせる社会」を実現するために、このプロジェクトの成立が不可欠です。どうかご協力をお願い致します。

 

小池由貴子からメッセージ

 

 

スタッフ一同、心よりお願い申し上げます!!

 

 

最後に

屋号に込めた想いは、「永遠に美しく」、そして「お客様と美容をつなぐ、和みの時間を過ごしていただく」というものです。

 

 

私たちの志に、皆様の支援をお願い申し上げます!

 


関連WEBサイトの紹介:

 

訪問美容 と和(60歳以上):http://houmonbiyoutowacare.jp/

訪問美容 と和(20歳以上60歳未満):http://houmonbiyoutowabeauty.jp/

サロンサイト:http://houmonbiyoutowasalon.jp/

ヘアカタログサイト:http://houmonbiyoutowastyle.jp/

 

 

これまでの主な実績:


2015/04/30 小規模事業者持続化補助金に採択されました
2015/03/30 「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の資料に指標されました
2015/02/26 弊社がみたかビジネスコンテストで最優秀賞を受賞しました(主催:三鷹市)
2015/02/05 弊社がビジネス創造コンテストで企業賞を受賞しました(主催:品川区)
2015/01/07 弊社がマーケティング大賞を受賞しました(主催:豊島区中小企業診断士会)
2014/07/08 NHK「ラジオジャパンフォーカス」に取り上げられました
2014/07/03 小規模事業者持続化補助金に採択されました
2014/07/02 弊社が『一生働きたい』と思える”感動経営”の会社に選ばれました
2014/05/09 代表・小池由貴子が西多摩新聞に取り上げられました
2014/01/06 代表・小池由貴子が日経新聞に取り上げられました
2013/12/10 創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)に採択されました
2013/11/29 みんなの夢アワードのファイナリストに選出されました
2013/11/10 生涯学習開発財団11号に掲載されました
2013/11/05 オルタナSに掲載されました
2013/08/04 経済産業省後援:ソーシャルビジネスグランプリ
      スタートアップ大賞・共感大賞 W受賞しました

 

(日経新聞でも紹介)

 

(各方面で表彰)

 

引換券について

 

5,000円  
美容室でヘアメニューご利用時にヘッドスパ(20分)をプレゼント。
美容師歴10年以上のトップスタイリストが担当。
※ヘッドスパのみのご利用はできません。

 

10,000円  

ヘアメニュー(カット、カラー、パーマ、トリートメント、ヘッドスパ40分)の中からお好きなメニュー1つに使えるチケット1枚進呈。美容師歴10年以上のトップスタイリストが担当します。

※美容室でのご利用が可能です。

 

30,000円

上記のチケットを3回分贈呈。

 

50,000円

上記のチケットを5回分贈呈、もしくは、ポートレート

※写真撮影(ワンパターン)

※プロフィール写真撮影(ヘアセット、メイク、衣装スタイリング付き)

※美容室でのご利用が可能です。

 

100,000円

上記のチケットを10回分贈呈、もしくは、ポートレート
※写真撮影(ツーパターン)

※プロフィール写真撮影(ヘアセット、メイク、衣装スタイリング付き)

※美容室でのご利用が可能です。


最新の新着情報