プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

2017年3月27日(月)一泊二日の神戸遠征を実施し、全国高等専門学校サッカー大会の優勝を目指したい。

 

ページをご覧頂きありがとうございます。豊田工業高等専門学校(豊田高専)サッカー部監督の江崎です。1998年に赴任して以来、コーチの宮川と二人三脚でサッカー部の指導をしています。

 

おかげさまで高専大会の東海大会では、6連覇優勝を達成!!全国高専大会では先輩方の歴史と実績をつなげ、通算26回目(連続7回)の出場を果たす事ができました。

 

しかし、近年の全国大会での成績は第3位・1回、ベスト8・1回、1回戦敗退・5回と期待されたとおりには結果を残せていないのが実情です。そこで2017年、チーム一丸となって優勝を目指すため神戸遠征を復活させたいと思っているのですが、運営面で苦戦しており、資金が不足しています。

 

私たちは本気で、全国制覇を目指します。皆様、遠征費用としての応援とご支援を、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
サッカー部は今年で54年目を迎えます!

 

過去の経験を活かし、遠征の準備を整えることが出来ました。

 

高専サッカー界(各チーム)は共通して、同等レベルのチームとの試合数の不足に頭を悩ませています。

 

高等専門学校は普通の高校ではないため、他の高専は基本的に県外にしか存在せず、試合をするためには他高専に出向くか、迎えるかしかありません。これまで先輩方も同じ苦しさを体験してきたように思います。

 

そのためコストを多くかけられない中で、いかに機会を増やすかが強化につながります。コストに見合うだけの能力がなければ、失敗に終わってしまうのです。現在でこそ豊田高専は東海地区の雄といえる実績を残してきましたが、過去はサッカー王国・静岡の沼津高専が強敵(全国大会出場32回、全国優勝2回)で、豊田はその後塵を拝してきました。

 

 

2016年東海大会閉会式にて。無事、優勝杯を奪還しました!

 

はじめて神戸市立高専に遠征に出かけた1999年は、カンフル剤のように効果がすぐに現れ、1998年東海地区4位 ⇒ 1999年全国3位 の大躍進につながりました。2002年から2009年までの8年間はその劇薬の副作用なのか、全国大会に進出できない年が続き、苦渋の決断で神戸遠征に頼らない強化に方針転換をしました。

 

うまくいった過去、いかなかった過去の経験があったからこそ社会人リーグ・高専リーグをベースとする通年での強化ができた現在、満を持して、神戸遠征による強化が必要になりました。

 

打倒鹿児島!打倒近大!

 

現在、サッカー部員は25名(女子マネージャーを含む)です。豊田高専サッカー部の目標は、8月に開催される全国高専大会での優勝です。

 

全国大会に出場するためには、7月の東海大会で勝ち抜かなければなりません。東海大会は、沼津高専(2016年全国3位)、鈴鹿高専(2015年全国準優勝)をはじめとした強豪との激戦となります。

 

全国大会では、さらに厳しい戦いとなります。1回戦から強豪校との対戦が想定され、一戦一戦まったく油断できません。その中でも鹿児島高専、近大高専の2強は力が抜きん出ており、豊田を含む残りのチームは如何にその両校に勝つかも考えながら勝ち進んでいくことになります。

 

【キャプテンの想い】 機械工学科4年生の大川拓巳

2016-17シーズンキャプテン、機械工学科4年生の大川拓巳です。

高専のサッカー部は5年間も続けることができ、サッカーの面でも人間的にも成長できる環境で、その中にいられることを非常にありがたく思っています。

 

豊田高専サッカー部は、お遊び気分で楽しむサークルではありませんので、厳しい環境の中で自己負担が求められるのは当然ですが、ひとりでも多くの部員が、5年間の結果を残し、胸を張って引退・卒業できるようになればよいと願っています。

 

私の得意技は左足から繰り出されるミドルシュートです。2015年は高専サッカー界の巨人・鹿児島をあと一歩のところまで追い詰めました。今年こそは、鹿児島・近大の息の根を止めるべく、目の覚めるようなシュートを叩き込みたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 

 

全国優勝奪還までの計画とスケジュール

 

■神戸遠征のスケジュール■

 

日時:2017年3月27日(月)~28日(火) 1泊2日

場所:神戸市立高等専門学校

参加者:部員25名(女子マネージャーを含む)、引率2名(監督、コーチ)

必要経費内容:移動費、宿泊費

 

■優勝までの練習スケジュール■

 

・高校生大会(11月)3~5試合

・大学リーグ(通年)10試合程度

・社会人リーグ(通年)15試合程度

・新人戦(12月)2日間

・スプリングカップ(3月)計4日間

・高専トレセン(8月)計4日間

・9月に北陸地区での高専交流戦を開催・参加する

☆従来は伝統行事であった神戸遠征を定常的に行う

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
日々、感謝の気持ちを忘れずに、練習・試合に励みます!!

 

遠征で経験を積み、強くなって帰ってきます!

 

遠征は非日常の活動ですので、あらゆる面で「気付き」になります。不測の事態に対する対応や移動による体力的負担等、強化遠征で経験を積んでおくことが本番となる大会で活かされます。

 

豊田高専サッカー部における私たちの役割は、選手たちにサッカーのできる環境を整えることだと考えています。アマチュアサッカーである限り、選手たちに自己負担を強いることになるかもしれません。しかし部員たちは示した道標を頼りに、自力で歩を進めています。まっすぐ前をみて優勝を目指す彼らを、どうか一緒に応援してください。

 

そしてこれまで支えてくださっている保護者・OB会の豊田高専サッカー部ファミリーの皆様。さらなる力と想いを、かしてください。特にOB・OGとのつながりは、学生達のキャリア形成においても非常に重要な指針になります。現役の学生たちは将来のためにも積極的にOB・OGと情報交換すべきですし、皆様にはご協力していただけると幸いです。

 

全国優勝を目指した伝統の神戸遠征復活に向けて、皆様、どうぞご支援を宜しくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
2016年1月開催の正月サッカー(年1度のOB会)の様子

 

 

 


最新の新着情報