プロジェクト概要

まちの用事や問題を解決するアプリで全国に『地域の支えあい』を増やしたい!
 

 はじめまして。プロジェクトリーダーの西村 治久(ハルヒサ)と申します。

私が旅をするなかで直に感じた「少子高齢化」「地域のシャッター商店街」「若者の都市部流出」などの問題を解決する、新しいスマートフォン用アプリ、その名も『まちかどギルド』を考案しました。

 

今回、地域活性につながるアプリ「まちかどギルド」実現のためご支援いただけないでしょうか?

 

 

地元に活気があるのは、きっと誰だってうれしい。

 

 ご近所づきあいの希薄化、交流人口が減り続けるシャッター商店街、少子高齢化、介護保険制度の改正、震災復興などに伴う社会的な課題がますます顕在化していくのを痛感しています。いまのうちにこのような問題をなんとかしなければ、と思うようになりました。そこで「まちの用事を解決する」をコンセプトに若者も楽しめるように考案したのが、「まちかどギルド」です!

 

具体的に“まちの用事”とは、ハローワークや求人情報誌に載らないような、ちょっとしたことが多いと想定されます。たとえば、「町内行事の飾り付け」「商店街のお店で一日限りのバイト」「独居老人の買い物代行やおしゃべり相手」「草むしりや雪かき」「農作業のお手伝い」など、です。こうした“まちの用事”を、これまで町内や商店街との接点がなかった学生、よそから引っ越してきた家族、そのほか、空き時間をまちのために使いたいと考えている方々に『まちかどギルド』を利用していただきたいと考えています。
 

「まちづくり」を支える、まちかどギルドの仕組み

 


 

 

※ギルドマスターとは
ご近所を御用聞きしながら集めたクエスト(まちの用事)をパソコンやタブレット端末で「まちかどギルド」の管理ページに代理登録し、クエスト依頼主(まちの人)とクエストをクリアしたいと申し出たギルドメンバーをつなげるのが、ギルドマスターの役割です。

 

このような仕組みを用いることによって若い世代が気軽に「まちづくり」に参加でき、地域活性化につながります。

 

『まちかどギルド』の事業継続モデルは“成果報酬型”


 『まちかどギルド』の事業は、日常的かつ継続的に運営していくため、各地のギルドマスターから利用料を得ます。しかも、その利用料として“実行されたクエスト1件あたり100円程度”という成果報酬型を設定するため、ギルドマスターの負担額は“実行されたクエストの数だけ”に留まるように配慮しています。 一方、ギルドマスターは、クエストをやりたいと申し出た方々から利用料を得ても、町内会費や助成金などでまかなえるようでしたら無料で『まちかどギルド』のサービスを提供してもかまいません。地域ごとで異なる事情に対応するため、料金設定はギルドマスターの采配にお任せします。

 

 

若い人たちに楽しんでもらうための工夫


 たとえば、ギルドマスターがご近所の独居老人を見守り巡回しながら「おばあちゃん、最近どう?なにか困ったことない?」という具合にクエストを御用聞きしてもよいかと思います。このように、『まちかどギルド』というアプリによって、普段まちに触れることの少ない世代にもきっかけを与えられるほか、旅先でも利用可能なので、たとえば都会からの観光客が地元の人と交流し、そのまちのことをより好きになってもらうことで、ひいては地方への移住にもつながる、と考えています。

 

(全国を旅しながら多くの方と交流したなかで、

地域の支えあいの重要性を痛感しました)

 

まちづくりに関わるきっかけは
東日本大震災以後、自分の働き方に疑問を抱くようになったこと。


 2011年に東日本大震災が起き、社会的・将来的な不安を連想させる情勢の変化が目立っていました。そして、ちょうどその年に私が40歳という人生の折り返し地点を迎えたことが重なり、将来についてあれこれ考えるようになっていました。それまで20年近くIT関連企業に勤め、仕事のやりがいはありましたが、精神的・体力的な不安も多くのしかかってきました。


 そこで、思い切って会社を辞め、独立することにしました。同時に、それまで多用していたパソコンや携帯電話を捨て、体力勝負の制作業務をやめて企画のみに切り替えることで、iPadというタブレットだけを持ち歩き、どこに居ても仕事ができるスタイルに一新しました。

 

人との出会いが人生を変えるとはこのことだ。

 

 しばらくして妙な寂しさを感じるようになりました。会社勤めのころと比べてどんどん人づきあいが減っていったのです。そんなとき、アメリカ発祥の新しい働き方「コワーキング」を知り、「コワーキングスペース」と呼ばれる場所に行けば、そこで自分の仕事をしながらも、たまたま居合わせた人どうしで交流もできる、というものに出会いました。

 そして、交流を持った人どうし意気投合して新たな仕事が生まれたり、普段なかなか出会えないような多様な職種の方々とコラボレーションすることで、ユニークなアイデアも飛び出します。そして、2012年には新潟に初めてのコワーキングスペースを作るに至り、全国のコワーキングスペースをまわる旅をしました。そこで街の問題とこのような交流場所をマッチングして、問題解決ができるのではないかと思うようになりました。

 

(2012年に私が新潟市にプロデュースしたコワーキングスペースの様子です)

 

2014年6月、全国同時開催!実証実験の支援をお願いします!

 

 現在、早くも全国14エリア(宮城、新潟x2、長野x2、石川、群馬、埼玉x2、神奈川、兵庫、福岡x2、熊本)にギルドマスターがおり、まだまだ募集中です。また、新潟市に住む大学生にアプリを開発してもらっているところです。イラストや漫画は、新潟県の小千谷市(おぢやし)に住むイラストレーター「ペンネーム:369」さんに描いていただいています。

 

 そして、次の目標が【2014年6月に、全国のギルドマスターどうし合同で実証実験イベントを開催すること】です。そのために、より多くの人に『まちかどギルド』を知ってもらうことと、開発、デザイン、広告宣伝の資金を集めたく、今回のプロジェクト掲載に至りました。

 

地域の支えあいを、異なる世代間で全国にたくさん増やしたい!
まちに触れる機会が増えることで、地域のことをもっと好きになってほしい。
その実現のために、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

・まちかどギルドのFacebookページ
https://www.facebook.com/townsguild

・まちかどギルドのTwitter
https://twitter.com/townsguild

 

 

引換券のご紹介

 

◎3,000円
・御礼状
・『まちかどギルド』今回限定オリジナルステッカー
スマートフォンやパソコンなどに貼っていただき、ぜひ『まちかどギルド』をご利用ください。

◎10,000円
3,000円のものに加えて
・新潟県の名物『かぐら南蛮味噌』

 

 

(新潟県の名物『かぐら南蛮味噌』。ご飯のお供や味付けにピッタリです!)

 

◎30,000円
10,000円のものに加えて
・新潟県の名産『かんずり』3本セット
・『まちかどギルド』のサイトにお名前を掲載

 

(新潟県の名産『かんずり』

特産の唐辛子を雪にさらし、熟成させた万能の調味料です!)

 

◎50,000円
30,000円のものに加えて
・ギルドマスターによる湊町・新潟の古き良き風情を楽しむ一日観光案内
(待ち合わせとなる新潟駅前までの交通費は実費でご負担願います。新潟市内の観光に伴う食費等の費用と、一泊分の宿泊費はこちらで負担いたします)


最新の新着情報